美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2007年の大晦日

大晦日、お正月の買出しに日系スーパーへ行こうと思っていたのですが、
ある人のブログを読んだら、”パーキング探しに30分待ち”とあって、
どうする?と悩んでいたら、すでに夕方4時を過ぎてました。

ダメもとで○カイへ行ったら、パーキングもレジも並ばない程度。
日も暮れる大晦日に買い物する人は、少ないようです。
きっと皆さん、前もってお買い物されるんですよね。。。
でも 商品はそれなりにちゃんとあるし、かといってディスカウントをしているわけでもないけど、
すいてる時間がいいのなら、夕方は穴場かも。

紅白が始まる8時半頃から、お節作り開始。
でも お節作りに関しては、私の中ではいろいろあって。。。
今年は旦那が下ごしらえを手伝ってくれて、気づけば、2時間半くらいで終わって、
年越しそばを年内に食べることが出来ました。

d0108966_17395434.jpg


年越しそばを作るのは、毎年、旦那なんです。
上の写真は、私用。
そばはざるが好きな私のためにざるそば、今年はうずらの卵つきにしてくれて、
大好きな天ぷら、野菜のかき揚げも作ってくれました。

d0108966_17413079.jpg


こちらは、旦那用で、温かいそばにかき揚げ&海老天。
我が家で海老はお正月しか食べないのですが、今回は生の海老を買ってきて、
旦那がちゃんと殻を剥いて、背わたをとってと、下ごしらえをして、揚げていました。

今年の紅白は、終わったのが1時半。
何も考えずに見ていたら、カウントダウンに気づかない所でした。
3分前くらいにカウントダウンに気づき、「どうする?」「上に行く?」と悩んで、
やっぱり行こう!と、二人で階段を駆け上り、屋上へ。
旦那が屋上に着いた時、ちょうど12時だったというので、
私のカウントダウンは階段だったようです。。。

なぜ、走ったかというと、花火があがるんですよ。
カリフォルニアでは、日本のように自由に花火をすることが許されていなくて、
7月4日の独立記念日は、市によっては花火を買うことが許されるし、
各地で花火大会があります。
そして、ニューイヤーも独立記念日ほどではないけど、花火があがります。
屋上から、いろんな場所の花火が見えるので、
毎年、屋上でカウントダウンをしている我が家です。

2008年の抱負を述べた所、二人とも同じ目標のほか、
旦那はもう一つ、大きな抱負を述べており、是非とも実現して下さい!と願っております。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-12-31 18:04 | 日本

OYSTER BAR

d0108966_521112.jpg


なぜかラスベガスに行った時から食べたかった牡蠣。
でも ベガスでは食べるチャンスがなかった(どうして海のないベガスで食べたいの?by旦那)
年末にふと「牡蠣食べたい~」とつぶやいたら、「誕生日の前祝に行こう!」ですって。

d0108966_505926.jpg


日本で牡蠣はほとんど食べてなかったのですが、
こちらに来る前にAUX BACCHANALES 赤坂店で、北海道産の大きな生牡蠣を食べてから、
大好きになりました。
1つ800円近くと立派な物で、あまりの美味しさにおかわりしたくらい。

d0108966_5105638.jpg


海辺のオイスターバー。
そこは、大好きなお友達が住んでいて、毎週のように通っていた場所だったのに
お友達が日本へ帰ってしまってから、あまりの悲しさにそれ以来行けなくて。
お友達がいなくなってから、今回は2度目でした。
そして今回もいろんな場所で、沢山の素敵な想い出を心の中で思いだしてました。

d0108966_51336.jpg


と、いろんなことを胸にいざオイスターバーへ!
いつも瓶詰めを買うだけで終わっていたので、いろんな種類を食べるのは初めて。
まず、店員さんお勧め、手前がHAMA HAMA、奥がSUNSET。

d0108966_5155187.jpg


大きいのが、瓶詰めでよく食べているPACIFIC。
そしてすごく小さいのがKUMAMOTO(日本産)
こちらに来てから、クマモトという牡蠣をよく聞くのですが、
日本でも有名だったのかしら?牡蠣というと広島や宮城を思い出しますが。。。

d0108966_5181244.jpg


上だけは足りなかったので、また買いに行くと、違うボストン出身の店員さんがいて、
またお勧めを聞いてみると、さっき頼んだ物には首を振られました。。。
彼のお勧めは、大きな牡蠣 BLUEPOINT。これとCLAMSはNYから来ているそうです。
小さいのは、KUSSIで、カナダ産だそう。
このKUSSIとKUMAMOTO、すごく小さいのにお値段がはるんです。
それだけのことがあるのか、2つとも小さいのにしっかり味がありました。

