美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

オレンジ色の大草原! 「マサゴ」って言った?

d0108966_13321732.jpg


d0108966_15454683.jpg

フリーウエイ14からもオレンジの色が見えていたのですが、そばに行けば行くほど、
すごいオレンジ。

d0108966_13302215.jpg

このオレンジは、カリフォルニアの州花(初めて知った!) カリフォルニア・ポピー。
日本では、花菱草と呼ばれているようです。

d0108966_13495776.jpg


日本の白や黄色、ピンクなどカラフルなポピーを想像していたので、ちょっとびっくりしました。
花も全然違うものだし、と調べたら、日本のポピーは雛罌粟(ひなげし)だそうです。

90年代前半だったか、久里浜緑地の人の背丈まで伸びた立派な秋のコスモス園を見たので、
春のポピーも見に行ったら、すごく小さくてひょろひょろしたポピーがチラホラしかなく、
がっかりした思い出があります。
先ほど調べたら、今はくりはま花の国になっていて、施設も充実して、だいぶ様変わり。
そちらにもカリフォルニア・ポピーが咲いているようですよ。

d0108966_13551042.jpg

前からポピーが咲く場所があると聞いていたのですが、なかなかチャンスがありませんでした。
それも「せっかく行ったのにポピーが咲いてなかった」とか、
「風が強くて寒い」「日陰がなくて暑い」などと、マイナス意見が多くて。

d0108966_13584974.jpg

でも 先週行った方が「6,7年に1度のポピーの当たり年」と言うではありませんか!
これは確実に見えるチャンス。
それも「10時くらいまでに行かないと花がしぼんでしまう」と聞いたので、
早起きしてお弁当を作って行ってきました。
が、今日は34度近くの真夏日、暑くて風もそんなに強くなく、
10時を過ぎても花はしっかりと咲いていました。

d0108966_1443345.jpg

LAからは車がすいていたので、フリーウエイを走って、1時間半くらいでした。
今年は雨が多かったせいで、いつもなら砂漠のような景色なのに緑が増えているし、
新緑がきれいで、絶好のドライブ日和です。
これでガソリンが値上げされていなければ、最高なんですけど。
今は、1ガロン(4ℓ弱)$4近くて、日本と変わらない値段になってきましたよ。

d0108966_14111926.jpg

パークに着く前からすごいポピー畑が続いていて、いっぱい咲いている道端では、
車のみならず、韓国人の大型観光バスまでもが止まって、みんな写真を撮っていました。
d0108966_14491393.jpg

Antelope Valley California Poppy Reserve
車1台の入場料$5。
ここに入らなくても周りにいっぱい咲いているのでポピーは充分見れますが、
無料展示室、お土産屋さん、ピクニックエリア、数本のトレイルなどがあって、
見晴らしがいいのでお勧めです。
トイレもちゃんとあるし、レンジャーの人が見回っていて、手入れが行き届いています。

d0108966_14181829.jpg

ただペットは駐車場までしか入れないようです。

d0108966_14212593.jpg

ほとんどがオレンジだったのですが、ごく稀に黄色の花も咲いています。

d0108966_14201827.jpg

d0108966_14225411.jpg

他の花も少しだけ咲いています。

d0108966_1430787.jpg

トレイルは丘を登る程度の坂もありますが、初心者がお花の中を歩いて楽しめるコースです。
丘の上まで行くと、あたり一面オレンジ。東京ドーム150個程度が入ってしまう広さだそうです。

d0108966_14314187.jpg

入り口付近にピクニックエリア、テーブルとイスのセットがあって、お弁当を食べるにはいい場所。
私たちはおにぎり、から揚げ、玉子焼き、漬物、きゅうりなどをお重箱に入れて、
さらにお碗持参でお味噌汁という純日本的なお弁当でしたが、
隣の韓国人家族は、豆入り御飯、プルコギ、キムチ数種類、それらをサニーレタスで巻いて
食べていました。アメリカ人家族はサンドイッチ、子供はPJサンドとか、
さすが多国籍なので、チラチラといろいろ観察出来て面白かったです。

d0108966_1438046.jpg

帰りは、フリーウエイを使わず、San Francisquito Canyon Rdを使って帰ったのですが、
湖があったり、緑が多くて、気持ちよかったです。
馬の牧場やシューティング場などがいくつもありました。

