美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Lotus Festival

ご飯を食べた後に行ったのが、
Echo Parkの池の周りで毎年行われるLotus Festival。
アジアや太平洋沿岸の多国籍なお祭り。7月13~15日にやってました。

d0108966_11484818.jpg


このお祭りは、ロサンゼルス市がやってるため、入場無料。
入場料を取るお祭りでも全然大したことないのがいっぱいありますから、
このお祭りは、無料の割りには、充実しています。
駐車場も数ヶ所あって、そこからシャトルバスも出ていますが、すべて無料です。

そうそう、今回、某日系雑誌に入場料$25と書いてありましたが、
いつも無料なのにおかしい!と思い、
フェスティバル主催者に直接、確認した所、やっぱり無料でした。
そういう情報は、正しく書いてほしいものです。
きっとそれで行かなかった人もいたでしょうね。

d0108966_11574839.jpg


LOTUS FESTIVALとその名のごとく、エコパークの池には、蓮の花が咲くのです。
エコパークの池は決してきれいではないけど、ダウンタウンのビルが見えるので好きです。

d0108966_11593564.jpg


d0108966_1203755.jpg


大きな池の一部に蓮が育っています。
今年は、例年より蓮の量が少なかったです。

池の周りにフードコート、民芸品、各国の案内、ロサンゼルス市警察、図書館、その他、
沢山のテントが出ていました。

d0108966_1283323.jpg


d0108966_1284815.jpg


舞台では、各国の出し物が行われます。
池では、ドラゴンボートのレースもやってました。

d0108966_12101775.jpg


スターバックスのトラック初めて見ました。
トラックに書いてあるラズベリーモカを無料で試食させてくれました。


私がこのお祭りに来る一番の目的は、美味しいソムタム!
ソムタムとは、タイ料理の青パパイヤを使って作るちょっとスパイシーなサラダ。

一番最初にこの料理を知ったのは、お料理バンザイだったか、テレビでした。
猿岩石が旅先で食したとして、このソムタムを作っていたのですが、
味を全然想像できないし、美味しそうにも見えなかったのです。

タイに遊びに行った時、タイに住む友人が2番目に食べさせてくれたのが、このソムタム。
あれだ~、これじゃなくてもいいのに~と思って食べたら、あまりの美味しさにびっくり!
それから、大好きになってしまいました。

今ではタイ料理に行くたびに頼みますが、美味しいソムタムに出会ったことがなかったのです。
LAのタイ料理は全般的に甘いしね~。
でも 数年前に初めてこのお祭りに来た時、
タイ人のおばあちゃんが作るソムタムがすごく美味しくて、そのために通うようになりました。
フードコートの屋台は、普段お店を開いている所もあるのですが、
おばあちゃんは屋台のみらしく、ここでないと食べられないのです。

今年も探したのですが、そのおばあちゃんの看板がなくなっていて、すご~くショック。
でも そのままでは帰りたくなかったので、おばあちゃんと同じ、
カニを使っているソムタムがあったので、それを注文してみました。

d0108966_12193477.jpg


だけど、どこにもカニは入っていなくて、乾燥海老で作られていました。
見本のうそつき~。味はまあまあでしたけど。
これでこのお祭りの魅力半減です(苦笑)

d0108966_12213195.jpg


d0108966_12215814.jpg


今回の面白い発見は、これ。
メキシカンのお兄ちゃんが茹でたトウモロコシに一生懸命塗っているのが、マヨネーズ!
満遍なくマヨネーズを塗り塗りして、そこへパルメザンチーズ!さらに溶かしバター。
そしてぱらっと塩を振り、買う人に「チリかける?」と聞いてから、チリパウダーを一振り。
そんな食べ方、初めて見た~と釘付けになっていたのですが、
さすがに買う勇気はございませんでした。

d0108966_1314660.jpg


d0108966_12253955.jpg


他に子供のために移動遊園地などもあります。
このジョーズは滑り台。お金を払って、すべるんですよ。
いろんな形があるけど、ジョーズは初めて見ました。

d0108966_12264977.jpg


食べた後は、芝生の上でゴロンとしていたら、3人とも陽がかげるまで寝てしまいました。

d0108966_12281195.jpg


この後、モントレーパークまで行ってしまったので見れませんでしたが、
夜は花火が上がるんですよ。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-07-30 13:07 | タイ