レモンとホットソース(TAPATIO・メキシカンで人気)をくれるのですが、
やっぱり日本人ですから、ポン酢持参で行きましたが、
一つ一つを味わうなら、そのままの塩味で充分でした。

d0108966_526817.jpg


何度も来ていたわりには、ほとんど見ていなかった夜景。

d0108966_528287.jpg


今年も残す所、あと12時間となりました。なんか最近、1年終わるのが早すぎます。

2月から始めたこの不定期なブログにお付き合い下さった方々、
本当にありがとうございました。
ブログを通して、いろんな方と知り合えて、嬉しかったです。
また来年も沢山の出会いがありますように!
良いお年を。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-12-29 04:51 | アメリカ

MERRY CHIRSTMAS!

d0108966_16263391.jpg


クリスマス、いかがお過ごしでしたか?
私は、冬晴れの気持ちよい午後にお散歩をして、のんびりと過ごしました。
最近、街中にリスが多いんですよ。

d0108966_16403892.jpg


今年はクリスマスらしいことをほとんどしていないのですが、
住みだした頃に行ったきりのPCH沿いのイルミネーションを久しぶりに見に行きました。
その地域に住む人は、クリスマスにイルミネーションで家を飾ると契約書を書かされる?!と
噂で聞いたことがありますが、その地域の住宅全体でイルミネーションをしているのです。
前はなかったけど、今回は家の前でホットココアとか、物売りをしている人が沢山いました。
イルミネーションの電気代稼ぎなのでしょうか?

d0108966_16472987.jpg

あとクリスマスに一度は行かないと気がすまないグローブ。

d0108966_16493280.jpg


今年はクリスマスの夜遅くに行ったので、雪は見れませんでしたが、
映画館の前は、長蛇の列が2つもありました。映画館くらいしかやってないからかな~?!

d0108966_16523195.jpg


d0108966_1653142.jpg


これは、毎年必ず見に行くお家。
このダビデ像がいっぱいなお宅は、マフィアの家って聞いたことがあるんですけど。。。

d0108966_16541251.jpg


d0108966_16544381.jpg


d0108966_1733514.jpg


ここは初めて見に行った時は、大きな鶴にやしの木とか、
全然センスのなし、まとまりなしの派手な飾りつけだったんです。
周りから苦情が出ているというニュースも聞いたことがあったくらいでしたが、
今年は大人~しくまとまっていて、ちょっとつまらなかったです。


クリスマス・イブは、旦那がクリスマスディナーを作ってくれて、
リブアイのステーキを焼いてくれました。
コスコのリブアイが好きだったのですが、今回はトレーダージョーのコーシャーのリブアイで。
1枚が4センチくらいの厚みがあったのでそれを半分に切って、ちょうどいい量でした。
これをカリカリガーリックとお醤油のきいた和風ソースで食べたのですが、
もうお醤油のいい味がたまらず、「おかわり~!」と言ったくらい美味しかったです。
さすがにおかわりはしませんでしたが、後日また作ってもらいました。

d0108966_16292126.jpg


あと変わったところで、Portbellaマッシュルームに
ホタテとカニカマ、マッシュルームの軸を丁寧にすり鉢ですりつぶしたのを詰めて
焼いてくれました。

d0108966_1635767.jpg


最近の旦那の料理は、毎回というくらい新作が登場するのですが、腕をあげています。
私は手抜きになる一方というのに(苦笑)

私は、ルッコラやミニトマト、モッツァレラに自家製ドレッシングでサラダ、
ORZOなどの小さいパスタとドライマッシュルームのスープを作り、
デザートは、少し前に作っておいたキャラメルパウンドケーキでした。

クリスマスの夜は、広島風お好み焼きを作って、質素でした(笑)
でも 広島風って美味しいですよね~。大好きです。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-12-27 17:04 | アメリカ

ラスベガスへ行かなくてもお家でカジノ気分!

