美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ラスベガスの南側

前回のラスベガスの時、夕食にパリス、
次の日は早めのランチにアラジンのバッフェへ続けて行ってしまいました。
感想は、2食続けてのバッフェは辛いね~だったので、
今回、バッフェは続けていかないようにしようと思っていました。

2日目の午前中は、お部屋で肩までお湯につかれるお風呂(アメリカでは珍しい)に
入浴剤を入れてのんびりしたり、ゆっくり寝ている人がいたりで、行動開始したのはお昼近く。

まずはランチの前に 前回、見ていなかった南側のホテルへ。

d0108966_15102581.jpg


d0108966_1512164.jpg


中世をテーマにしているエクスカリバー。
そうそう、ここで「$20でショーを見ませんか?」と誘われました。
さすがにOはなかったけど、KAやMAMMA MIAなど8種類ぐらいのリストがあって、
席が空いていれば$20で見れるそうです。

これは、すごくお得! KAなんて安いチケットでも$99ですから。
その日は、Oを見る予定でチケットをすでに買っていたので、
次回来る時は、予約せずにまずここに来てみようかなと思いました。

d0108966_15161585.jpg


スフインクスやピラミッドが建物のルクソール。

d0108966_16122437.jpg


このスフインクスの胴体の下は、ホテル入り口で車が出入りしています。
この写真ではわかりにくいですが、それも車6列分あるんですよ。その大きさにびっくり!

d0108966_15141448.jpg


d0108966_1515641.jpg



ピラミッドの側面は、ホテルの部屋なんです。
また、その側面に沿って、39度の角度で昇降する世界初の
「斜め昇降エレベーター」があるそうで。 帰ってきてから知って、乗ればよかったと後悔。

d0108966_1517574.jpg


d0108966_15284246.jpg


マンダレイベイまで見つつ、ランチの場所を探していたのですが、
ホテルに入っているレストラン、結構していました。そしてあんまり人も入っていない。

お昼をとっくに過ぎ、3つのホテルを歩くだけでも結構な距離で、お腹もペコペコ。
なので、ここまでお腹がすいていたら、バッフェでいいか~、
それに他のレストランで食べても同じくらいするし~と言うことで、懲りずにバッフェに決定。

本当はマンダレイベイのバッフェにしようと思ったのですが、昨日の夕食より高いということで、
ルクソールのバッフェ$13.99にしました。

d0108966_1539132.jpg


d0108966_15402466.jpg


やはりここでも20分ほど並びましたが、
ディズニーランドのように並ぶ場所がちゃんと作られているんです。

d0108966_15423153.jpg


モンテカルロより照明が暗くて、サラダバーのコーナーが充実していた気がします。
生ものは、海老くらいでした。
カニはないけど、モンテカルロよりこっちの方が好きと言ってる人がいました。

d0108966_15433311.jpg


↑これ、コーヒーに入れるミルクなんですが、ちゃんとルクソールと名前が入っているんです。
他のバッフェでも同じようにホテルの名前が入っていて、細かい部分にちょっと感動しました。
飲み物もアルコール以外なら、たいていのバッフェは飲み放題です。

バッフェのシステムとしては、まず先にお会計をすると、席に案内されて、
ウエイトレスさんに飲み物を聞かれます。
その後、各自、料理を取りに行きます。
バッフェと言えども ウエイトレスさんがドリンクサービスやお皿をさげてくれたりするので、
バッフェを出る時には、チップを忘れずに。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-11-30 16:26 | アメリカ

ラスベガスと言えば、バッフェ!

ラスベガスの食事と言えば、バッフェ(食べ放題)が有名。
大抵の大きなホテルには、バッフェがあります。

d0108966_1421067.jpg


着いた初日は、サンクスギビング当日。
お友達は、サンクスギビングディナーを楽しみにラスベガスに行くと言ってましたので、
私たちもまずはバッフェのサンクスギビングディナーを目指しました。

