美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

サンペドロ 牡蠣の次はウナギバナナ

サンペドロのポーツ・オコール・ビレッジで、多くのメキシカンの方々が食べているのがこちら。

d0108966_15334231.jpg

あまり良い写真ではないのですが、まず白い物体はたぶんガーリックトースト。
中の部分にガーリックバターがかかっている気がします。
メインは海老と野菜の炒め物。
なんてたって海老が沢山ですから、アレルギーの私は食べたことがなくて、
美味しいのか知らないのですが、これがここの名物なの?と思うくらい食べている人が多いです。

この料理で一番目を引かれたのが、トレイに直接、料理を乗せてるところ(苦笑)
このトレイ、日本で言えば、自分でおかずを取るセルフの学食などで使うようなサイズだから、
そこにいっぱいの炒め物とくれば、凄い量です。
でも いくら紙を1枚敷いてあっても防水ではないので、食べ終わる頃には紙はベロベロに。
トレイをお皿のようにちゃんと洗ってあるのか、ちょっと心配。

d0108966_15361865.jpg


d0108966_1618481.jpg



注文するとこんな感じでトレイに乗ってきます。
日本でこんな出し方をするお店ってないですよね。センスないというか。。。
まあ、フードコートだから、仕方ないですね。

d0108966_15444638.jpg


この日は、前から煙モクモクと焼いているお魚が美味しそうだなと思い、それも注文。
まず、ここで好きな魚を選びます。
一番新鮮そうなレッドスナッパー(フエダイの一種)を選びました。

お魚屋さんは数軒あるのですが、魚の種類はそんなになく、
すごく新鮮というわけでもない気がします。
他には、ティラピア、キャットフィッシュ(なまず)、あと2、3種類程度。
ティラピアとキャットフィッシュって、こちらの魚屋(日系を除く)の主力商品だと思うのですが、
両方とも淡水魚なんですよね。なんで港に売ってるの?

値段と新鮮さを考えて、手軽に食べられるのが、レッドスナッパーかなと思いました。
パウンド$7.99。でも小さいのを選んでも1尾$18(1.5㌔弱)でしたから、
決して安くはないんですよね。だからメキシカンはお金持ちだなと思うのです(笑)

注文の仕方ですが、まずお魚を選んで、調理法を選びます。
といっても焼くか、揚げるか程度。
魚の下ごしらえが終わると、その魚を渡されるので、それを持ってグリルの場所へ。

d0108966_161671.jpg


そうすると番号をくれて、どのくらいで出来るか教えてくれます。
ちなみにこの日は混んでいて、40分と言われたけど、1時間かかりました。
なので早めに注文しておいた方がいいかも。

d0108966_1671583.jpg

焼く前に塩などしていないと思います。

このグリルを頼む上で心配だったのが、この赤っぽいソース。
メキシカン風な辛いソースなのでしょうか?
これをすべての魚にかけて焼いていきます。

d0108966_1683343.jpg

こんなに魚があると、ちゃんとどれがどれかわかってるのかな~と一抹の不安が。。。

d0108966_1692789.jpg

そしてこれが、完成品です。

d0108966_1695084.jpg

写真を撮らせてくれて、さらにソースをもっとかけてくれました。

心配していたソースですが、意外や意外、遠くにちょっと辛さを感じる程度で全然辛くない。
ベースはバターなのか、バターにいろんなスパイスが入っているけど、クセがないので
食べやすくてよかったです。
でも 日本人なら塩焼きに醤油でもいいな~。

d0108966_16223548.jpg

もう一つ、ここでの楽しみが、この建物入り口に出る小さな屋台。

d0108966_1625226.jpg

下の段がチュロス。
ここのチュロスは、普通のより黄色の生地。
すぐ売れちゃうもんだから、売り子のおばさんもどこかに取りに行くので、すぐいなくなる。
だから、なかなか買えないんですよ。並んだ方が確実。
チュロスなんて、補充すると同時に売り切れてましたよ。
それもこの屋台、午後から出るみたい。平日は見たことないです。週末だけなのかな。

d0108966_16255064.jpg

そして、これがお目当てのウナギバナナ。

d0108966_16262543.jpg

ウナギバナナとは、私が勝手につけた名前ですが、ウナギの蒲焼のように見えませんか?
本名は、Fried Plantain。

初めて見た時、マジでウナギが売ってるのかと思ったんですよ(笑)
そして食べたらびっくり。バナナでした!