ここまで読んで下さった方、ちょっとカジノをしたくなりましたか?

d0108966_15374288.jpg


去年のカジノでハマッたのが、今回のカジノのブログによく出てきていた↑のHOT SHOT。
今回は、カジノへ行ったら、まずこれを探して遊んでました。
今年は、このHOT SHOTにも種類が増えてて、コンピューター画面ではなく、
回るタイプのスロットマシンもあったけど、やっぱりこのタイプが好き。

これで当たったというのもあるけど、スロットを1回回して終わりじゃない時があるので、
チャンスが多いだけに楽しい。

d0108966_15444914.jpg


どんなチャンスがあるかというと、画面の中に3つの小さなスロットがありますが、
これが3つ揃うと、この3つのスロットが回るんです。
その時にかかる音楽が、さらに盛り上がてくれて(笑)
今年は今まで聞いたことのない音楽も増えていましたけど。

どんな音楽聞いてみたい方、さらにこのカジノで遊んでみたい方は、
こちらに登録すると無料でこのHOT SHOTで遊べますよ。

” Click here to register”をクリックすると登録画面が出てきます。
アメリカだけに限定していないようなので、日本でも登録可能です。
数台のPC、さらに大音量で遊べば、おうちでカジノ気分です。

ある晩の私たちは、あまりにも当たらないから、
ホテルの部屋に帰って、持ってきていたコンピューターでこれをやってたんです。
「お金かからないから単純に楽しいね~」とみんなで大盛り上がり(爆)

やっぱりコンピューター用は、お客さんに興味を持って欲しいからか、当たるんですよ!
で、夜中の1時に「やっぱりもう一度やろう!」と盛り上がって、
ホテルの下のカジノへ降りて行き、HOT SHOTをやりましたが、全く当たらず。
まあ、そんなものですね。



それと今回、カジノで目を引いたのが、コレ↓。

d0108966_15544377.jpg


ゲームのモノポリーのスロットマシン。
初日のモンテカルロで見つけて、3ドル入れて、スタートしたら、いきなり、↓この画面が!

d0108966_1556137.jpg


d0108966_15593732.jpg


何枚かカードが出てきて「一つを選びなさい」、さらには勝手にスロットが何回も回ってくれて、
そして、この小人さんたちまで出てきて、あれよあれよ言う間にポイントが増えて行きました。
初めてで訳がわからなくて首をかしげていたら、隣の白人のおば様が、
「あなた、32ドル当たってるのよ!」と言われて、キャ~って感じでした。

このモノポリーは、こういう当たりが出ると、
何ポイント当たったのかわかるまでに 結構、時間がかかります。
小額でも時間を稼げるし、それだけに楽しい。

それから3日間通ったのですが、そこまでの大当たりはしませんでした。
が、私に当たってると教えてくれたおば様は、行くたびにいて、さらに相当稼いでましたね。
それも私の去った後に同じ台で大当たり出してるし~。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-12-11 16:24 | ラスベガス

ラスベガス初心者・覚書 その3

カジノでいくら使うか、人それぞれ、いろいろと違うと思います。
ある人は、1000ドル(10万円以上)、日本から来る人は40万、50万とか。
知り合いは、目の前で30万ドル(3000万円以上)がたったの10分でなくなっていくのを
見ていたそうです。なくなるということはカジノで負けたということですからね(驚)

d0108966_14435630.jpg


前回のラスベガスは、お金を下ろすのを忘れて、所持金40ドルだったんです(苦笑)
でも ビギナーズラックだったのか、2日間とも80ドルづつ当たりました。
初めの80ドルは当たらなかった二人にたかられて、バッフェをおごってなくなりましたけど、
良いことはするもので、次の日また同じ金額が当たりました。

d0108966_1446434.jpg


今回は4日間と長かったため、カジノ代を決めました。
はまったら、とことんはまりそうで怖いので、その額、1日50ドルで合計200ドル。
普段の生活だったら、50ドルの物を買うのも躊躇するんですけどね。。。

まず、カジノ用にお財布を2つ作りました。
一つのお財布に毎日50ドル入れて、それを全部1ドル札に両替してもらいました。

d0108966_1551042.jpg


ペチャンガに行った時、100ドル札で遊んだんです。
100ドル全部使う前に換金すればいいやと思っていたんですが、
額が大きいと気も大きくなるのかMAX賭けするので、あっという間になくなってしまいました。
よほど意志が強くないと全部使う可能性が大です。20ドル札でもなくなるのが早いです。

さらに20ドルを賭けて遊ぶと、20ドル以上当たらないとプラスにはならないんです。
1ドルで2ドル当たれば、2倍当たったことになりますが、
20ドルの2倍ということは40ドル。決して40ドルを当てるのは簡単ではありません。
100ドル賭ければ、200ドル当たらないと2倍にはなりませんからね。

d0108966_1563242.jpg


なので50ドルを1ドル札に両替すれば50枚になるので、
50回、お金を入れるチャンスがあるわけです。
私は、1回に2、3ドル入れて、さらにもっと入れてと、遊んでました。
50枚もあると、何度も入れられるので、1日の遊びとしては満足度がありました。