牡蠣のビビンパ

あるお昼過ぎ、食いしん坊トリオでお祭りへ行こうと出発したのですが、
「暑いね~」そして「ちょっとお腹すいたね~」
「お祭りであんまり美味しい物ないかもよ」ということで、
まずは、冷麺を求めてコリアンタウンへ行きました。

冷麺には、冷たいスープのムルレンミョンとスープなしのビビンネンミョンがあります。
韓国に行った時、はまってしまったのが、ビビンネンミョン。
スープの代わりに赤の辛いソースがかかっていて、よく混ぜて食べるのです。
韓国の裏路地の小さいお店で食べたのが一番美味しかったな~。

でも 暑い時は、ムルレンミョン。
スープに氷が入っているので、夏じゃないと寒くて。

この日は、冷麺が美味しいというお店に行ったのですが、
メニューで釘付けになったのが、冷麺じゃなくて、なんと牡蠣のビビンパ!
初めて出会いました。

牡蠣は、あまり好きではなかったのですが、
六本木の全日空ホテルに泊まった時に近くのAUX BACCHANALESで、
北海道産の1つ800円の立派な生牡蠣を食べたんです。
あまりの美味しさにもう一つおかわり!と食べたくらい美味しくて。
それから、アメリカに来ても機会があると生牡蠣を食べています。

まあ、ビビンパは火が通ってしまうから、生牡蠣じゃないですが、牡蠣ですから。
メニューの写真は、立派な牡蠣がいくつも入っていました。
私は、牡蠣のビビンパを。他の人たちは冷麺にしました。

d0108966_13482910.jpg


韓国料理店は、初めに小鉢でいろいろ出てきます。おかわり自由。
そうそう、ここはチヂミが小鉢で出てきて嬉しかったです。

d0108966_13494474.jpg


冷麺。この日は、氷が少なかった。。。

d0108966_13502130.jpg


そしてこれが牡蠣のビビンパ。
沢山のニラの下に牡蠣がありました。
でも 写真より牡蠣が小ぶり。きっと冷凍の牡蠣だろうな~。

さあ、混ぜ混ぜと思ったら、ご飯の下に何かある!
そこには、なんとダシで煮た大根が沢山入っていました。

これでは大好きなおこげが出来ないじゃないですか!!!
そして混ぜると、この大根のおかげで水っぽいビビンパが出来上がり。

大根いらな~い!

我が家には、石焼ビビンバの鍋があるので、今度は自分で作ってみましょう。
もちろん、大根なしで!
[PR]
by kapacyan18 | 2007-07-29 14:00 | 韓国

かんさんに捧ぐ大きな木

ゆずとんからしでお世話になったO.C. Kitchenのかんさんが大きな木がお好きということで、
前から気になっていた大きな木をちょっとご紹介。

d0108966_14575881.jpg


車から降りて写真を撮っていないので、あまりいい写真ではないですが、
大きな木だと思いませんか?

ちなみに後ろに見える高いビルは、センチュリーシティーのFox Plaza Building。
と聞くよりは、映画”ダイハード・1”の舞台に使われたナカミチビルです。
撮影に使用された24階のペントハウスには元大統領レーガンの事務所があったそうですよ。

d0108966_15927.jpg


これは、反対側から見た写真。
どれだけ大きいかって、よ~く写真を見てください。

たまにこの道を車で通っていたのですが、
ある時、これって大きな木だな~とよく見たら、

なんと、木の半分が、車線3車線分あるんです!

d0108966_1510123.jpg


でも 木の反対側は民家にかかっているので、道路側ほど大きくはなさそう。
それにしても大きいですよね。

こういう街路樹はきっと都市計画で植えられたものだと思うのですが、
よく見ると大きな木があったりします。

LAは、街路樹やフリーウエイ脇、公共の場所に植物があります。
滅多に雨が降らないLA、とても乾燥しているので、
わざわざスプリンクーラーでお水をあげてまで、育てているんですよ。

日本へ帰るたびに思うのですが、
タダで雨が降るんだから、もっと公共の場所に植物を植えたらいいのにと思うのですが、
そういう気持ちの余裕ないのか?価値観が違うのでしょうかね?
それとも雨が多いだけに雑草も多いから、手がつけられないのかしら?

