美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

嬉しい焼き魚定食!WAKYO


お魚好きの私には、すっごく嬉しいお店が出来ました。

d0108966_15424719.jpg


トーランスのホーソン沿いに出来たWAKYO
今年の7月初めにオープンしたようです。

以前は、元メジャーリーガーの伊良部選手がやってたSUPER UDONがあった場所。
SUPER UDONは、アメリカにしては珍しく、日本の立ち食いうどんのように
気軽にうどんを食べられるお店でしたが、1年も立たずになくなったようです。
代わりにコスタメサにオープンしてましたね。ガーデナ店はまだあります。

さて話を戻して、WAKYOを知ったのは、ロサンゼルスの生活情報誌ライトハウス
そこに”鮮魚卸売問屋直営”とあったので、期待大でランチに行ってみました。
お店が出来た次の週だったので、どうかな~と思ったのですが、結構お客さんが入ってました。
日本人だけではなく、アメリカ人のビジネスマンなども入っていました。

初めてだし、鮮魚卸売問屋直営ですから、期待するのはお刺身。

d0108966_1526193.jpg


ということで、まずは海鮮丼!

d0108966_15264765.jpg


こちらは、ちらし寿司。
海鮮丼との違いは、丼と酢飯かどうか(ちらしが酢飯)、玉子焼きの数(海鮮丼が1枚多い)
値段の違い(海鮮丼がちょびっと高い)かな?!

お刺身はさすがに新鮮で、1枚が大きく、とても食べがいがあります。
私の好きなお店のちらし寿司は、$24でしたから、
その半分以下の値段で(正確な値段を覚えていません、また行ったら更新します)、
美味しくて、おなかいっぱいになれるなんて、幸せ~。
高級店のように洗練された感じはしないけど、庶民的なボリュームと価格がいいです。

一緒に行ったお友達と何度も「幸せだね~」と連呼してしまいました(笑)
日本で当たり前なことでも こちらではすごく幸せだったりするんです。

そうそう、そのお友達がまた行って、ちらしを食べたら、
お刺身は私と一緒に食べた時の方が美味しかったと言ってました。
日によって、差があるようです。

d0108966_15315045.jpg


こちらは、日替わりメニュー。$8代。
この日は、サバの柚子胡椒焼きとマグロのタタキでした。

サバの半身に柚子胡椒をつけて焼いているようですが、あまり味がしませんでした。
きっと焼いた時にサバの脂が出るので、それで流れてしまったんじゃないかしら?
焼いてからつけた方が、柚子胡椒の味が引き立つかも。

でも こういう工夫はいいですね。
それもこちらでは貴重な柚子胡椒ですから!ポイント高いです。
家でもやってみようと思いました。

サバだけでも充分だったのですが、
これにマグロのたたき、それも大きい切り身が5枚もついてきて、もう大満足。

こういう日替わり定食や焼き魚定食などには、お味噌汁、ご飯、サラダ、
それとこんな大きいカリフォルニアロールは初めて!というのが2つもついてきます。


d0108966_15382348.jpg


こちらは、ハマチのカマ焼き。$5代。
カマというと食べる部分があまりないような気がしますが、
結構、大きなカマなので充分ご飯が食べられます。
これに大根おろしがついていると、もっといいんだけどな~。

他にも秋刀魚の塩焼きなんかもあります。こちらは大根おろしがついてました。
焼き魚は、ちょっと焼きすぎ?!と思う時もたまにありますが、
アメリカで焼き魚を気楽に食べられるという嬉しさで、許しちゃいます(笑)

アメリカは、お食事代のほかにチップ(お食事代の15~20%)とTAX(8.25%)がつくので、
下手したら日本よりも高いことがあります。
トーランス界隈の日本食レストランのランチは、トータルで$10を超えるのが多いけど、
こちらのお店は、チップを入れても$10以下で終わるという嬉しいお店。
注文したら結構早く出てくるし、ランチに通うには、お勧めです。

お寿司やいろんなお魚料理もあるので、通いがいがありそう。
私もまだまだ行きますよ~.