と言っても普通のバナナではなく、Plantainという料理用バナナ。
見かけはバナナなんですが、普通のバナナより少し長くてまっすぐ。
それを油で揚げてあり、味はバナナのような、ちょっとお芋を思わせるような味。

買う時のポイントは、黒くこげているのがお勧め。
それはなぜって、黒くこげている部分は、プランティーンの糖分が油でキャラメライズされて
カリカリしているんです。

ねっとりとカリカリ、それも甘いカリカリの食感がたまらない!

d0108966_16533823.jpg

前はもっと黒かったのに今回は揚げが足りないのか黒い部分が少なくて残念でした。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-29 16:54 | アメリカ

サンペドロで牡蠣三昧 マイ・ソースを持って!

最近、体質改善のために 牡蠣を食べるように勧められました。
柿だったら、あまり嬉しくないけど、大好きな牡蠣で体質改善されるなら、喜んで食べますよ!
ということで、牡蠣グラタン、牡蠣の豆乳鍋、旦那が作ってくれた味噌煮込みうどんにも
しっかり牡蠣を入れてくれて、他にもいろいろな牡蠣料理を作って食べました。

でも やっぱり牡蠣と言えば、生牡蠣に牡蠣フライ!
私の中では、LAで牡蠣フライを食べるなら、サンペドロのポーツ・オコール・ビレッジなんです。
理由は後ほど。
あのチキン屋が目当てではなく、こちらが目的だったのでした。

d0108966_169506.jpg


近くにはカタリナ島へ行く船の港や大きなクルーズ船の港がある湾内にあります。
お魚が買えたり、その場で魚料理を作ってくれる沢山のフードコートがあるのですが、
「あら、メキシコに来てしまったかしら?!」という錯覚を覚えるほどのメキシカンの方々が
いっぱいいます。
それも「メキシカンってお金持ちなのね」と思うような注文。私はあそこまで頼めないな~。

d0108966_1630360.jpg

でも フードコートは韓国人経営のお店が多いんですけどね。
入り口の門の雰囲気からして、韓国っぽい気がしませんか?

ここにはレドンドビーチのオイスターバーのような物はありません。

d0108966_1616279.jpg

たいてい生牡蠣は、写真の奥のようにすでに上の殻が取られている状態で売ってます。

生牡蠣 12個で$14。
良く見ると”NATURAL VIAGRA” ”LOVE PILLS"ですって!知りませんでした。

でも 殻が取られている状態の生牡蠣って、ちょっとね~。
ということで、結局、いつものお店へ。。。

d0108966_16254610.jpg

その日は2人じゃなかったし、牡蠣好きのお友達と行ってたので、生牡蠣に牡蠣フライを注文。

d0108966_16274327.jpg

これが生牡蠣。
他店では、もっと丸いタイプでしたが、ここはパシフィックオイスターのような感じで、大きい。

d0108966_16324163.jpg

そして、これが待望の牡蠣フライ!これが食べたかったのよ~。

ここのお店は、注文を受けてから殻を剥くので、時間がかかります。
それは生牡蠣だけでなく、牡蠣フライもそうなんです!

さらに牡蠣が大きいし、一番のポイントは、なんと言っても”パン粉使用”!
メニューには、なぜか”オイスター天ぷら”とあるのですが、
剥きたての生牡蠣に粉、卵、パン粉をつけて、日本と同じようにフライにしてくれるんです!

d0108966_178719.jpg


レドンドビーチでも牡蠣をフライにしてくれるのですが、から揚げタイプで、
そこはシーズニング&粉のみで揚げるため、大きな牡蠣を頼んだはずなのに 
物凄~く小さくなって出てきます。それはそれで美味しいんですけどね。

家では冷凍の牡蠣をよく使いますが、これも大きい牡蠣なのに鍋などに入れると、
どこにいるの?と思うくらい縮んでしまいます。
牡蠣料理のポイントは、”必要以上に火を通さない”ということをこの牡蠣週間で学びました。