それに2、3ドル賭けて、10ドルも当たれば、充分、元は取れます。
20ドル、30ドル、40ドルなんて当たれば、10倍近くになりますから、大喜び。

d0108966_1575559.jpg


カジノで周りの人を観察していたりすると、結構な額が当たってて、
「私だったら大喜びなのに!」と思うのですが、
元の額が大きいだけにその人にとっては全然当たったうちに入らない、喜べない訳です。

1ドルで遊ぶ方が、倍になりやすい、小さなことで喜べる、そして喜びが大きい!
なんか、すごく低レベルですが、大きく賭けてがっかりするよりは、
小さなことで喜べた方がハッピーだな~と思うんですよね(笑)アハハ。
それにカジノ側はお金を使わせたいわけで、そう簡単には当たりませんからね。

d0108966_14333412.jpg


それと私は、1回の当たりが10ドルを越したら、すぐ換金しました。
一度10ドルが当たって、欲を出してそれをまた賭けていたら、きれいになくなりました。
そこで当たればいいけど当たらないのなら、換金した方がお金が残るような気がします。

そしてその当たったお金は、もう一つのお財布に入れておきました。
そのお財布はお金を入れるのみにして、そこから使うことはせず、
1日分の50枚の1ドル札を全部使ったら、その日のカジノは終わりにしました。

d0108966_1510621.jpg


今回、大当たりはしませんでしたが、チョコチョコと当たりました。
当たりのお財布と使ったお財布の合計から、マイナス47ドルとなりました。
4日間でカジノ用の200ドルからなくなったのが、47ドルのみ。
プラスにはなりませんでしたが、
47ドルで4日間飽きるくらいにカジノで遊べたと思えば、大満足でした。

d0108966_168233.jpg


今回初めてカジノで周っているドリンクガール?にドリンクを頼んでみました。
ドリンク自体は無料で、1ドル程度のチップをあげればいいみたいです。
やはりカジノによって、味の違いがありました。
このべラージオのレモネード、すごく美味しくて、気に入りました。
Bさんに言わせると、「アルコールを飲めばカジノの元が取れる」ですって。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-12-06 15:14 | ラスベガス

カジノ初心者・覚書 その2

さぁて、カジノのメンバーズカードを作ったら、実際にカジノで遊んでみましょう。
と言っても小額で遊びたい方のみ、お読み下さい。

超・初心者の私は、ディーラー相手のテーブルには恐ろしくて座れません。
賭け金も1回最低5ドル、10ドルからですからね。
なので、気楽に出来るスロットマシンがお勧めです。

d0108966_1552094.jpg


・スロットマシンの探し方。
この写真上部に”1¢”とありますが、
マシンには、1セント、5セント、25セント、1ドル~と最低金額が書いてありますので、
ご希望の額のマシンを探してください。今回1/2セントというマシンも見つけました。

次にカードを差し込む場所があるので、作ったメンバーズカードをマシンに入れましょう。

ここでお金(ドル札)を入れて、「さあ、はじめるぞ!」と、急いで”SPIN”を押してはいけません。
これで痛い思いをしたことがあるんですよ。。。

d0108966_15563481.jpg


始める前にそのマシンのチェックをするんです!
たいていのスロットマシンは、画面と押すボタンがあります。
ボタンを押さずに画面をタッチすればOKというのもあります。

d0108966_1695072.jpg


チェックポイント その1  まず画面に自分が選んだ金額が出ているか?
 1台のスロットマシンで、違う最低金額、
例えば、1セント、5セント、25セントなどど、3種類遊べたりするマシンがあるんです。
もし、5セントの台を探したはずなのに1セントになっていたら、
写真の画面に”1¢”とある部分をタッチすると最低金額が変わりますので、調節して下さい。

d0108966_1665658.jpg


チェックポイント その2 どのくらい賭けるか、PLAYとBETを決める。
 本当に1セントで遊びたい場合は、
画面下 左手にある”PLAY 1LINE”と”BET 1 PER LINE”を押して、
1×1=1で1セントで遊べます。 

PLAY 1LINEとは、このスロット画面は3段ありますが、
真ん中の一列のみ 条件が揃った場合に当たること。
BET 1 PER LINEとは、その1列にどれだけ賭けるかということ。

d0108966_16211774.jpg


写真下の左から右端へ見ると、
”PLAY 1LINES”から始まって”PLAY 20LINES”まであります。
PLAYは、何通り賭けたいか?選ぶことが出来ます。
何通りもあった方が1回のチャンスは増えると思います。