きっとアメリカでも税金でまかなわれているのでしょうが、
税金の無駄使いとは思わないし、緑や花が多くて、気持ちがなごんでいいな~と思うのですが。

日本から来た時は、LAの街中なのに緑が多いな~と思っていましたが、
東海岸へ飛行機で行った時には、LAの緑は作られた物だったのねと気づきました。
東海岸へ行くに連れて、緑が深くなるのですが、
LAに近づくに連れて緑が減り、砂漠っぽくなり、
LAの街は、道路に沿って緑があるという感じでした。
作られた緑だったとしても緑があるとやっぱりいいですね~。


かんさん、いかがですか?
もし見たい場合は、 ON OLYMPICで、WESTWOODの交差点付近です。
このSUBWAYを目指してくるといいかもしれません。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-07-24 15:42 | アメリカ

日曜日の朝食 なめろう&風に吹かれて豆腐屋ジョニー

やっとリトルインディアから解放?
本当はもう一つ書きたいことがあったのですが、またいつか行った時にしましょう。

今日は日曜日。
たいていの週末は、10時以降に起きるのですが(これでも早くなった方・苦笑)
今日はなぜかめずらしく8時15分に目が覚めて、眠かったのにもかかわらず、起きたのです。
私をご存知の方はわかると思いますが、予定がないのに早く起きるのは、すごく珍しいこと。


で、早起きした朝に私が何をしたかって?
たぶん、当てられる人はいないでしょうね。


d0108966_93574.jpg


朝から鯵をさばいていました(笑)

ぼ~っとネットを見つつ、ふと冷蔵庫の中身、昨日買った生の鯵を思い出したんです。
ご飯も炊いてあるし、鯵で何かを作ろうかな~と。
鯵は5尾あったので、塩焼きにするにしても二人だと1本余るな~、
日本からの空輸、刺身用とあれば、迷わず鯵のたたきやお刺身にしたいけど、
今回のはUSA産 WILDなのでちょっと心配。
でも 結構、新鮮そうだから、なめろうにして、お茶漬けでちょっと熱を加えることに決定!

アメリカでお魚は、私の中の貴重品。
あまり気楽に買えないから、お魚をさばくことも滅多にありません。

日本で船釣りに行った時、初めイサキ狙いだったのにあまりの収穫のなさに
メンバーを釣りの超初心者と判断した船頭さんが鯵釣りに変更してくれたんです。
おかげで入れ食い状態、私はメンバーの中で2位の52匹釣りました。
その後、メンバーの鯵を合わせて、合計100尾近くをさばいて、
いろんな料理にしたことがありました。楽しかったな~。

そんなことを思い出しながら、お魚さばくの大丈夫かな~と思いましたが、
きれいな3枚おろしが出来てちょっと安心でした。まあ鯵は簡単ですからね。
そうそう、旦那の結婚の条件に”魚がさばける人”とあったんですよ。

その後、3枚におろした鯵を細かく切って、そこへベランダのリバーシブルの紫蘇
生姜のみじん切り、青ネギのみじん切りを入れて、包丁で混ぜました。
リバーシブルの紫蘇、今年は苗が買えなかったのですが、去年の種がこぼれたようで、
1本だけ育っているんです。まだ小さいけど、家に紫蘇があると助かります。
さらにそこへ鹿児島から持ってきた麦味噌を入れてよく混ぜて、出来上がり!

d0108966_9102571.jpg


麦味噌の色が濃かったのであまり美しくないですね。
これに鯵の骨から取った出しをかけて、いただきました。
朝から幸せ~。

それと、”風に吹かれて豆腐屋のジョニー”も食べたんです。
日本で有名なジョニーですが、去年だったか日系のマルカイで売られた時がありました。
嬉しかったけど、お値段が$8.98でとても手が出せなかったのです。