注・・・・すでに閉店しました。2008年
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-29 16:16 | 日本

ルートビア好きに捧ぐアイスクリーム

ルートビア、いつの頃からか、好きになりました。
日本の輸入雑貨店などで、ルートビアを見かけると集めていました。

日本に入っているメーカーは限られますが、
さすが本場アメリカは、ルートビアの種類も多いです。
普通に売ってるし、スーパーマーケットでは3リットルボトルのような大きいのが売っていたり、
ルートビア味のキャンディーやのど飴なんかもあります。
レストランやファーストフードでは、ソフトドリンクで飲み放題だったり。


最近、発見したのが、これ!


d0108966_1424063.jpg


ルートビアフロート味のアイスクリームです。

A&Wのルートビア、沖縄では有名ですね。
A&Wのジョッキにルートビアを入れて、
バニラアイスクリームを浮かべて食べるルートビアフロート。
沖縄に行った時、重いジョッキまで買ってしまいました。

でも A&W、LAではあまり見かけません。
以前はビバリーセンターのフードコートに入っていたけど、なくなってしまったし。
他のファーストフードと一緒になってるお店が多いです。

このアイスクリーム、NEWって書いてあるから、最近出たのでしょう。
ルートビア味ってありそうでなかったんですね。
他のメーカーでも出していました。
それも8月までの期間限定です。

食べてみたいけど、大きすぎるんですよ。
私にはそこまで食べる勇気がありません。小さいサイズでいいんだけどな~。

ルートビア好きさん、アメリカまで食べに来てください!
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-27 14:21 | アメリカ

アンビリーバボーなレモンチキン!

ひさしぶりにやられました(涙)。

夕食は疲れて作る気がしなかったので、外食となったのですが、
ここで食べたい!というお店が浮ばず、走りながら決めて入ったのが、
とあるチャイニーズレストラン。

このお店、オープン当時、初めて行った時は結構美味しかったんです。
さらにグランドオープニングで、半額セールをやっていたもので
1週間のうちに3回も行ってしまいました。
北京ダック1羽も半額で、$6(720円くらい)でしたよ!日本では信じられない値段でしょ。

でも グランドオープニングセールの最終日の3回目の時、
「美味しいんだよ~」とお友達を連れていった時から、すでにおかしかった。

北京ダックの皮や味噌がそれまでと違っていたり、味も違い、
私がお友達を連れてきたことを後悔するくらい、
「美味しいんだよ~」という言葉を見事に裏切ってくれたのです。

そんな思い出のあるレストラン。
だったら、行かなきゃいいのに旦那には初めの美味しい記憶が強いのか、
忘れた頃に行くのですが、行くたびにもう来ない!と思う私。

なのに今日もまた旦那が入ってしまったのです(涙)
でも 閉店に近い時間だったのにチャイニーズの方でお店はいっぱい。
これは、ちょっと期待できるかも!と思って、注文。

d0108966_14473228.jpg


まずは、春巻きの怖い話を聞いたばかりだったのに やっぱり春巻き食べたくて。
ここの春巻き、シナモンの味がする皮を使っているみたいです。
アメリカのスーパー、うっすらシナモンの味がする春巻きの皮が売ってるんですよ。
バナナなどのデザート春巻きならいいけど、おかず春巻きにするのは好きじゃありません。
もとから、シナモンは好きじゃないから余計に。
春巻きは、なんでこんなに油が出るの?と思ったけど、味はまあまあ、中の下。

手前は、干炒牛河 Dry Style Beef Chow Fun。
ビーフと腸粉を細切りにした麺(お米で出来た麺)、もやしなどを炒めた物。
これもちょっと油っぽかったけど、見かけを裏切らない好みの味で、美味しかったんです。

「前より美味しくなったんじゃない!期待できるね」と、このお店の好感度がグーンとアップ。

でも 麺類って、普通、あとから来ない?
他のおかずが出てくるまでに この麺だけでお腹いっぱいになっちゃうよ。
でも 美味しいから、まあいっか~。

あれ、隣のチャイニーズの団体の方々、
トレーダージョーで$1.99で売ってるワイン飲んでない?
持ち込みなんじゃないの?

