美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

リトルインディア(7)~マンゴの王様 アルファンゾマンゴ!衝撃の結末

マンゴの王様と言われるアルファンゾマンゴ!
1つ$3.5というLAの中ではお高いマンゴでしたが、
前回、手に入れました。

d0108966_13233441.jpg


アルファンゾマンゴは、アップルマンゴを一回り小さくしたような形です。
貴重なこのマンゴを味わうにあたり、
最高の状態で食べたい、汁も1滴も残さずに食べよう、とか、
さぞかし美味しいだろうな~、マンゴの王様はどんな味?な~んていろいろ考えていました。

ケサールは、マンゴの食べ頃と聞いた良い香りがしたので、すぐに美味しくいただきましたが、
アルファンゾは、全然その気配がなかったのです。
毎日のように匂いをかいでも全然良い香りがしない。
お友達と会うたびにマンゴの状態を聞きあっていたのですが、
お友達も同じような状態で、なかなか食べることが出来ませんでした。

アルファンゾマンゴを手に入れてから、1週間くらいで2泊3日の旅行があり、
食べ頃を逃すのはイヤなので、”旅行にマンゴとナイフを持って行くべきか?”と
真剣に考えたほど(苦笑)
結局、持って行きはしませんでしたが、帰ってきても全然香りがしない。

一緒に買ったgreenplumさんは、買って1週間くらいで食べたようでしたが、
”外側1cmは熟れていたけど、 中側は硬いまま”というコメントでした。

と聞いたので、さらに待ったんです。
2週間近くになる頃、お友達が
「皮に黒い斑点が出来ていたので食べてみたら、それが中身にも影響していた。
食べられる状態ではなかったけど、勿体ないので皮の周りだけでも食べてみたら、
味は美味しかった。とにかく早く食べた方がいい」と言われました。
でも 我が家のは、全然香りがしなかったので、
さらに3日置いて、17日目にやっと切ってみました。

皮に黒い斑点はあったけど、お友達が言うほど中にまで色はついてなかったのですが、
割ってみたら、


何コレ~!!!


見たこともないようなマンゴになってました(涙)

d0108966_13395773.jpg



わかります?
皮の周りは、ケサールと同じようなきれいなオレンジ色だったのですが、
中がゴム?石灰化?なんなのかわからないヘンな感触で、
空洞がいっぱい出来ていたのです。!
種はその中にあるのですが、その怪しい部分はどうやっても食べれそうもない状態。
普通、マンゴが傷んだりすると、筋っぽくなったり、黒くなったりして腐ると思うのですが、
なんでこんなに固い組織が出来たのでしょう?

せっかく17日間も楽しみに待っていたのに~(涙)
$3.5もしたのに~(号泣)

d0108966_13472365.jpg


このままでは捨てられない、せめて味だけでもと思い、
お友達と同じように皮と怪しい物体の間、写真のオレンジ色の部分だけは食べてみました。
味は、なかなか美味しかったです。
でも 5mmくらいの部分だけだったので、食べたうちには入らない(涙)

普通はマンゴが傷んだら、全体的に味が落ちて食べられないと思うのですが、
皮の周りだけは美味しいというこのマンゴ、
怪しい物体が出来てしまったこのマンゴ、おかしいと思いませんか?

お友達に聞いたら、やっぱり同じ物体が出来ていたそうです。
そういう種類なのかしら?
同じような怪しい物体入りマンゴに出会われた方は、是非、教えて下さいね。

とにかく期待を裏切られただけにショックで、こんな悲しい買い物はないですね。
でも 箱買いしなかっただけでも良しと思いましょう。
やっぱりインドからの輸入って、きっと熟す前に取るだろうし、難しいのかな~?

そして、私のマンゴを美味しく食べるために待っていた17日間は、
この怪しい物体を育てていた、というなんとも衝撃的な結末で幕を閉じました。。。


でも 実はもう一つ、予防に買っておいた物があったので、
まだアルファンゾマンゴを味わうチャンスがあるのです。

d0108966_1405552.jpg


きっとあるだろうと思って、マーケットで探したら、
”アルファンゾマンゴの缶詰”ありました!

d0108966_1411891.jpg


これは、マンゴのスライスがシロップに入っているようです。
まだ食べてはいないのですが、缶詰ですから、マンゴの青臭みもないだろうし、
マンゴプリンやデザートにはすぐ使えるから便利ですね。

d0108966_1414029.jpg


これは東の街のインドマーケットで買ったのですが、
マンゴのクルフィバー(上)とマンゴバー(下)。

マンゴバーは、インドのおじさんに美味しいと勧められて買ってみました。
アメリカは、こういうフルーツバーが多いのですが、
日本にある”のし梅”に近いです。
のし梅は寒天やゼラチンを使われているためか、バーと比べるとあっさり。
バーは、それをもっと濃厚、濃縮したような物でフルーツと砂糖が原料で、
寒天やゼラチンなどは入っていません。

と、バーについてこんなに長く書いたけど、それに値するほど美味しくはなく、
また干し柿のような味(涙)
マンゴの味があまりしないし、グミ?というか、ネチャネチャと歯に絡みつきます。
3つ買って1つ食べましたが、残りをどうしよう~。。。

それに比べて、クルフィ・バーは、美味しかった!
旦那は「こういうのでは一番美味しい」と言ってました。
私的には「まあまあ美味しい」で、ちゃんとマンゴの味もするし、悪くなかったです。
でも この間の不味かったクルフィとは大違いの美味しさでしたので、
クルフィを食べたい方にはお勧めです。

d0108966_1421419.jpg


それに良く見たら、本物のアルファンゾマンゴを使って作られていました!


ちなみに3回目のリトルインディア訪問で、デザート屋さんに
”ホームメイド クルフィ”とあり、そこで作ってるというので買おうとしたのですが、
なんと不味かったクルフィを出してきたので、辞退しました。そこで作っていたのか?!

リトルインディアで美味しいクルフィがまだあるかもしれないけど、
今回、買ったクルフィ・バーは、リトルインディアのマーケットやスナック屋さんなどで
いかにもなアイスクリームケースに入って売っています。
お近くのインドマーケットにもあるかもしれませんね。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-07-19 15:43 | インド
<< 日曜日の朝食 なめろう&風に吹... リトルインディア(6)~インド... >>