最近、このジョニーの会社が本格的にこちらで販売すると聞いて楽しみにしていたら、
日系スーパーのニジヤからこんなハガキが来ました。

d0108966_9192037.jpg


このハガキの1週間前から売り出されたみたいですが、2,3日後に行ったら、
商品は売り切れでした。

たまたま今回、売り出し開始日に行ったら、

d0108966_9251936.jpg


d0108966_9253833.jpg


d0108966_9255743.jpg


d0108966_92754.jpg


d0108966_9273489.jpg


すごい宣伝と豊富な商品。
さらに狭い店内なのに2ヶ所で試食コーナーが出来ていました。

日本で食べた時、あまりジョニーは好きではなかったのですが、
試食で食べたら、一番好みで、ついつい買ってしまいました。
お値段も以前に比べて買いやすいし。
ジョニーは、何も味を加えなくても充分美味しいですが、今回は、塩とごま油でいただきました。
デザートにも使えそう。

これから、末永く販売続行していただきたいです。

d0108966_9484136.jpg


そうそう、男前の前掛けを買おうか迷ってます。でも 使うのかしら・・・・(笑)
[PR]
by kapacyan18 | 2007-07-23 09:51 | 日本

リトルインディア(7)~マンゴの王様 アルファンゾマンゴ!衝撃の結末

マンゴの王様と言われるアルファンゾマンゴ!
1つ$3.5というLAの中ではお高いマンゴでしたが、
前回、手に入れました。

d0108966_13233441.jpg


アルファンゾマンゴは、アップルマンゴを一回り小さくしたような形です。
貴重なこのマンゴを味わうにあたり、
最高の状態で食べたい、汁も1滴も残さずに食べよう、とか、
さぞかし美味しいだろうな~、マンゴの王様はどんな味?な~んていろいろ考えていました。

ケサールは、マンゴの食べ頃と聞いた良い香りがしたので、すぐに美味しくいただきましたが、
アルファンゾは、全然その気配がなかったのです。
毎日のように匂いをかいでも全然良い香りがしない。
お友達と会うたびにマンゴの状態を聞きあっていたのですが、
お友達も同じような状態で、なかなか食べることが出来ませんでした。

アルファンゾマンゴを手に入れてから、1週間くらいで2泊3日の旅行があり、
食べ頃を逃すのはイヤなので、”旅行にマンゴとナイフを持って行くべきか?”と
真剣に考えたほど(苦笑)
結局、持って行きはしませんでしたが、帰ってきても全然香りがしない。

一緒に買ったgreenplumさんは、買って1週間くらいで食べたようでしたが、
”外側1cmは熟れていたけど、 中側は硬いまま”というコメントでした。

と聞いたので、さらに待ったんです。
2週間近くになる頃、お友達が
「皮に黒い斑点が出来ていたので食べてみたら、それが中身にも影響していた。
食べられる状態ではなかったけど、勿体ないので皮の周りだけでも食べてみたら、
味は美味しかった。とにかく早く食べた方がいい」と言われました。
でも 我が家のは、全然香りがしなかったので、
さらに3日置いて、17日目にやっと切ってみました。

皮に黒い斑点はあったけど、お友達が言うほど中にまで色はついてなかったのですが、
割ってみたら、


何コレ~!!!


見たこともないようなマンゴになってました(涙)

d0108966_13395773.jpg



わかります?
皮の周りは、ケサールと同じようなきれいなオレンジ色だったのですが、
中がゴム?石灰化?なんなのかわからないヘンな感触で、
空洞がいっぱい出来ていたのです。!
種はその中にあるのですが、その怪しい部分はどうやっても食べれそうもない状態。
普通、マンゴが傷んだりすると、筋っぽくなったり、黒くなったりして腐ると思うのですが、
なんでこんなに固い組織が出来たのでしょう?

せっかく17日間も楽しみに待っていたのに~(涙)
$3.5もしたのに~(号泣)

d0108966_13472365.jpg


このままでは捨てられない、せめて味だけでもと思い、
お友達と同じように皮と怪しい物体の間、写真のオレンジ色の部分だけは食べてみました。
味は、なかなか美味しかったです。
でも 5mmくらいの部分だけだったので、食べたうちには入らない(涙)

普通はマンゴが傷んだら、全体的に味が落ちて食べられないと思うのですが、
皮の周りだけは美味しいというこのマンゴ、
怪しい物体が出来てしまったこのマンゴ、おかしいと思いませんか?