本当は、ミラージュを目指して歩いていたのですが、結構、距離があったのと、
MGMのバッフェで、ここはディズニーランドか?と思うくらい並んでいたのを見たため、
近場で、生牡蠣があるというモンテカルロにしました。

d0108966_14355412.jpg


でも ここも並んでいて、30分待ちました。
並んでいる途中、↓の券を持ってる人たちが結構いたので、
チャイニーズのグループの人にどこでもらえるのか聞いてみたら、
答えの代わりに なんと1枚くれたんです。

d0108966_1495371.jpg


これは、1人分の正規料金を払うと、2人目は無料と言うチケット。
なんて優しい人がいるんだ!と記念にこの写真を撮っていたら、
「やっぱり足りないので、その券、返して」と言われてお返ししました(笑)
その気持ちだけで、充分嬉しかったですから。

d0108966_14153063.jpg


d0108966_14421723.jpg


ここのバッフェ、サンクスギビングディナーなのに安くてびっくり。
前回はパリスとアラジンに行ったのですが、もっとしていた覚えがあります。

d0108966_14174240.jpg


まず席について、感動したのが、このキッコーマンのお醤油。
塩コショウと共に各テーブルにあったんです。
アメリカで、とうとうお醤油も塩コショウと並ぶようになったのね、と感激しました。
でも そう思ったのは、ここだけで他のバッフェでは見ませんでした。

バッフェは、サンクスギビングディナーだけあって、ターキーやスタッフィング、
グレービーやマッシュポテト、ヤムやクランベリーソースなどがありました。
期待していた生牡蠣はなかった~(涙)

d0108966_14265877.jpg


これはお友達が取ったプレート。
生牡蠣はなかったけど、結構太いカニ、それも食べやすいように半分に切られていました。
私はこれを1本しか取らなかったのですが、他で食べにくいカニを食べた時に
ここで食べなかったことを後悔しましたね。
隣の家族連れは、まず各自、カニをお皿いっぱい食べてから、他の物を食べていました。

他には、サラダ、ローストビーフ(これが美味しかった)、チャイニーズやイタリアン、
目の前で作ってくれるパスタやモンゴリアンBBQもありました。
味は期待していなかったのですが、結構、美味しくて見直しました。

今、思うと、なんでお醤油があったのか、ちょっと不思議な気もします。
お寿司もお刺身もなくて、直接、お醤油を使うようなメニューはありませんでしたから。
でも ローストビーフにホースラディッシュとお醤油をかけて食べれて幸せでした。

d0108966_1551916.jpg


グレービーや特にアメリカのステーキソース(A1ソース)が好きではないのです。
日本のような和風ソースなんてものはないし。
サラダバーにも日本によくある海藻や和風ドレッシングなどはありませんから。

たいていのレストランでは、ホースラディッシュがあるので、
それにお醤油をかけて食べると、わさび醤油風になって、美味しいんですよ。
日本人が多く、お寿司や日本食が流行っているLAのアメリカンレストランでは、
頼むとお醤油を出してくれるレストランもたまにありますが、
LA以外ではなかったことの方が多いです。

アメリカンの食事で美味しくなかったら、お醤油をかければどうにか食べれる、
ここでお醤油があれば、もっと美味しいのにと思うことがよくあるので、
最近のアメリカの旅行には、いつもお醤油のパックを持ち歩いています(笑)


デザートやフルーツも沢山ありましたが、さすがにお腹いっぱい。

d0108966_1433390.jpg


でも クリームブリュレがお勧めと聞いたので食べてみたら、
本当に甘さ控えめで美味しかった。初めてクリームブリュレを美味しいと思えたかも。
なので、さらに追加。

d0108966_1433437.jpg


もちろん、みんなでわけて食べました。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-11-29 15:09 | アメリカ

ギャンブルは行く前から始まっていた。。。

d0108966_15594126.jpg


ホリデーや連休とは、無関係な我が家ですが、
今年のサンクスギビング・ホリデーは、珍しく人並みに出かけてみました。
行き先は、ニューヨークではなく、ラスベガス。

d0108966_1601849.jpg


5年以上もLAに住んでいながら、去年までラスベガスに行ったことがなかったんです。
ある人には、「え~、行ったことがないなんて信じられない!」とまで言われてました。
その言葉のせいもあって、やっと去年行くことが出来ました。
初めてのギャンブルで160ドルも勝って、楽しかったな~。

去年は、普通の週末に行ったのですが、
今回、サンクスギビングホリデーでホテルを探したら、泊まりたいホテルが安く、
安いということは、すいてるんじゃない?!ということで決めました。