と、ここまでは前向き発言も出ていたのです。


やっと次のおかずが出てきた!と思ったら、見るからに怪しげなレモンチキンが登場。

d0108966_1553850.jpg


テーブルに置かれた時、もし目隠しをされていたら、デザートが来たと思うことでしょう。
だってね、匂いがバニラのような甘い香りなんですよ。

d0108966_1591774.jpg


さらにこの色。
写真でうまく色が出せなかったのですが、日本で言うとレモン味のカキ氷シロップの色。
いかにも人工着色料の黄色なんです。

どういう料理かと説明すると、いかにもレモン色したバニラ風味の甘ったるいデザート用ソースが、鶏胸肉を簡単フライ(パン粉をちょろっと着けただけ)したものにかかっていました。

もっと簡単に言えば、チキンカツにデザートソースをかけたって感じ。
アンビリーバボーでしょ~!!!

檸檬鶏片 Pan Fried Chicken Breast with Lemon Sauceという料理名なのですが、
レモンとチキンはあってるけど、これを料理と言っていいのでしょうか?
このソース、手作りなんかじゃなくて、絶対、市販のデザート用ソースですよ。
もしや、これって私たちへのいじめ?とも思ったくらい。

アメリカのチャイニーズレストランでよくあるオレンジチキンのような料理、
衣をつけて揚げたチキンが甘辛い醤油ベースにオレンジが入ったソースで炒めてある感じで、
そのレモン版かしら?と思っていたのですが、想像を絶する料理でした。
ソースくらいちゃんと作って欲しいものです。

まだ、ソースと混ぜられてはいなかったのが、せめてもの救いで、
私はソースがかかっていない下の方のチキンにお醤油をかけて食べました。

これで一挙にお店の好感度は、ダウンもダウン。
前向き発言撤回です。

d0108966_152423100.jpg


これはポークチョップ。
ポークチョップなんて普段食べないからわからないのですが、
豚肉にしっかり下味をつけて、フリッターのように揚げてあります。
それにニンニク、ネギ、唐辛子を炒めたソースがかかっていました。
これも美味しかったです。
きっと隣の人が頼んでいたら、「あれはどの料理?」と聞いていたはず。

でも 先ほどの衝撃が強すぎて、好感度は全く上がりません。
選んだメニューが悪かったのかもしれないけど、
やっぱり、あのレモンチキンを堂々と出せるお店が信用ならない。
本当にそういう料理なのかな~?


あと面白いな~と思ったのが、お箸の色。

d0108966_15401618.jpg


緑なんですよ。
このお箸で、麺を取っている時に お箸が青ネギに見えてしまって、
そのまま食べてしまいそうでした(苦笑)。

もう絶対来ないからね~と心に誓いつつ、お店を出ようとしたら、
ZAGAT RATEDのシール発見!!!これまたびっくりです。

こんなレモンチキンを出すお店をZAGATは選んでいるなんて、信じられない。
何を基準に選んでいるのか、こんなレモンチキンがあることを知っているの?
実は、このジャンキーなレモンチキンが好きだったりして~?などと想像が膨らみます。

ド田舎のチャイニーズならまだしも ちょっと行けばチャイナタウンもあるし、
チャイニーズの方も多いというのに こんな料理を出せるなんて本当にびっくりでした。

やっぱりLAで美味しいチャイニーズを食べるには、チャイナタウンに限りますね。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-23 15:56 | 中国・台湾

tugukiさんの絶品なタレ!

日本の暑さ、少しは落ち着いたのでしょうか?
先日、楽子さんから線路がゆがむほどの猛暑もひと段落してきたという話を聞いたのですが、
その途端、その猛暑がLAに飛んできたようです。
この週末の3,4日、いつもは湿度が低いLAなのに日本のように湿度が高く、
暑くて夜中に起きたほど。
月曜日になって少し落ち着いてきましたが、本当に暑かったです。
日本は、これがずっと続くのですから、大変ですよね。

暑い日は、どうしても涼しげなものが食べたくなりますね。
と言ってもこれは暑くなる前に作ったのですけど。

d0108966_13482399.jpg


冷しゃぶサラダをtugukiさんのラムしゃぶのタレでいただきました。

tugukiさんのブログは、多国籍なメニュー&斬新で豊富なアイディア満載のレシピが多く、
いつも「へぇ~」とか「お~!!!」と思いながら、楽しみに読ませていただいています。
このラムしゃぶのタレは、北海道に住むお母様のオリジナルだそうです。