でも パン粉を使ったフライは、コーティングがしっかりしているためか、縮まないんです!
だから、最大限、牡蠣の大きさ、牡蠣のエキスも楽しめるということですね。

ちなみにアメリカには、日本のようなパン粉がないらしく、よくあるのがBread Crumbs。
家でパンが乾燥した時にフードプロセッサーで作るような感じの細かいタイプ。
今では日本語そのまま”PANKO”という名で
アメリカのスーパーでも日本のパン粉が売られています。

d0108966_1732235.jpg

ちょっと汚い写真ですみません。

ここに来る時、忘れていけないのが、日本のソース!
醤油やカクテルソース、タルタルソース、レモンはお店にあるのですが、ソースはないんです。
フライには、日本のソースが美味しいと思っているので、いつも持参します(笑)
これで白い御飯とキャベツ、お味噌汁でもあったら、完璧ですね。

d0108966_16212071.jpg

あるお店では、保健所からの生牡蠣の取り扱い証明書のような物が貼られていました。

d0108966_16484662.jpg

アメリカらしい警告ですね。
いくら取り扱い証明書があって、お店がきちんとしていても
病気になる可能性はあるので、その場合は病院へ行って下さい、
そういう可能性も考えて食べて、自己責任でってことですね。。。

この日は、大きな牡蠣をなんと8個も食べてしまいましたが、
危険性を少なくするには、1日3個までがいいそうですよ。。。

と書いたのは、自分への戒めです(苦笑)
[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-26 17:12 | アメリカ

BROASTED CHICKEN & POTATO

絶品ポテトを見つけたお店で、ちょっと不思議だったことがありました。

d0108966_15413534.jpg

看板にはフライドチキンとあるけど、中のメニューにはフライドチキンという言葉は見当たらない。
チキンナゲットもフライドチキンのように揚げてあるから満足してしまい、
その時は突っ込まなかったのですが、帰ってきて、落ち着いてメニューを見ていると、
Original BROASTED Chicken & Potato NuggetsのBROASTEDが気になる。

お店では、BROASTEDって、Broil?Roasted?のこと?
それだと2つとも焼くことになるので、フライドチキンでないのなら、と頼みませんでした。

料理の辞書にも載ってなくて、ネットでいろいろ調べていたら、なんと商標みたい。
1954年に設立されたBroaster Companyで製造された
専用機pressure fryers とレシピで作られたフライドチキンなどを
BROASTED Chickenと呼ぶようです。

d0108966_15543883.jpg


これがpressure fryers ですね!
日本語で言うと、圧力揚げ物専用機になるかな?
油が入っている機械の中に 味をつけたチキンやポテトが入ったかごをいれ、
蓋を閉めて、上についてるハンドルをしっかり回していました。

d0108966_325888.jpg

そしてONにすると、この蒸気。
しっかり中の水分を出してくれるから、旨味が濃縮されたポテトが生まれるのですね。

ここのポテトの美味しさの秘訣は圧力だと思ってましたが、
それが登録商標の機械とレシピで作られるから、BROASTEDと呼ばれるなんて、驚き!
まだまだ世の中には知らないことだらけです。

でも ケンタッキー・フライドチキンも同じ圧力製法だと思いますが、
ここの製品を使っていないのでBROASTEDとは呼ばないんですって。
そうだったら、もっとこの言葉が広まっていたことでしょう。

さらに普通のフライドチキンに比べ、このBROASTEDチキンの方が、外はカリカリ、
中は44%しっとりしていて、40~70%油分が少なく、カロリーも少ないというから、
同じ揚げ物を食べるのなら、こっちの方が断然ヘルシーですよね!

そしてさらに調べていたら、この製法で作られているお店を発見!
ということで早速行ってきました。

d0108966_16193727.jpg


それがここ!ってARCOのガソリンスタンドですよね!
行くまで半信半疑だったのですが、どうやらガソリンスタンドで売ってるようです。

d0108966_16221132.jpg


Mr Sippee
アメリカのガソリンスタンドには、ガソリン代を払うレジやジュースやお菓子、
いろんな物が所狭しと並べてあるのですが、ここにはさらにチキンが売ってるんです!

d0108966_16274477.jpg

このレジの後ろだけ見ると、ファーストフードみたいですが、
これ以外は、普通のガソリンスタンドのお店と同じです。
でも これでは作り置きだろうから、揚げたては望めなくて、ちょっとガッカリ。。。

d0108966_16291843.jpg

ちゃんとBROASTED CHICKENと書いてありますね。

d0108966_1631756.jpg

チキンとポテトのセットを買ってみました。

まずチキン、外側はカリカリしていて、中はジューシー。
鶏肉の味も良く、衣にはチリやカイエンヌペッパーを使ってあるような辛さが
後からジワジワきます。けど、そこまで辛くはないですよ。
なかなかいい味していて、美味しかったです。