”BET 1 PER LINE”から”BET 5 PER LINE”まであります。
BETは、その1つの通りに何倍賭けたいか?選ぶことが出来ます。
当たった時、1倍よりは、5倍の方がもちろん額が大きくなります。

d0108966_16324329.jpg


この写真のマシンでは、”PLAY UP  TO 100 CREDITS”とあるので、
最高 ”PLAY 20LINES”×”BET 5 PER LINE”=100 CREDITSまで
賭けることができます。
PLAYとBETは、ご自由な組み合わせにして構いません。

初めから最高で賭けたい場合は、”MAX BET”というボタンを押せば、簡単です。
これは、5セントのマシンなので、その100×5セント=500で、5ドル。
この5セントのマシンで、MAXだと1回5ドル賭けることになります。

d0108966_164117100.jpg


これは1セントのマシンで、LINE=20、 BET=10 TOTAL=200に
200×1セント=200で、MAXだと1回2ドル賭けることになります。


1回の賭け金をどのくらいにするかは、自由ですが、
この上の2つの写真を もう一度、よ~く見て下さい。

上の写真は、5セントのマシンで、画面の中に”WIN 600”と”WIN 100”とありますね。
合計700になります。
あと画面左下にCASHとあって、そこに$42.25とあるのがわかりますか?

下の写真は、1セントのマシンで、画面中央に”2000”と派手に出ています。
そして画面左下のCASHを見ると、$22.50とあります。

2000の方がいっぱい当たったような気がしますが、金額は逆転しています。
どういうことかと言うと、
5セントのマシンは、700×5セントで3500=35ドル当たったことになるんです。
($42.25との差額は、それまでに賭けて残っていた残金です。)

1セントのマシンは、2000×1セントで2000=20ドル当たったことになるんです。
($22.50との差額は、それまでに賭けて残っていた残金です。)

最低金額 1セント or 5セントの違いで、当たりの金額が大きく変わってきます。
2000出たのが、もし5セントのマシンだったら、2000×5=10000で、
100ドル当たってたことになるんですよ。

なので、1セントを選ぶか、5セントを選ぶかは、結構、大きな違いになります。
もちろん、MAXで遊ぶ場合、1回2ドル減るか、5ドル減るかというのも大きな違いで、
20ドル札1枚で遊ぶ場合、1セントのマシンは、10回遊べるけど、
5セントのマシンは、たったの4回で終わりますからね。


1回に2ドルも賭けたくない人は、PLAYとBETを選べば、最低1セントから遊べるのです。

d0108966_172279.jpg


d0108966_17192560.jpg


でも 上の2つの写真をよく見てください。
2つとも同じ条件、”炎の7”が5つ揃っていますが、
上は4000(40ドル・今年)、下は8000(80ドル・去年)と大きな違いがあります。

これは、BETが1(4000×1)か、2(4000×2)の違いなんです。
当たりが大きいほど、BET(何倍にするか)が大きく差を生むことになります。

この場合、2つともPLAY20賭けているので、BET1なら20セント、
BET2なら40セントを1回賭けることになるんです。
なので、たった20セント払うか払わないかで、当たりが40ドルの差になるなら、
BET2賭けておけば良かったと激しく後悔しました。
なので小額で遊びたい方、最低でもBET2は賭けていた方がいいかもしれませんね。

MAXで遊ぶ方が’MAXで賭けた場合だけに当たるという得点”もあるので、
MAX賭けするにこしたことはありませんが、
小額、最低金額で楽しみたい場合、”PLAYは最高”、”BETは最低2”がいい気がします。
今回のことを振り返って書きながら、そう思いました。

ちなみになぜ初めにスロットマシンのチェックが大切!と言ったかというと、
新しいスロットマシンで遊ぶ場合、何もいじらずに”SPIN”を押すと、
だいたい前の人が使っていた条件で賭けることになるのです。
小額で遊ぼうと思ったのに 最低金額が大きかったとか、MAXだったために
1回で予想以上になくなる、無駄なお金を使うことになるのです。
というか、私もそれで何度も失敗しているんです。
すごい勢いでお金が消えて、悲し~くなりましたから。

なので、お金を大切に有効に使いたい場合は、
まずは落ち着いて、スロットマシンのチェックをお勧めします。


注・これは私の経験であって、当たる保障は全くありませんので、ご了承下さい。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-12-05 18:09 | ラスベガス