お友達に聞いたら、やっぱり同じ物体が出来ていたそうです。
そういう種類なのかしら?
同じような怪しい物体入りマンゴに出会われた方は、是非、教えて下さいね。

とにかく期待を裏切られただけにショックで、こんな悲しい買い物はないですね。
でも 箱買いしなかっただけでも良しと思いましょう。
やっぱりインドからの輸入って、きっと熟す前に取るだろうし、難しいのかな~?

そして、私のマンゴを美味しく食べるために待っていた17日間は、
この怪しい物体を育てていた、というなんとも衝撃的な結末で幕を閉じました。。。


でも 実はもう一つ、予防に買っておいた物があったので、
まだアルファンゾマンゴを味わうチャンスがあるのです。

d0108966_1405552.jpg


きっとあるだろうと思って、マーケットで探したら、
”アルファンゾマンゴの缶詰”ありました!

d0108966_1411891.jpg


これは、マンゴのスライスがシロップに入っているようです。
まだ食べてはいないのですが、缶詰ですから、マンゴの青臭みもないだろうし、
マンゴプリンやデザートにはすぐ使えるから便利ですね。

d0108966_1414029.jpg


これは東の街のインドマーケットで買ったのですが、
マンゴのクルフィバー(上)とマンゴバー(下)。

マンゴバーは、インドのおじさんに美味しいと勧められて買ってみました。
アメリカは、こういうフルーツバーが多いのですが、
日本にある”のし梅”に近いです。
のし梅は寒天やゼラチンを使われているためか、バーと比べるとあっさり。
バーは、それをもっと濃厚、濃縮したような物でフルーツと砂糖が原料で、
寒天やゼラチンなどは入っていません。

と、バーについてこんなに長く書いたけど、それに値するほど美味しくはなく、
また干し柿のような味(涙)
マンゴの味があまりしないし、グミ?というか、ネチャネチャと歯に絡みつきます。
3つ買って1つ食べましたが、残りをどうしよう~。。。

それに比べて、クルフィ・バーは、美味しかった!
旦那は「こういうのでは一番美味しい」と言ってました。
私的には「まあまあ美味しい」で、ちゃんとマンゴの味もするし、悪くなかったです。
でも この間の不味かったクルフィとは大違いの美味しさでしたので、
クルフィを食べたい方にはお勧めです。

d0108966_1421419.jpg


それに良く見たら、本物のアルファンゾマンゴを使って作られていました!


ちなみに3回目のリトルインディア訪問で、デザート屋さんに
”ホームメイド クルフィ”とあり、そこで作ってるというので買おうとしたのですが、
なんと不味かったクルフィを出してきたので、辞退しました。そこで作っていたのか?!

リトルインディアで美味しいクルフィがまだあるかもしれないけど、
今回、買ったクルフィ・バーは、リトルインディアのマーケットやスナック屋さんなどで
いかにもなアイスクリームケースに入って売っています。
お近くのインドマーケットにもあるかもしれませんね。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-07-19 15:43 | インド

リトルインディア(6)~インドからのマンゴ探し&ケサールマンゴ

前回のブログのレストランASHOKAのクーポンを発見しました。
このレストランに行かれる方は、クーポンをコピーして持っていけば、
20%オフ(ディスカウント金額$25まで)になるそうです。期限は2008-12-31まで。


さぁて(やっと?) 第2回リトルインディア探検で、一番見つけたかったのが、
マンゴの王様と言われるアルファンゾマンゴ!
インド料理に詳しい”異国生活 アメリカの日々”のgreenplumさんにお付き合いいただき、
探してきました。