ポテトは、見るからにデカ過ぎ!
衣の味は普通、そんなにカリカリしていないし、
衣よりもポテトの面積が大きいから芋の味ばかりします。
大きすぎて水分がちゃんと抜けないのでは?おかげでそこまで濃縮された味とも思えず、
BROASTEDの良さが出てない気がしました。

実は私、芋芋しい味はあまり好きじゃないんです(苦笑)
この間の”一口サイズ”に芋の旨味が凝縮されて、さらに衣の味もしっかりして、
カリカリ&ねっとりな食感にやられたと言っても過言ではありません。

あのバランスこそが、私が”絶品”と思った一番の理由だと、これではっきりわかりました。
もちろん、これは好みの問題ですから、芋の味を沢山味わいたい人には、
こちらの方がいいでしょう。
私はどちらかというとカリカリや衣が好きなんですよね~。

ちなみにこの場所、ダウンタウン、ステープルセンターなどに近い
フリーウエイ110(北から南へ)の乗り降り口のそばなんです。
フリーウエイ降りたら、このお店で買って、またフリーウエイに乗れますよ。
まあ、元はガソリンスタンドですからね(笑)
治安が良い場所とは、”決して”言えませんので、気をつけて下さい。

以前、ステープルセンターに停めるとパーキング代が高いから、
この辺に停めて歩くと言ってたお友達がいましたが、
そういう時にここのチキンを買って、スポーツ観戦などのついでにはいいかもしれません。
私はきっと、ついで以外にはもう行かないと思います。。。

今回、”BROASTED”という言葉を知ったことで、これからフライドチキンを食べる時、
これはBROASTEDかな~?なんて考えるのが楽しくなりそう!!
[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-24 17:23 | アメリカ

大当たり!芋好きに捧ぐ 絶品ポテト

ある晴れた日に牡蠣を食べようとサンペドロの港に向い、車で走っていたら
d0108966_2564829.jpg

こんな派手なお店を発見。
アメリカって、見かけから入りたい!と思わせるようなお店が少ない気がするんですよね。
これは珍しいかも。

通りすぎつつ「ねえ、ホットウイング!それも鶏、チキンのお店っぽいよ」と言ったら、
チキンさえあれば大満足というドライバーは、そのお店に向かうべく、グルっと回っていました。
って、実は私がすごく行ってみたかった、興味深々だったんですけどね(爆)
今から牡蠣を食べに行くというのに。

d0108966_331440.jpg

Slavko's Harbor Poultry
1922年からやってるお店らしく、港が栄えている頃は同じようなお店が6店舗あったのに
今では、この店しか残っていないとか。

d0108966_35745.jpg


お店の中は結構広いんだけど、注文のみで食べる席はなし。
きっと昔はあって、賑わっていたのを思わせます。

まずはお目当てのホットウイングを注文。
お店の方はとってもフレンドリーで、出来立てのチキンナゲットを試食にくれました。
あら、美味しいじゃない!ということで、チキンナゲットも追加!

チキンナゲットというと、鶏肉そのものではなく、ひき肉を使うのが普通と思っていましたが、
ここのは胸肉そのものを使っている感じ。
衣をつけて揚げて、スパイスがまぶしてあります。その衣がまた優しい、いい味なんです。
カウンターにスパイスが置いてあったので味をみたら、それだけだときつい気もするんだけど、
衣と合わせるとちゃんと調和していて、ちょっとびっくり。

さらに待っていたら、「ポテトはいかが?」と言われて、牡蠣も待ってることだし断ったら、
これまた揚げたてを試食させてくれました。
試食とは思えないくらいテンコ盛りでくれて、あまりの美味しさにみんなで完食(笑)

その後にまたチキンナゲットをくれたのですが、
あれ?ポテトの方が甘くて美味しいんだけど!