ラムが得意でない&あまり食べたことがない私ですが、
このタレのレシピを見た途端、ピーン!ときましたね、これは絶対、私好みの味だと。

私は、自家製のタレを作るのが好きで、
冷蔵庫には、私の代表レシピ万能かぱだれはもちろんのこと、にんにく醤油
ひかる♪さんの讃岐風かえし、今ちょっとはまっていたニラ醤油、梅醤油、梅味噌など、
いろんなタレがあります。

tugukiさんのタレは、材料からして私の好きな物ばかり。
白ゴマ、味噌、砂糖、しょうゆ、酢、みりん、だし汁、おろし生姜、おろしにんにく、
にんにく醤油、ごま油が入っているのですが(ちゃんとした作り方はここをクリック
なんと言っても味噌が入っている所が一番惹かれた理由かも。

レシピを見つけた時はいつか作ろう!と思ったのですが、
その数分後に ラムはないけど薄切りの牛肉と豚バラがあったことを思い出し、
家にある野菜やわかめなどを使って、冷しゃぶサラダにしてみました。
作ったのが平日で、にんにくの匂いを手につけたくなかったので、
タレの材料をミキサーでガ~っと回し、作ってみました。

タレの味は、想像の通り、美味しくって、まさしく好み!
我が家の常備ダレに決定です。
tugukiさん、美味しいタレのレシピをありがとうございます。
お母様にもよろしくお伝え下さいませ。

さらに活用して、キャベツとベーコンの炒め物に使ったり、

d0108966_14154330.jpg


このケールと木耳の炒め物に使ってみましたが、どれもとっても美味しい仕上がりになります。
野菜を炒める時点で少し塩をしたのですが、タレにしっかり味がついているので、
薄味好みの方は、塩はいらないかもしれません。
今度は、麺料理にも使ってみたいな~と考えています。


d0108966_1418443.jpg


ちなみにケールの炒め物を作った日の夕食です。
普段は、tugukiさんのように名のつく料理を作っていないので、
ブログには恥ずかしくて出せないのですが、この日は珍しくネギトロ丼!!!
日本ではよく食べていましたが、こちらでは何年ぶりに食べたのかしら?という気分です。

たまたま家に長いもといただいた茗荷があったので、ごはんに両方刻んだ物をのせて、
まぐろの中落ちに青じそと我が家のネギをかけてみました。
長いもも茗荷も青じそも中落ちも日本では当たり前にあるのでしょうけど、
LAの我が家では、貴重品、ご馳走品なんですよ(苦笑)

本当は、中落ちに味をつけたい所でしたが、貴重な茗荷を味わうためにやめて、
鹿児島のお醤油とわさびをかけていただきました。
でも 鹿児島のお醤油は、お刺身には美味しいけど、
ネギトロ丼には、さらっとしたキッコーマンなど普通のお醤油が合う気がしました。

餃子のタレにも使ってみたのですが、美味しかったです。

あと、以前に書いた我が家の茗荷、2鉢ともすくすく成長していたのですが、

d0108966_1447728.jpg


この写真のように5月あたりから1本づつ枯れていき、2鉢とも全滅してしまったんです。
どうして~(涙)

でも 鉢はそのままに 時々、お水をあげていたら、
この週末、1本、新しい芽が生えてきていることを発見しました!!!
根が死んでいなかっただけでも感謝。
また復活してくれることを祈ります。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-21 14:55

じゅるじゅる~な桃

去年の帰国は、訳あって”梅雨から夏にかけて”でした。
カリフォルニア体質になってしまった私は、あまりの湿度に参ってしまい、
その時期に帰るのは、もうやめよう!と心に誓ったくらいです。

でも この時期に帰って、良かった~!と思った物がありました。



                     それは、


d0108966_13414894.jpg


                       桃!

今まで秋に帰ることが多かったので、久しぶりのじゅるじゅるな桃が美味しかったのなんの!
何年ぶりに食べたことか!