カジノ初心者・覚書 その1

カジノ初心者・覚書なんて偉そうに書いてますが、
何を隠そうカジノは3回目の私は、超・初心者。
初心者なりに後悔、感じたことを忘れないように書いておこうと思います。
それにカジノって、日本では遠い存在だと思うので、興味があったら読んで下さい。

初めてのカジノは、去年のラスベガス。
何も下調べもせずにラスベガスへ行き、WYNNのスロットの前で、
過去に200ドル儲けたBさんに使い方を教えてもらって、
おっかなびっくりやったのが初めてでした。

d0108966_10561545.jpg


これは、人生初のカジノで初めて当たりが出た時の写真。
1,2ドル儲けただけで、すぐ換金していた私でした(笑)

2度目は、ラスベガスで楽しかったので、近場のカジノ、ペチャンガリゾートに行ったのですが、
ここは、全くと言っていいほど、全然当たらない。
ラスベガスのように1、2ドルの小当たりもないんです。
一緒に行った3人、誰も全く当たりませんでした。
ペチャンガは、とても立派な場所なのですが、まわりにカジノはなく、競争がないので、
当たりが少ないのかな~と思いました。

なので、カジノをするのなら、競争が激しいラスベガス!ということで3回目が今回。
そして思った通り、ラスベガスはチョコチョコ当たりが出るんです。
最後は負けるとしても少しづつ当りながら負けた方がまだ気分がいいというもの。
少しでも可能性があるのなら、と、その分、お金をつぎ込むことになるんでしょうけど(苦笑)

ラスベガスは、ショーやショッピング、ホテルなどいろいろ楽しみがあるので、
カジノはしないという人もいると思います。
が、初めてのカジノ・ホテルへ行ったら、何もする前にカジノのメンバーズカードを作りましょう。

d0108966_10541647.jpg


前回、BOARDING PASS BONUSカードを持ってる人は、バッフェが3ドル安いと書きましたが、
これはカジノのメンバーズカード(そのカジノによってカードの呼び名が違う)の特典です。
カジノによって、いろんな特典があるので、必ずしもすべてのバッフェが安くなる訳ではないけど、いろんなクーポンをもらえたりもするので、作っておく価値はあります。
だから、何もする前にカードを作るのです。

このカードの存在を知ったのは、去年のラスベガスから帰ってきて、いろいろ調べたおかげ。
なんで去年作らなかったんだ!とも思いましたが、そのおかげで今年は特典を楽しめました。

ちなみにGreen Valley Ranch Resortでは、バッフェが安くなるほかに
初めからFREE SLOT PLAY 3ドル分がカードに入っていて、
まず自分のお金を入れると3ドル分無料で、スロットで遊べるんです。
ここは、ラッキーは人は、3ドルではなく、200ドル分が入ってることもあるそうです。

d0108966_1111483.jpg


今回、これだけのメンバーズカードを作りました。
ラスベガスの大通りにあるカジノでは、提携している所もいくつかあります。

d0108966_11131723.jpg

HARRAH’S系(TOTAL REWARDS)とMGM系は、作りましょう。
この2枚さえ作っておけば、結構な数のカジノでポイントを貯めることが出来ます。

d0108966_1116026.jpg

これは、↑のHARRAH’S系のカードなんですが、
これだけのいろんなカジノで使うことが出来ます。

使うとポイントが貯まるので、そのポイントに合わせて特典がもらえます。
すごい人はホテルご招待、さらには、その旅費まで出してくれたりするそうですよ。
でも これはどれだけお金を賭けたかということに比例するので、
1ドルで遊んでいるような私には、程遠い話ですけどね(苦笑)
だって、5ドルで1ポイント(1セント)ですから。。。

d0108966_11245793.jpg


ちなみにHARRAH’S系のカードを作ったのは、フラミンゴ・ホテルのカジノ。
このフリースのブランケットをくれました。

d0108966_1126453.jpg


これは、MGMのカードをモンテカルロ・ホテルのカジノで作った時にくれたチェーン。
これがあるとカードを一まとめに出来て、バックやズボンなどにつけておけるので便利ですが、
他ではもらえませんでした。
あと、MGMは、5ドル分のフリースロットがついていました。

この2枚のカードは、提携のカジノによってプレゼントが違うみたいなので、
興味がある人は、それぞれのカジノのプレゼントを調べてから、
欲しい所で作るなんていうのもいいかもしれません。
私たちは、そんなことは知らずにとりあえず作ったので、
後で、ブランケットよりこっちのカジノのトレーナーの方が良かったな~と後悔しました(苦笑)