この他にBBQチキンやRIBS、サンドイッチ、珍しいところで、レバーや砂肝もありました。
ダックやグースもあるみたい。他であまり見ませんよね。

d0108966_3161529.jpg

これがホットウイング。ウイングは衣をつけて揚げて、ボールでソースと丁寧に混ぜてました。
だけど、ハラペーニョペッパーというメニューもあったからか、
普通のホットウイングと比べると、全然マイルドだけど、美味しい。

d0108966_3164787.jpg

これがチキンナゲット。ソースもいくつかあるみたいで、私たちはBBQソースにしました。
つけなくても充分美味しかったですよ。

これらをサンペドロの港で、牡蠣と一緒に食べました。


が、どうしてもあのポテトの味が忘れられない!!!
ということで、みんなに付き合ってもらって、帰り道にまた行ってしまいました(爆)
そしたら、おじさんがまたナゲットの試食をくれましたよ。太っ腹だ!

今度は、本命のポテト、1パイントだけをオーダー。

d0108966_325888.jpg

なんと圧力鍋で揚げていました!すごい蒸気でしょ。

d0108966_3263370.jpg


これがお待ちかねのポテト。正式名はポテト・ナゲット!
ナゲットというだけあって、普通のフライドポテトとはちょっと違います。

港でいろいろ食べて、お腹いっぱいというのに車の中でみんな食べる食べる!
あまりの美味しさにみんな食べるたびに「美味しいね~」と何度も何度も感動のコメント。
1パイントじゃなくて、もっと買ってくるんだったと後悔しました。

d0108966_3295051.jpg

このポテト、皮付きをぶつ切りにして、たぶんチキンナゲットと同じ衣をつけて揚げて、
同じスパイスをつけていると思います。だから、基本は優しい同じ味。

食べ初めは衣の美味しい味なんだけど、中のポテトの味がたまら~ん!
ポテトの旨味が凝縮されていて、甘く感じるんです。

私は、決してポテト大好きという訳ではないのですが、
このポテトなら、いくらでも食べたい!という思いに駆られましたね(笑)

どの種類のポテトを使っているのか聞きたくなるくらいでしたが、
きっと圧力鍋で揚げているため、ポテトの水分が出て、味が凝縮されているのでしょう。
そして時間がたってもシナシナしないで、カリッとしているんですよ。
普通、フライドポテトの底の方ってシナシナしてるのに全部がカリッとしています。
圧力鍋のパワーですね。

家で圧力鍋で作ってみよう~!と思いましたが、
説明書に”油は使わないで下さい”って。。。(涙) 
だったら、蓋が重いLODGEかな~。

d0108966_3385560.jpg


フラッと入って、本当に大当たり。
アメリカは、ハズれることが多いので、当たると嬉しい限り。
サンペドロは、私の中では港以外に魅力ある場所はなかったのですが、
この発見のおかげで、行く価値が上がりました。

これは、もう絶品ポテト、私の中ではナンバー1です。
味の好みは人それぞれですから、みんなが私のように感動するとは思わないけど、
芋好きな方の食べた感想を是非とも聞いてみたいものです。
[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-24 03:33 | アメリカ

気づけば1年たちました。。。

d0108966_16442329.jpg


このブログを始めてから、早いもので、もう1年がたちました。

私の性格上、気が向かないと書けないタイプなので、
大変、不定期な更新で申し訳ございません。
今年はマメに!と思うのですが、きっと難しいでしょうね(苦笑)

ブログのおかげで、沢山の方と知り合うことが出来て、大変嬉しかったです。
これからもどうぞよろしくお願いします!


そして2月18日は、私のお友達でお誕生日の方が数人います。
皆様、お誕生日おめでとうございます!


d0108966_165865.jpg


さて、これなんだかわかりますか?

d0108966_16593433.jpg


お誕生日の方々にスポットライト!ということで。
あっ、スポットライトではなく、サーチライトだった!

これは、ハリウッドやダウンタウンで空を照らしているサーチライトのレンタルなんですよ!
こういう物のレンタルがあるなんて、びっくりでしょ!