皮を剥くだけでもじゅるじゅると汁が滴るような、一口噛むとトロけるように柔らかく、
ジューシーな果汁と魅惑な甘さがお口いっぱいに広がる桃。
アメリカに来るまで、こういうのが桃だと思っていました。

もちろん、アメリカにも桃はあります。
ホワイトピーチ、イエローピーチ、ドーナッツピーチなど、
山のように積まれていて、美味しそうに売られています。

こちらに来た頃、桃だ~!と喜んで買い、
紙袋に入れて柔らかくなるのを数日待ったのですが、全然、柔らかくならない。
いろんなお店で買ってみたのですが、どれも全然、柔らかくならないのです。
美味しいのに当たれば、甘いのですが、でも 固いんです。

固い桃って、想像できますか?
初めて食べた時は、本当に衝撃的でした。
全然、じゅるじゅるしないんですよ(涙)

また、こちらには、固い桃の皮を剥かずに食べる人がいるのです。
桃のガサガサな皮を剥かずに食べるなんて!と、これもびっくりしました。

d0108966_14482197.jpg


これがUFO。
ドーナッツピーチですが、アメリカのスーパーで売られている中では
日本の桃に近い柔らかさがあり、見つけた時は、はまりました。
でも 小さくて、その形から皮が剥きにくいのが難点。
これこそ、皮を剥かずに食べたらいいのかもしれませんね。

あきらめずに探していた私は、4年前くらいにコリアンスーパーで”水蜜桃”に出会いました。
それも見切り品だったため、3つで$1のパック売り。
なんたって見切り品、売れなくなる寸前でしょうから、
柔らかくて、甘くて、日本の桃だ~と感激したことがありました。

水蜜桃は、日系スーパーやコリアン、チャイニーズでしか見たことがないですが、
柔らかくて、日本の桃に一番近いです。
と思いつつ、先ほど水蜜桃について調べてみたら、日本にもある桃の種類だったのですね。
私はてっきりこちらで日本のような桃のことを漢字でこう書くのかと勝手に思ってました。
一つお勉強になりました。


そして、去年から気になっていた桃がこれ。

d0108966_1444328.jpg


木箱に入って売られています。
Grown and packed by M. FUKUSHIMAですから、
フクシマさんが作ったのでしょう。
そういえば、福島県も美味しい桃の産地ですよね。
もしや福島産?!とも思いましたが、USA産でした。

日本人の名前と、他の桃より少し柔らかかったので買ってみたかったのですが、
バラ売りをしていなかったため 箱買いがなかなか出来ませんでした。
いざ買おうと思った時には、すでに売り切れで、去年は買えずに終わりました。

そしてコリアンスーパーで、今年も出始めたな~と思い、触るんだけど、固い。
もうちょっと後で買おうと思ってたのですが、
今日、出会ったフクシマさんは、いつもより値段が安く (18個入りで$11.99)
触ってみたら、すごく柔らかい。
でも シワシワなのもあるし、古いのかな?とも思ったのですが、
どれも柔らかいので、買ってみました。

一つ、冷やして、剥いてみたら、剥くだけでもじゅるじゅる~! 
お口の中でもじゅるじゅる~で、日本を思い出させます。
甘さが一つ足りない気もしましたが、この食感を久しぶりに体験出来ただけでも満足です。
まだまだあるので、もっと甘い桃があることを期待しましょう。

d0108966_14144723.jpg


左上に SUGAR GIANI PEACHESと書いてあります。
GIANIの意味を調べてもわかりませんでした。
もしかしたら、GIANTのTの上の棒が消えてるのかしら?

今まで箱を見ても気づかなかったし、ここまで柔らかい桃はなかったので、
もしかしたら、柔らかい桃を差すのかな~と、また勝手に思ってみたりしています(苦笑)
またスーパーで箱を見たら、チェックしてみましょう。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-09 15:03 | お勧め品・お道具

欲しかった物、発見!


この存在を知ったのは、いつのことだったかしら?

d0108966_1550623.jpg


williams sonomaでセールしているのをネットで見かけて、
買おうと思って、お店に行った時にはもうなかった。
手に入らないと、ますます欲しくなりますね。

すっかりその存在を忘れていたのですが、
つい最近、出会ってしまいました。

使う頻度は絶対少ないと思うけど、またいつ出会えるかわからないので、
買ってしまいました。
こういうお道具、大好きなんです。
他にもいろいろ使えないか、考えてみようと思います。

レジの人が、「これは何?どうやって使うの?」と聞いてきました。
どっちがお客かわかりませんね(笑)
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-03 16:11

チャイナタウンでお寿司

Lotus Festivalで昼寝をした後、どうしようか~?となって、
なぜか食いしん坊トリオの私以外の2人は、火鍋モードに!
この暑い日に?!と思いつつ、
でもスーパーもあるし、火鍋食べて、その後、カキ氷で冷えればいいか~と、
モントレーパークまで行っちゃいました。

食いしん坊トリオで会う時は、ランチに集合したら、夕食までがセットです(笑)
せっかく会ったのだから、大いに楽しまないとね!