ただ、この道は片側1車線で、下り坂。
フリーウエイを使うよりも10マイルくらい短いコースで時間も早かったですが、
混む時や馬力のない車には帰りはいいけど、”行き”はお勧めしません。

d0108966_14415185.jpg

誰かさんが途中で「マサゴに見える!」って言うんですよ。
そんなことを聞いてから、マサゴに見えて仕方なかったです。
注・・・マサゴはししゃもの卵。
   カリフォルニアロールなどアメリカのお寿司屋でよく使われるオレンジ色の小さい卵。

来週は、カリフォリニア・ポピーフェスティバルがフリーウエイ近くの公園であるようです。
[PR]
by kapacyan18 | 2008-04-14 15:50 | アメリカ

「ア ○ マ ○ ロ」 入荷しました!

さあ、上のタイトル「ア ○ マ ○ ロ」はなんだと思います?

月に1回は、チャイニーズが食べたくなって、チャイニーズが多い街、
モントレーパーク、サンゲーブル辺りによく行くのですが、
チャイニーズスーパーには、いろんな物が売っています。
特にベトナム系のスーパーには、いろんなお肉が売っているんです。

では、行きますよ!

d0108966_15112287.jpg

黒い鶏。もちろん普通の鶏肉も売ってますが、いろんな種類の鶏肉があります。

d0108966_151229.jpg

この中国語から想像すると年取った鶏?だから値段が安いのかな。
そして年取ってお肉が固いから、シチュー用なのかしら?

d0108966_15132640.jpg

ターキー、七面鳥の脚。
ターキーは、アメリカでは普通に売ってるから、普通ですね。

d0108966_15151013.jpg

子鴨。
アメリカのチャイニーズで北京ダックを頼むと1羽分$18などで激安!
日本では考えられないこの安さ、お勧めですよ。

d0108966_15184175.jpg

鶉(うずら)です。うずらの卵は買ったことがあるけど、お肉は食べた覚えがありません。

d0108966_15201346.jpg

うさぎ。この間、tugukiさんがシチューにして食べてましたね。

d0108966_15211966.jpg

鹿肉。レバーのような色をしているお肉ですが、どんな味なのでしょう?

d0108966_15245043.jpg

ワニですよ、ワニ!
これはアメリカ、ルイジアナ産のワニ。

d0108966_15252680.jpg

それも FARM 養殖なんですよ!ワニの養殖場って、ちょっと怖そう。
写真はないけど、アメリカ南部の方では、ザリガニも食べますね。

d0108966_1527668.jpg

これは違うスーパー、スッポンや亀が売ってます。
亀も食べるのかしら?
他にめずらしい所で、カエルのお肉とか、カエルそのものが売ってたりもします。


そしてそして、お待ちかねの最後のオオトリでございます。

d0108966_153030100.jpg

タイトルのブツですが、なんだかわかりますか?
ヒントは、テキサス州のシンボルアニマル。

d0108966_1531535.jpg

この甲羅、食べ物なんて思えない。

d0108966_15312913.jpg

1パウンド(450g弱) $9.99
これは6.20パウンドで、$61.94といいお値段ですね。

d0108966_15322566.jpg

アルマジロ、アルマジロですよ~!

初めて見つけた時は、もう~、びっくり、びっくり。
動物園ならわかるけど、なんで冷凍コーナーにこんなものが売ってるの?
食べられるなんて、知らなかったよ。。。

それもスーパーのお肉売り場には、「アルマジロ入荷しました」と大きな看板があるんです。
看板を出すほど、楽しみに待っている人たちがいるってこと?!

楽器にも使われるくらいの固い甲羅に覆われていて、これをどうやって食べるのか調べたら、
南米の方では、なんと甲羅ごとぶつ切りにして、ココナッツミルクで煮て食べたり
丸焼きにして食べたりするそうです。

でも ブラジルでは捕獲、食用禁止になって、こっそりとじゃないと食べられないとか。
食べたい人は、アメリカに来て買うといいですね。
もし、私がブラジル人でアルマジロが大好物だったとしたら、
「普通に買えるなんて!」と大喜びで、買えるだけ買って、
アルマジロ・パーティーしちゃうんだろうな~(笑)

でも これを買っている人をまだ見たことがありません。。。
d0108966_15283656.jpg


ちなみに私がこの中で食べたことがあるのは、カエルとダック、ターキーくらい。
変わった物を見つけるのは好きだけど、自分で食べる勇気がない小心者なんです(苦笑)
[PR]
by kapacyan18 | 2008-04-04 16:32 | 中国・台湾