以前、近所のレストラン・リニューアルオープンで初めて見たのですが、
ベトナムのお祭り会場にもありました。
きっとクルクル回って、夜空を照らしていたのでしょうね。

d0108966_1725112.jpg

もう一つ、びっくりついでにこのポインセチア。
何がびっくりって、

d0108966_1734949.jpg

クリスマスが終わると枯れるものと思っていましたが、
こんなに大きくなるなんて!年を越すんですね。

d0108966_1754228.jpg

[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-18 17:07

ベトナムのお祭り! その2

d0108966_16123956.jpg


こういうお祭りでは、いろんな会社やお店が宣伝も兼ねて、資料やサンプルをくれたり、
フリースピン(無料のくじ)をやっています。
素直にもらっていくと、結構な量になることが多いので、
まずはどこかで袋をもらうことがポイント。
たいてい、どこかで袋入りのサンプルや資料をくれたりするのですが、
ここは太っ腹で、最近リサイクルバックに使われている紙?布?のような生地で出来た
バックをくれましたよ。

d0108966_15505030.jpg


これは、以前紹介したLEE’Sサンドイッチ店のフリースピン。
そうそう、フリーじゃない所もあるんです。何か買わないとさせてくれない所もあるので、
長蛇の列を並んで自分の番になって、初めて知るんじゃ時間が勿体ないので、
先に確認することをお勧めします。

d0108966_15512646.jpg

ここの景品は、今まで見たことがないくらい太っ腹で、
$1、$5、$10、$20の商品券があるんです。

d0108966_15515576.jpg

他にもポロシャツやエプロン、ベトナムコーヒーメーカー、コーヒーカップその他。

d0108966_15523377.jpg

私は何が入っているのかわからないギフトパックが欲しかったのですが、
$10の商品券をいただきました。一緒に行った二人も$1と$5の商品券。
好きなお店の商品券というのが嬉しいですよね。
これで入場料の元は充分取れました。そして来年も来ようと気を良くする私たち(笑)


さてさて気になるベトナムのフードコート。
当たり前でしょうけど、ほとんどベトナム語なんです。

d0108966_15133170.jpg


日本でおなじみのPHOやGA(チキン)はわかりましたが、
サンプルも写真もないお店が多くて、ちょっと困りました。
特にそういうお店に限って、いろんなお祭りを回る屋台ではなく、
地元のレストランだったりするので、すごく気になるんですよね。
ここで美味しければ、レストランに行く価値ありということですから。

d0108966_1315158.jpg

スルメですよ!タイでも見たけど、ベトナムの方も食べるんですね。
どうやって食べるのかしら?水の横にあるスリラチャ(辛いソース)でもつけて食べるのかな?

d0108966_1324583.jpg

これは以前、モールで食べたことがあるのですが、
青パパイヤの千切りに乾燥牛肉だったと思いますが、私には美味しいとは思えませんでした。
理解不能な味というか。。。でも ベトナムの方は何人も食べてました。
同じ青パパイヤを使うなら、タイのソムタムの方が私は好きです。

d0108966_1331620.jpg

トウモロコシをこうやって食べるのですね。
青ネギがかかっていますが、ベトナムのことだから、
ニョクマムあたりで味付けされているのかな~と想像しましたが、
お店の人に聞けば良かったと、後で後悔しました。

d0108966_15395325.jpg


私が買ったあるレストランの揚げ春巻き。
これはライスペーパーではなく、日本でよく食べる春巻きの皮で美味しかったです。

d0108966_16334222.jpg


アメリカのお祭りのフードコートはどこも似たり寄ったりで、
日本のように「これ食べたい!」というのがあまりないんです。
でも このベトナムのお祭りは、ベトナム特有の料理が多くて、
興味をそそられる物が多かったです。
ただ最近、ベトナム料理を勉強していなかったため よくわかならかったのが残念。
そして、結局、いつものパターンで、ほとんど食べずにお祭りを出て、
リトルサイゴンのお気に入りのレストランで食べたのでした。。。

d0108966_16325770.jpg


でも このベトナムのお祭り、私の中のお祭りではベスト1になりました。
まず会場が広々していて、きちんと整備されています。
子供もOKだし、トイレもきれいだし、フードコートも網で前面が覆われていてハエ防止?など
いろんなところに気遣いが見えました。
これでフードコートのメニューに英語があったら、文句なしだったかも。
入場料を取られても満足いくお祭りでした。
やっぱり ベトナム人は勤勉でまじめと聞いたことがありますが、
そういうのが現れているのでしょうかね?!
[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-10 16:10 | ベトナム

ベトナムのお祭り! その1

d0108966_12542657.jpg


LAの多国籍タウンの中で、一番好きなリトルサイゴン。
去年、そこでTet Festivalというお祭りがあることを知りました。

d0108966_12575899.jpg


2月に入ってからの週末、朝しか取れないのアポイントがあったため、
週末なのに珍しく早起き。
終わったら何をしよう~と思っていた時、ふと、このお祭りのことを思い出したんです。
ちょうどその日ということもあり、早速行ってきました。