前回は1泊$15という今の時代のラスベガスでは信じられない破格なホテルだったんです。
ラスベガスの大通りから1本離れた場所だったので、便利だったし、
外でひたすら遊んで、ホテルで寝るだけなら、全然問題なかったです。
でも こんなに質の悪いタオルは初めて!というタオルでしたけどね。

d0108966_16425219.jpg


そしたら、今回、そのホテルは検索に引っかからないな~と思っていたら、
閉鎖されていました。。。

d0108966_16203490.jpg


今回は、大通りの南側のホテルにしました。
1ヶ月半前に 1泊$108というホテルがあったのでそこに決めたのですが、
いざ、次の日、予約しようと思ったら、なんと$167になっていたんです!
前日より$59も値上げしているんですよ!仕方なく予約したんですけどね。

その後、たまに値段をチェックしていたのですが、さらに値上げされていて、
あの時点で予約しておいて良かったんだと納得していたら、
出発の2日前に見たら、なんと$150に値下げされていたんです!
私が払った分より $17も値下げ!ガ~ン。。。

72時間前だったら、キャンセルも可能でしたが、
その時点でキャンセルしたら、キャンセル代1泊分取られるので、もう変更しても無駄なだけ。
一応、ホテルに問い合わせしましたが、どうにもならないようでした。
でも チェックインの時に値段が違うことを言ったら、
ホテルの部屋をグレードアップしてくれていたような気がしましたけど。

さすがラスベガス、行く前からギャンブルが始まっていました。
行く前から$59も負けてたんですよ。。。

d0108966_16393749.jpg


ちなみにサンクスギビング・ホリデーのラスベガスは、
アメリカでは休みが多い中、ラスベガスは休みなしでやってる場所なので、
決してすいてはいませんでした。去年の週末より混んでいましたから。

サンクスギビングの木曜日午前11時くらいに出発したのですが、
15のフリーウエイの分岐点辺りで1時間の渋滞。5時間かかりました。

帰りの日曜日は、夕方5時前に出たのですが、
ラジオで「1日中、渋滞」と言ってたくらい混んでいて、6時間かかりました。
あまりにも動かなくて、朝帰りになるかと思ったくらいです。
LA~ラスベガスは、1本しか道がないし、車線が少ないため、
渋滞になったら、どうにも逃げられなくて辛いものがあります。

お友達は、サンクスギビングの朝6時に出たら、10時半にはついてたそうです。
そして次の日、帰っていたから、渋滞にも合わなかったことでしょう。
これが賢いかもしれませんね。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-11-28 16:23 | アメリカ

マブ!

d0108966_1527035.jpg


心の充電をしにちょっと日本へ帰っていました。


いろいろありましたが、今回のヒットの一つがこれ!

d0108966_1529514.jpg


日本に着いた次の日に見つけて、
なんでこんな所にこんな物が売ってるの?!と不思議に思い、
LAに帰ってくるギリギリに買ってみました。

d0108966_15304640.jpg


蓋をあけてみると中にはビニールのカバー。

d0108966_15311151.jpg


ビニールを取ると、ぎりぎりまで入っています。

d0108966_1531343.jpg


今まで食べていた物とは違う感じがしたけど、
とてもクリーミーで、豆の味がしっかりして、美味しかった!
お醤油などをかけずにそのままでも充分美味しい。
デザートにも使いやすそう。

d0108966_15322835.jpg


オボロドーフが入っているなんて思えない斬新なこのパッケージ。
初め、なんで豆腐コーナーにコーヒーカップがあるの?
マブって何?と興味津々で手に取ったんです。

普通のスーパーで200円前後だったでしょうか?
新宿伊勢丹では、丹波産黒豆枝豆を使った物が入って500円で売られていました。

さすがにLAにマブは来ないだろうと、この斬新なカップを大切に持って帰ってきたら、
なんと日系スーパーで売られていました。
しかし、お値段$6.99。 800円近い!
う~ん、まだ買えません。。。

これをもっと小さく、エスプレッソカップ程度の1回で食べられるサイズにして、
値段を手ごろにすれば(だってお豆腐1丁$1前後ですから)
お豆腐をちょっと試してみたい多国籍の方々にウケルと思うんですけどね。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-11-16 15:58 | 日本