美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リトルインディア(4) ~ マンゴ

リトルインディアのどのマーケットでも売られていたのが、マンゴ!

d0108966_1035186.jpg


今がマンゴの旬なのか、こういう広告まで出ていました。
これを見ると、インディアンマンゴとあります。
他のお店でも”アルフォンソマンゴAlphonso Mango入荷”みたいな広告がありました。
きっとインド人は、マンゴが好きなのね~と思いつつ、
インドからのマンゴはどんなの?と思って、よ~く見たのですが、
どの箱もFrom Mexicoでした。アレ???

たいていのお店は、アップルマンゴ(赤と緑)とペリカンマンゴ(黄色)の2種類で、
ほとんどが箱売りで、一箱$8前後。
アップルマンゴは、LAで年中いくらでも買えるけど、
ペリカンマンゴは限られた時期しか売ってないのに しわしわした状態の良くない物が多く、
買ったことがありませんでした。

リトルインディアのペリカンマンゴはとても状態がよく、食べてみたかったので、
1軒だけ箱に値段がついていないお店があって、ダメもとで欲しい数だけレジに持っていったら、
一つ69¢で売ってくれました。

d0108966_1034142.jpg


これがね、すっご~く甘くて美味しかったんです。
びっくりしたのは、マンゴを切る時に種がないのか?と思うくらい、
マンゴにしてはめずらしく種が薄いので(計ったら4mm)ほとんど食べられます。

インド人は、マンゴが好きなんだ~と思いつつ、帰ってからいろいろ調べた所、
インドは、マンゴの生産が世界一の国だったんですね。
それも広告にもあった”アルフォンソマンゴAlphonso Mangoというのが、美味しいとか。
日本にも最近輸入されるようになったそうですね。

d0108966_1131977.jpg


今回、美味しかったマンゴは、Ataulfo Mangoというメキシコ産。
これはこれで美味しかったけど、そのアルフォンソマンゴは本当に売っていたのだろうか?と
いう疑問が残ります。
それともメキシコでも同じマンゴが作られていて、それが売られているのか?
近いうちに行って、探して、食べてみたいです。


リトルインディアをくまなく歩いていたため、喉が渇いてお茶をしたかったのですが、
なかなかちょうどいいお店がなくて、これまた、どのマーケットでも売っていて気になった
このマンゴドリンクを買ってみました。

d0108966_1114492.jpg


とにかく喉が渇いていたため、グイグイ飲んだら、マンゴというより干し柿の味がする~(涙)
干し柿、あまり好きではなくて、飲み干すのがやっとでした。

インドのデザート屋さんも数軒あるのですが、どうも激甘そうで手が出ません。
あるお店でデザートを見ていたら、親切なインド人のお客さんが、
どのお店にも売ってる蜜に浸った揚げ菓子を味見させてくれたのですが、 やっぱり激甘。
味は悪くなかったけど、1つ食べきる勇気はなく、味見だけで満足。

でも 食後にアイスを食べてるインド人が多かったのを思い出して、食べてみることに!

d0108966_11231437.jpg


このマンゴアイス。
KULFIは、アイスクリームのことだそうで、
NO EGGSは、ベジタリアンのインド人が多いためか、卵が使われていません。

さて、お味の方ですが、マンゴの味はあんまりしないし、粉っぽい。
牛乳ではなく、脱脂粉乳を使ったのか?と思うくらい粉っぽくて、人工的な味。
二人で一つにして、本当に良かったね~と心から思ったくらい、美味しくなかった。
レシピでは牛乳を煮詰めて、とあるけど、本物の牛乳を煮詰めたら、粉っぽくはないはず。
食べたのが悪かったのかな~。

激甘でない日本人が美味しいと思えるインドのデザートはあるのでしょうか・・・・?
[PR]
by kapacyan18 | 2007-06-02 11:41 | インド

リトルインディア(3) ~ いろんな野菜

リトルインディアは、500m弱程度の通りの両側にインド系のお店が密集しているため
歩いて見れるので、お店が分散されているリトルサイゴンや他の多国籍の街よりは、
見やすいと思います。

中でもマーケット(食料品店)が多くて、感激! 6、7軒はあったかな。
Nさんと片っ端から入り、全部制覇しました。

多国籍マーケットに行くと、いろんな野菜に出会うことが出来ます。
リトルインディアの野菜売り場はお店全体の5分の1、それ以下程度の店がほとんど。

中でも気になった野菜がいくつか。

まず、大根。
某日系マーケットなんかより立派な大根が売られていて、びっくり。
インド人は、大根をどうやって食べるのでしょう?

d0108966_7155411.jpg


この米ナス、すっごく大きいんですよ。アメリカで普通に売ってる米ナスの2倍くらい。
右隣のピーマンだって、日本のピーマン3つ分はある大きさなのに。

日本で米ナスと言いますが、アメリカで”AMERICAN”と名前が付いて売られているのを
初めてみました。
たいてい、米ナスはただのEGGPLANTで、種類に応じて、JapaneseやChinese、
Thai EGGPLANTとして売られています。
調べたら、ナスの原産地はインドで、それがアメリカに渡って改良されたのが米ナスですって。

d0108966_7182339.jpg


米ナスの左手がゴーヤ。日本で見かけるのよりも小さいです。
買いたかったけど、小さすぎて、どう使えばいいの?と思ってやめました。
アメリカでは、このタイプのゴーヤよりイボイボが水ぶくれしたようなゴーヤをよく見かけます。
さらに冷凍コーナーにもいろんなタイプのゴーヤが売っています。
今度は、クーラーボックスを持って、買出しに行かなきゃ。
ゴーヤもどうやって食べるのかしら?

あと、新鮮なオクラ。
でも これはアメリカ系スーパーでも冷凍で売られていて、初めて見た時はびっくりしました。
自分勝手に”日本の物”と思っている視野の狭さですね。

d0108966_7235221.jpg


初めて見た豆。名前が書いてなくて、なんと言う豆なのかわかりませんが、
表面がビロードのようで、グラデーションがとってもきれい。。
お店の人にどうやって食べるか聞いたら、「豆だから、茹でたり、炒めて食べて」だって。
買ってきたけど、まだ食べてないんです。


d0108966_72613100.jpg


あと、乾燥や粉しか見たことがなかったのですが、フレッシュ・ターメリックも売ってました。
白と黄色があるんですね。


d0108966_7415775.jpg


Arrowroot Flour 葛粉です。
リトルサイゴンでも売ってたのですが、塊タイプで、使ってみたら虫が入っていたんです(驚)。
こちらの方が虫もいないし、使いやすそうで買ってきました。

そうそう、そんなに大きくないマーケットでも豆や粉、スパイスには、
ちゃんとそのお店の名前でラベルが作られていました。
これは、PIONEERマーケットのもの。
会社が製品化した物ではなく、きっと大量に買って、お店ごとに小分けして売るんでしょうね。

でも 粉や豆、スパイスなどの乾物は、沢山使う人にはお買い得なお値段ですが、
ちょっと試したい人には、「こんなに買ってどうする?」というくらい
多すぎる量で売っているのがほとんど。
そう思うと、LAやトーランスなどの少量で売ってるインド系のお店で買った方が
お試しで欲しい人にはお勧めです。
スパイスもリトルインディアと比べれば割高でしょうけど、
アメリカ系などで買うよりは、絶対お得です。


本当は、Attaというインドの全粒粉、チャパティーなどを作る粉が欲しかったのですが、
何しろ、このサイズばかり。

d0108966_7583922.jpg


誰か、一緒に買って分けませんか~?
[PR]
by kapacyan18 | 2007-06-02 08:12 | インド