この日は、すっかり夏日で、ジーパンをはいていたのですが、ジーパンの布地を通って、
太陽がジリジリと肌を焼いてくれたくらい暑かったです。

d0108966_12572941.jpg

入場料が$5。これは最近のLAの有料お祭りにしたら安いですね。

パーキングは会場付近にあったのですが、片側車線からしか入れないようにしていたので、
わざわざ、その渋滞に並んでいたのに満車のため、直前で入れてくれない。
電光掲示板を使っていたので、そういうので満車とか教えてくれればいいのに。
近くの住宅街にストリートパーキングしました。次回は、初めからその場所へ直行です。

d0108966_12582282.jpg


”Strollers”ベビーカー専用の入り口があるなんて、子供も歓迎とは優しいですね。
アメリカでもなかなかこういうのは、見たことなかったです。
たまに日本へ帰ると「弱者を考えてない街づくり」「弱者に冷たい人が多い」と痛切に感じますが、こういうのを是非とも見習ってもらいたいものです。

d0108966_12593240.jpg

中に入ると何かの行列が来ました。
今回は、ちょうどチャイニーズニューイヤーで、新年のお祭りでもあったようで、
どういう行列かはわかりませんでしたが、きっといろんな意味が込められているのでしょうね。

d0108966_12595821.jpg


中には、豚の丸焼きを持った人もいました。神様に捧げるのかしら?

このお祭りには、いろんなお店や出展者の屋台、移動遊園地、小さな移動動物園、
フードコートがありました。
そして中央には、きっとベトナムにこういうのがあるんだろうな~と想像させる建物が
いくつかありました。

d0108966_12591014.jpg


いろんな人がここを拝んでました。宗教的な建物なのでしょうね。
お祈りしている男の子、ベトナムの服を着ていますが、
他にも沢山、ベトナムのきれいな服を着て、お祭りに来ていました。

d0108966_130451.jpg


d0108966_1685277.jpg


これは、船にいろんな野菜や果物が乗ってました。
どんな意味があるのでしょう。ベトナム人の方に説明して欲しかったです。

d0108966_15112739.jpg


d0108966_1535324.jpg


d0108966_15362745.jpg



こういうお祭りは、公園や学校の敷地、道などのいろんな場所で行われるのですが、
人間ですから、食べたり飲んだりすれば行きたくなるのがトイレですね。

d0108966_15531027.jpg

たいてい、こういう仮設トイレが設置されます。
このトイレを使うたびに アメリカってすごいな~と思うんです(笑)
さらにこのお祭りのすごい所は、女性専用を作ってくれているんですよ!
気分的にもいいし、使い方もそれなりだから、トイレもきれい!

d0108966_15535032.jpg

今回は、中も公開(爆)
でもね、全然臭くないんですよ。よく出来ているな~といつも思います。

d0108966_15542377.jpg

そして、前には、手洗いコーナーまであるんです。

d0108966_1555897.jpg

水だけではなく、石鹸やハンドタオルまであるんですから、すごいと思いませんか?

続く。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-10 12:48 | ベトナム

餃子が食べたくな~る

餃子事件のニュースを聞いてから、
スーパーへ行くと中国産餃子を探す旦那。あったら買うつもり?!

独身の時は、よく餃子を作っていました。
ハードな仕事の後に帰ってきてからもよく作ってましたからね。
なのに結婚してから、なぜか滅多に作らなくなったんです。
アメリカに来てからは、たいてい、美味しい餃子が出来そうな食材が手に入った時だけ。

d0108966_14332553.jpg


作る時は、だいたい皮から作ります。
私が皮を伸ばして、旦那が包むと言うパターン。
たぶん、皮を伸ばすのが一番難しいと思う方がいると思うのですが、
ちゃんと丸く皮を伸ばさなくても包む時にどうにかなるんですよ。