嬉しいことにgreenplumさんが、LAタイムスの”インド産マンゴについての記事”を
切り抜いて持ってきてくれました。貴重な情報ありがとうございました。
どうやら、インドからの輸入マンゴは、アルファンゾマンゴだけでなく、
ケサールマンゴもリトルインディアで売られているということでした。

d0108966_15263122.jpg


探すぞ~と、前回マンゴを買ったお店に行ったのですが、
目につくのはメキシカンマンゴばかり。
やっぱりないのかしら?と思いつつ、念のため、お店の人に聞いてみたら、

d0108966_1529483.jpg


なんとまあ、山積み!
中が見えないので全然わかりませんでした。
これがインドからの輸入マンゴで、アルファンゾとケサールの両方がありました。

d0108966_15301788.jpg


箱の横にどちらが入っているか書いてあります。

d0108966_15304724.jpg


別のマーケットでは、予約制なのか名前が書いてありました。
やっぱりインド人には人気なんでしょうね。

d0108966_15321394.jpg


d0108966_15324278.jpg


さて、気になるお値段なんですが、ご覧の通り、1つ$3.50もするんです!
LAでは、たいてい、マンゴ1つのお値段は$1前後。
安売りの時は、12個入った一箱が$5で売られていたりするので、
1つ$3.5とは、すご~く高い! 一箱買ったら、$35なんて・・・(涙)
高いとは思っていたけど、ここまで高いとは、予想外。
食べてみたいというお友達と一箱買って半分するはずでしたが、相談した結果、断念。

それにこの箱、中が見えないんです。
万が一、中に入っているマンゴが腐ったりしていたら、$35がパ~になる。
初めて食べてみる訳だし、そんな大冒険は出来ませんね。

d0108966_15552859.jpg


でも これを求めてきたわけですから、
私はアルファンゾ(上)とケサール(下)を1つづつ買いました。
これで$7ですから、安売りなら一箱、余裕で買えちゃいますね。
greenplumさんはアルファンゾを1つ、お友達もアルファンゾを1つ。

ちなみにリトルインディアのすべてのマーケットに売られている訳ではなく、
大き目のマーケット5軒くらいで売られていました。バラ売りしてる所は2軒のみ。

5月下旬に行った時は、バラ売りもしていなかったし、この箱も見かけなかったような。
そして6月下旬に行った時は、閉まっているマーケットを覗いて見た所、
同じ箱はなく、違う種類の箱が2、3箱のみでした。
なので買うなら、6月上旬がいいのかもしれませんね。

食べ頃を聞いた所、「色ではなく、良い香りがしてきたら、食べ頃」と教えてくれました。
ケサールは、もう食べていいよと言われたのですが、
アルファンゾはまだ緑っぽいし、香りも全然しません。
輸入となれば、収穫も相当早いのでしょうから、完熟とは程遠いのでしょうね。

d0108966_1552259.jpg


ケサールの形は、ペリカンマンゴに似ています。

d0108966_155753100.jpg


皮を剥いてみると、このような鮮やかなオレンジ。
種は、この間のメキシコ産Ataulfo Mangoよりは厚かったですが、
味はとても濃厚で、臭みがないさわやかさで、とってもジューシーで美味しい~!

でも 値段を考えると、Ataulfo Mangoでもいいかもと思ってしまったり(苦笑)
実は、Ataulfo Mango、私の中のペリカンマンゴのイメージを変えるくらい、
相当、美味しかったんです。

別の場所のインドマーケットでは、インドマンゴという看板があったにもかかわらず、
「インド産マンゴは高いから」と言って、このAtaulfo Mangoを売っていました。
このマンゴはインド人好み?インドのマンゴに近いから、扱ってるのかな~。

d0108966_1634931.jpg


それとAtaulfo Mangoに興味がある方に朗報です!
リトルインディアとインドマーケット以外では見かけなかったのですが、
なんと今日(7/16)、トレーダージョーに行ったら、ネットに入って売ってましたよ。
トレーダージョーにいつもある訳ではないので、ご興味がある方は、急いで~。


長くなったので、アルファンゾマンゴについては、また後日。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-07-17 16:04

リトルインディア(5) ~ お勧めレストランASHOKA

気づけば、もう7月ですね。
ブログを書かなかった間に 実は、リトルインディアへ2回行ってきました。
リトルインディアへ行きだしてから、1ヶ月くらいの間に合計3回行ったことになります。
ハマリ症というのもありますが、リトルサイゴンなんかより”近い”というのも大きな理由です。
あと、前回初めて知ったアルファンゾマンゴをどうしても手に入れたかったのです。
マンゴのことは次回に書きますね。