あと、泊まったホテルで”25ポイント溜まったら、Tシャツあげます”と書いた
ハラス系の3つのホテルのクーポンをもらったんです。
最終日に3人ともトータル120ポイント以上貯まっていたので、
これで3つのホテル分のTシャツもらえるね~と楽しみに行ったら、全然ダメ。
どうやら、クーポンをよく見ると、25ベースポイントとあって、
一つのカジノで25ポイント貯めないともらえないことが判明。
こういうことも知らずにいろんなカジノで遊んでた私たち。
なので、帰りには何の特典ももらえませんでした。

d0108966_11421293.jpg


ちなみに太っ腹な特典をくれたのが、HOOTERS。

ここはHOOTERSというレストランがやってるカジノホテル。
以前は日系のホテルだったそうですよ。
このレストラン、LAにもあるのですが、きれいなお姉さん(ウエイトレス)が
胸の谷間が見えるようなタンクトップ&短パンのユニフォームを着てるのが有名だそうで。
ここのマスコットはふくろうなんですが、どうしてかな~?と思って調べたら、男性客が店内で
フクロウのように目をキョロキョロさせるから、この名前がついていたんですって(笑)
ここのカジノのお姉さんもそういう格好をしています。

d0108966_12354835.jpg


いい写真がなかったのですが、ここのカジノ、このような木の内装なんです。
大通りから少し離れていて、こじんまりしていて、全然ギラギラしてません。
木の温かい雰囲気が好きだな~と思いました。


何が太っ腹だったかというと、100ドルのフリースロット券をくれたんです!
小さいカジノは、大きなHARRAH’S系やMGM系などに負けないように
お客さんを呼びたいから、結構、特典が良い気がします。

d0108966_11565417.jpg


1ドルで遊ぶ私に100ドルもあったら、どれだけ遊べるんだ!と喜んだのですが、
この決まったスロットマシンでしか使えないんです(涙)

d0108966_11581455.jpg


でもね、係りの人が、この決まったスロットマシンに本当に100ドル入れてくれるんですよ!
それには、みんな感激していました。
いくら100ドルを使いまわししていようと目に見えると嬉しいかも。

d0108966_120837.jpg


100ドル分遊べば、当たるかも!と思いますが、
このスロットマシンは、最低1ドル賭けで、MAX2ドル賭け。
この写真を見ると、1ドル賭け(1credit)だと大当たりで500ドル。
2ドル賭けだと、1000ドルになるんです。
だから、同じ当たるなら、1000ドルの方がいいということで、
2ドル賭けでスロットを回していくので、50回分回せるのです。
その間に小当たりすれば、その分も。
でも このマシンは、金額が書いてある当たりを出さないとお金はもらえないみたいで、
当たらない人は全部使い切るしかない。
ほとんど当たらないに等しいので、私はただボタンを機械的に押してました。

でも 無料で100ドル分遊べて、ラッキーなら当たるわけだし、
HOOTERSでカードを作ることを是非ともお勧めします。
ちなみにカードを作るのは、もちろん未成年はダメだけど、
身分証明書(アメリカ国内の運転免許書、パスポートなど)があれば簡単に作れます。

d0108966_12472967.jpg


これと似たようなので、”$40 of Slot Play for $20”というカジノがあって、
20ドル払えば、40ドル分のスロットをさせてくれるというもの。

「20ドル払えば、40ドル分スロットで遊べるんだ~」と何も知らず、喜んでいきましたが、
ここも決まったマシンでしか遊べず、さらに全然当たらない。
最後にバックやトレーナー、ジャンパー、その他、好きなギフトを1つくれました。
景品にしては、意外に質が良かったですが、
20ドル払ったと思えば、もっといい物が買えたかも~と後悔しました。

HOOTERSのように無料で100ドル分ならいいけど、20ドルも自腹を払う価値は全然なし。
20ドルもあったら、普通のスロットでどれだけの時間遊べることか。。。
これは、お勧めしません。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-12-03 12:55