ある時は、香港人のお友達と餃子パーティーをしようと、準備の段階から来てもらいました。
餃子の皮作りの本場のコツを教えてもらおうと思っていたら、「初めてだよ~」と。
それから彼の分の餃子麺棒まで用意して、2,3回、一緒に作りました。また遊びにきてね~。

d0108966_1449240.jpg


今回は、私が一番餃子に合うと思う食材は、季節物のため手に入らなかったので、
ベトナムスーパーで目をひいた”台湾リーク”で作ってみました。
普通のリークより食べられる部分が長くて、ちょっと細い感じ。

d0108966_14453627.jpg


リークは、ネギに似てるけど、葉が1枚1枚包むようになっているので(説明が難しい)、
葉と葉の間にゴミが沢山ついています。
緑の部分は固くて、ゴミもついているから食べないで捨ててしまうことが多いのですが、
台湾リークは緑の部分も柔らかかったので、みじん切りにしてからよく洗って使いました。

d0108966_14524011.jpg


お肉は、これまたアメリカに来てから買うようになった豚肉の挽肉。
それと台湾リークと調味料のみ。
台湾リークを楽しみたいので、キャベツなどは入れません。
日本ではキャベツや白菜を入れてたのに これもアメリカに来てからなんですよね。

d0108966_14544184.jpg


今回は、久しぶりに市販の皮を使ってみました。
伸ばさなくていいから、やっぱり簡単ですね。

d0108966_1456026.jpg


作る時は、沢山作って、金属トレイに並べて、冷凍します。
凍った所で、トレイを外に少し置いておくとトレイからきれいに餃子がはがれるので、
それを袋に入れて、冷凍しておきます。あると何かと便利。
問題のある市販の冷凍餃子より全然安心ですからね。

我が家は、焼き餃子がメインです。
餃子のために欲しかったと言っても過言ではないPro-Logic skilletで焼きます。

料理サイトのお友達にいろいろアドバイスをいただいて、
Lodgeの中のスキレットでもPro-Logic を選んだのは、
フライパンのカーブがゆるやかなのでフライ返しが使いやすいというのがポイント。

でも 凶器になりそうなくらい重くて、蓋とあわせたら、3キロ近くあります。
これでチャーハンなどを作ったら、片手では持ち上げられないくらい重くて困るのですが、
これを使ったら他のフライパンは使えません。
パリパリ、カリカリの焼き餃子が出来るんですよ。

ベーコンをカリカリにするにしても目玉焼きを作るにしてもとても上手に焼けるんです。
ステーキなんか、最高!
私の一押し、お勧めフライパンです。

d0108966_15275189.jpg


どうして、そんなに勧めたフライパンの焼き加減を見せる餃子の写真がないかって?
最近、滅多に作らないせいか、1回目の焼きは、焦がしてしまうことがしばしば。
2回目からは、コツや火加減を思い出して、いい感じになるのですが、
今回は1回しか作らなかったので、お見せできるような出来ではありませんでした。トホホ。。。
これはあくまで私の腕のせいですので(苦笑)
[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-08 10:18 | 中国・台湾

オトシマエトウフ店って。。。

日本から帰ってきて、なかなか買えなかったマブ
いつか買いたいと思っていたら、年末年始のお正月商品が売られる頃に
日系スーパーから姿を消したんです!
「え~、買ってないのに~。」と大後悔。「ない」となると欲しくなる(苦笑)
看板はまだ残っていたので、きっと落ち着いたら売られるはず!と思い、
1月中旬に戻ってきた時、買いました!

d0108966_15374390.jpg


マブが前よりちょっと安い$5.99だったかな?
さらに新商品のオトシマエトウフ店湯豆腐($3.99だったかな?)が入っていたので、
両方買ってみました。

マブは、日本で食べたのより水分が少なく、固めな感じがしました。
遠くからはるばる飛んでくるせいでしょうか?
クリーミーさがなくて前のような感動はしなかったけど、
大豆の味がしっかりするからやっぱり好き。

d0108966_15461268.jpg


湯豆腐は、まず冷奴にしてみましたが、これも大豆の味がして美味しい。
残り半分で、昆布と白だしを入れた土鍋で湯豆腐にして、
実家の食べていたように長ネギと鰹節とお醤油でいただきました。
でも このお豆腐の大豆の味を楽しむのなら、出しの味だけでもいいかも。

これって、やっぱり湯豆腐にして食べるお豆腐なのでしょうか?
容器の形が丸いので、スプーンですくって入れてはみたけど、
四角には切りにくいのです。
湯豆腐というと、つい四角いお豆腐を思い出すのですが。。。
そういう概念にとらわれなければいいってこと?
[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-05 16:09 | 日本