2回目は、インド料理に詳しい”異国生活 アメリカの日々”のgreenplumさんと行ってきました。
ブログでは初オフだったのでちょっとドキドキでしたが、とってもキュートなかわいい方でした。

まずはランチ。前回のリトルインディアグリルより落ち着いて食べられそうなレストラン
ASHOKAをネットで見つけたので、そこへ行ってみました。

前回は、レストランというよりファーストフード的でしたが、
今回は、白いテーブルクロスにお花が飾ってあるようなお席のレストランです。

ここもバッフェなんですが、お値段はリトルインディアグリルと同じ$6.95。
焼きたてのナンとガーリックナンもついてきます。パパドはないけど。。。

d0108966_14492355.jpg


d0108966_14494656.jpg


サラダやフルーツだけでも相当豊富にあります。
バッフェのフルーツは、普通はカットフルーツや缶詰だったりするのに ここは丸ごとですから。

d0108966_1450477.jpg


カレーも数種類あり、適度な辛味があって、どれも美味しいのです。
食べてみたかったパニールのカレーがあったのが嬉しかったな。
ここにもヤギのカレーがありましたが、やっぱり臭みがあるお肉は食べられませんでした。

d0108966_14592515.jpg


一番気に入ったのが、左上一番大きな茶色の物体・サモサ!
これが美味しいのなんの。
でも 3回目に行った時はなかったので、やっぱり日替わりメニューのようです。

d0108966_1594429.jpg


これはレンコンって見ればわかりますが、インドの方も食べるんですね。
料理名はわかりませんが、福神漬けのような一品の中に見つけました。
でも キツイ香辛料&酸味のため、とても小さいレンコンなのに全部食べれませんでした。

d0108966_15131349.jpg


これは、上の写真にもありますが、カレーと同じ場所にあったのでなんだろうと思ったら、
デザートでした。

d0108966_15135883.jpg


半分にしてみたところ。
ドーナツのような生地を揚げてから、それを暖かいシロップに浮かべるようです。
激甘ではないので、まあまあ食べられるデザートだと思います。

d0108966_1585028.jpg


このマンゴラッシー、すごく美味しいんです。
リトルインディアでお茶するような場所があまりないので、
ここでマンゴラッシーを飲みながら、ゆっくりするのもいいかもしれません。

greenplumさんは、いろんなインド料理のお店で食べていたり、
インド人のお友達にカレーを習ったり、ご自分で作られたりするので、
一緒にカレーを食べながら、料理の説明や作り方などを教えてくれました。
インド料理は私にとって未知の世界なので、とっても勉強になりました。

そしてこのレストラン、彼女のインド料理ランキングでも堂々の第一位に輝きましたよ。
これは私も同感です。
彼女ほど私は詳しくないけど、サウスベイ辺りのインド料理で食べるなら、
ここまで来た方が美味しいインド料理が食べられます。
91のフリーウエイに乗ってしまえば、道路がすいていたら10分で着きますから。。。


d0108966_14435255.jpg


このようにこのレストラン、白いカーテンで中が見えないことがあります。
何も知らずにフラ~と入るには勇気が入りますが、どうぞ安心して入って下さい。
お店の方々もフレンドリーですから。

追記 ASHOKAのクーポンを発見しました。
このレストランに行かれる方は、クーポンをコピーして持っていけば、
20%オフ(ディスカウント金額$25まで)になるそうです。期限は2008-12-31まで。


d0108966_15295236.jpg


ちなみにこれはMさんと一緒に行った3回目の写真。
この日はカーテンが開いてました。

そうそう、この3回目は、月曜日に行ったのですが、
かろじてこのレストランは開いていたけど、他のお店はすべてと言っていいくらい休みです。
レストランが数軒開いていたくらいで、何軒もあるスーパーも全滅。
月曜日は避けた方がいいですよ。

あと、上の写真とよく比べてみると、保健所のマークが上はBでしたが、
2週間ちょっとの間にAに変わったようですね。

LAのレストランには、この保健所のマークが貼ってあります。
保健所がレストランを検査して、チェックにひっかかるとと評価が下がっていくようです。
Aが一番良くて、BはAとそんなに大差ないようですが、
Cは赤字になりますから、Cは入るのにちょっと躊躇しますね。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-07-03 15:58 | インド