チャイニーズスーパーで買い物をした後、火鍋へと歩いていたら、
以前も日式のレストランがあった場所に新しいお寿司屋さんがオープンしていました。

d0108966_14331284.jpg


”MANEKI”という店名、絵のまねき猫から来てるんでしょうね。
それにまねかれたというよりも
”グランド・オープニング ロール寿司50%オフ!”に3人とも釘付け。
「火鍋はいつでも食べられるけど、50%オフは今だけだよね~」と(苦笑)

チャイナタウンで日本食に入ったことはないというか、あえて入らないのですが、
3人とも50%オフが気になるところ。
ただ、心配なのは、場所柄、絶対、日本人がやってるとは思えない。

ちょっと前にもリトル東京でロール寿司50%オフにつられてあるレストランに入ったんです。
そこは場所が悪いのか、私がこちらに来てから4回もお店が変わるほど、
お客が入ってなかったのですが、今回のレストランはアメリカ人で大賑わい。
なので期待したのですが、ロールのご飯がべチャべチャだったのでガッカリ。
アメリカ人で賑わってる所に期待したのが間違いでした。
こういうお店は、たいてい日本人以外がやってます。
この部分に関して、書きたいことがあるのですが、今回はやめておきましょう。

まあ、はずしたとしても50%オフなら、許される?!ということで、
入ったけど、チャイニーズの方々が並ぶほど混んでいたので、出ようとしたら、
お店のちょっと偉い感じのおにいさんがわざわざ来て、カウンターに座らせてくれました。

万が一のことも考えて、ロールを少しだけオーダーすることに。

d0108966_15194441.jpg


サーモンロールとウナギのロール。
ウナギのたれは、アメリカによくありがちな甘ったるいテリヤキソースではなく、
さらっとしていて、結構いいお味。

d0108966_1520148.jpg


カリフォルニアロールの上にダイナマイト(貝柱のマヨネーズあえ)が乗ってました。

d0108966_15201648.jpg


はまちのロール。

d0108966_15203514.jpg


スパイシーツナと鉄火巻き、もう一つは忘れました。
でも 鉄火巻き頼んでなかったので、それを伝えたら、間違えたことに気づいたのか、
”House” お店からのサービスにしてくれました。
ここの寿司シェフ、韓国語と中国語と英語をしゃべってました。すごいな~。

d0108966_15211340.jpg


サーモンスキンロール。
アメリカで初めて知ったのですが、皮好きにはたまらない一品です。
焼いた鮭の皮が、たいてい山ごぼうの漬物と一緒に巻かれています。
美味しいんですよ。

日本では鮭の皮を食べない人がいますが、
皮好きな私から見えれば、なんて勿体無いことをするんだ!と思います(笑)
こちらのお魚のアラコーナーでは、皮だけも売ってるのですが、
身が数mmから1cm程度ついているので、皮だけでも充分料理が作れるんです。


d0108966_15213167.jpg


初めに食べたロールがどれも美味しかったので、これなら大丈夫といろいろ頼んで、
最後には、オイスターショットまで(笑)
このトリオ、牡蠣好きなんです。
三杯酢に生牡蠣とイクラまで入っていて、とっても美味しかったです。


d0108966_15252277.jpg


日本人以外のお店にしては、まともだったし、美味しかったので、
ここならまた来てもいいかな~と思いつつ、お店をさりました。
店員さんも「美味しかった?今度はいつ来るの?」とフレンドリーで感じが良かったです。

でも わざわざ遠くのチャイナタウンにまで行って、チャイニーズを食べないなんて寂しい。
また行くまで、チャイニーズモードは消えないでしょう。

50%オフにつられましたが、初めからその程度の値段なのかもしれません。
だって、初めから立派なメニューの中に書かれているのです。
期間限定だったら、立派なメニューではなく、別にメニューを作るでしょうから。
でも こういう一言があると、人間弱いですね。。。

d0108966_15581857.jpg


この後、リトル東京で、こちらでは珍しいクリームソーダを飲んで解散しました。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-01 16:09 | 中国・台湾