お勧めのバッフェ

だいぶ前に「ラスベガスへ行くなら、お勧めのバッフェがあるよ」とMさんに教えてもらいました。
Mさんの言葉を借りると、「地元の人が行くバッフェ」
「地元の人のべラージオ(ラスベガス大通りにある高級ホテル)」だそうです。
今回、帰りながら行くことにしました。

d0108966_16101688.jpg


ラスベガスの周りは砂漠のような感じですが、すごい勢いで家が増えていて、
旦那曰く「前はこんなに家がなかった。だんだん街が大きくなっている」と言ってました。

d0108966_15554521.jpg


ラスベガスの大通りから15分くらい車で走ります。

d0108966_16122924.jpg


そのバッフェは、Green Valley Ranch Resortの中にある
Feast Around the World Buffet

d0108966_1615316.jpg

週末のブランチなのに$17.99!
これはBOARDING PASS BONUSカードを持ってる人の値段。
3ドルも安くなってますよね。(これは、次で詳しく書きます。)

d0108966_16184877.jpg


サンクスギビングも終わって、クリスマスの飾り付けがしてあります。

d0108966_16455498.jpg


d0108966_16191913.jpg


まず釘付けになったのが、右手の見事なスモークサーモン。
スモークサーモンと言うとペラペラなのを想像するのですが、
これは、厚さ5mm近かったです。
それもスモークが強くなく、生に近い感じで、食べがいがあって、美味しいのです!
Bさん曰く「スモークサーモンは結構なお値段だから、
これを5枚くらい食べたら、元が取れそう」と大喜びでした。
私も海老やカニなどには興味がないだけに(バッフェで元が取れない・苦笑) 
お刺身チックなこのサーモンは本当に嬉しかったです。

ちなみにこのコーナー、ベーグルを作る中身が置いてあります。
他には、クリームチーズ、ニシンの甘酢漬けのマヨネーズあえ、
楽子さんのブログで見てから、いつか食べてみたいと思っていたケッパーベリー、
初めて美味しいと思えたビーツのクリーム?あえ。

d0108966_1639837.jpg


これはイスラエル人が食べるGefilte Fish
スカスカした魚のつみれです。以前、練り物の代用でおでんに入れたことがあります。

他には、サラダ、チャイニーズ、イタリアン、モンゴリアンBBQ、メキシカン、フランス料理。

d0108966_1644169.jpg


ブランチだったせいなのか、アメリカの朝ごはんメニューのパンケーキやビスケット、
スクランブルエッグやフライドポテト、マッシュポテト、目の前で作ってくれるオムレツ、
そして嬉しいことに私の好きなエッグベネディクトまであって感激でした。

写真はないですが、ここの目の前で切り分けてくれるプライムリブも美味しかった!
たいていのバッフェでは食べきれないので一口もらう程度でしたが、
ここは美味しいのでちゃんと一切れいただきました。
さらに旦那は「ちゃんとおろしたホースラディッシュだ」といたく感激していました。

d0108966_16532194.jpg

そして、ここの目玉であろうケースの中に入ったカニ!
d0108966_16593139.jpg

初めからテーブルにカニを食べる道具がセッティングされていましたから。
各自お皿をもって温かいカニか、冷たいカニか伝えるとお皿いっぱい入れてくれます。
アメリカ人は、溶かしバターで食べてる人が多かったです。

d0108966_1656398.jpg

カニのお皿を持って並んでいる人がいたので何かと思ったら、
温かいカニをバター、ガーリック、トマト、玉ねぎ、青ネギ、香菜、チリを入れて炒めてる!
これは珍しいと思い(あまりカニを食べないから知らないだけかも)頼んでみました。
美味しいんだけど、カニって食べにくいですね。
モンテカルロの大きな食べやすかったカニを1本しか食べなかったことをさらに後悔。。。

d0108966_1721997.jpg

デザートコーナーでは、まるでケーキ屋さんのようにホールケーキが並べてあって、
上にはスライスケーキが置いてあります。

d0108966_1732517.jpg


あと感動だったのが、アイスクリームショップのようにBREYERSが選び放題。
それもカップの他にコーンも種類がありました。
たいてい、ソフトクリームの機械があって勝手に取る所が多いんですけどね。
(日本では店員さんが触るものと思っていた機械に触れて、初めびっくりでした)
ここで、NO SUGARというバニラアイスクリームがあったので食べたんですが、
充分甘くて美味しくて、自宅でも買おうと思いました。

さすがFeast Around the World Buffetという店名だけあって、
その名に恥じない世界の料理がありました。でも 日本食はなかったな~。
そして「今までのバッフェの中で一番良かった」と3人の意見が一致して、
「またラスベガスに来る時は寄ろうね!」と誓ったのでした。

ラスベガスの大通りからは離れていますが、シャトルも出ているようですし、
わざわざ行く価値はあると思います。
隣には、アメリカのいろんなお店が入っているショッピングモールもあるので、
(ウィリアムズ・ソノマやWhole Foodsもあります)日本からの方にもお勧めですよ。

Mさん、美味しい情報、本当にありがとうございました。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-12-01 17:38 | アメリカ