美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

カテゴリ:お勧め品・お道具( 5 )

久々のヒット!NINJA

キッチンのお道具、大好きな私。
しかし、残念なことに欲しい物はだいたい手に入れてしまったので、
最近は、買いたい物が浮かばない今日この頃。
う~ん、つまらない。

お道具を買う場合、まず欲しい物の性能や価格、
使いやすいブランドのをいかに安く買うか!ということを目標に徹底的に調べあげる。
特にアメリカは探せば、安い値段があるから、定価で買うなんて馬鹿らしい。
お道具に限らず、飛行機のチケットやホテルなんかもそう。
衝動買い以外は、徹底的に調べる。

そのおかげで、飛行機で隣になった人とそんな話になった時、
私より安いチケットの人にまだ出会ったことがない。
お道具にしても 自分が買った値段より安いのをあまり見たことがない。
稀に見てしまうと、ものすご~く悔しい。。。

ある人に言わせれば、ここまで時間を使って調べるの?とあきれられてしまうかもしれないけど、
そういう時間はあっという間に過ぎていくし、どれにしようかな~という時が楽しいのだと思う。
同じ物を買うのに無駄なお金は使わなくていいと思う。

しかし、せっかく安く買ったお道具を全部使っているとは言えず(最近、お料理もしてないし)
一度も使わずに眠っているお道具もあったりして。。。
そういう無駄には目をつぶろう(苦笑)
やっぱり使うよりも買うことが楽しいと思うのは、私だけ?!

そんな物欲停滞気味な時に珍しくテレビショッピングを観て、久しぶりに欲しい!と思った商品。
tuguさんとごんちゃんに この間お話したのは、これ↓です。



NINJAという名前のフードプロセッサーとブレンダー、ミルサーが一緒になったような物。

私のセールストークを読みたい方はどうぞ。
[PR]
by kapacyan18 | 2009-11-30 16:55 | お勧め品・お道具

「栗好きに捧ぐ」じゃなくて「キッチングッズフェチに捧ぐ」 タイトル命名cookyさん

コリアンのキッチングッズ屋さんで、私が一番探し求めていた物。
それは決して、握り寿司器ではなく。。。

d0108966_1553697.jpg

うふふ、これなんです。なんだかわかりますか?

d0108966_15545214.jpg

これ、韓国語しか書いてなくて、全くもって読めません。

が、欲しい物の形はしっかりと覚えていたので、見つけることが出来ました!
現物を知らなければ、お店の人に聞かずには見つけられなかったことでしょう。
韓国の人は、生でかじって食べるほど、好きだというのをテレビで見たことがあったので、
きっとあるだろうと、探していたのです。


実はこれ、来月日本へ一時帰国するお友達に頼もうと思っていたお道具
この間、どうやったら簡単に剥けるかと1日悩んでいた時に見つけました。
これがあったら、簡単に剥けるそうです。

でも 定価は、2625円。
年に1,2回しか使わないのに高いな~と思いつつ、
楽天で1659円というのを見つけて、12月に入ったら注文するつもりでした。
日本での買い物は滅多に出来ないので、ついつい気が大きくなると言うか、
アメリカでの金銭感覚とは大きく違います。

d0108966_1621246.jpg

この栗剥き器、日本の私が買おうと思っていたのと、ほとんどソックリ!
栗くり坊主Ⅱとは、ストッパーの位置が違うくらいですよね。

それもなんとお値段、$3.39ですよ!
嬉しいと思いませんか、そこの奥さん!(爆)
400円もしない、日本の4分の1の値段で、大丈夫なの~?!と一抹の不安もありましたが、
このお手ごろ価格なら、万が一、上手く剥けなくても許せます。

早速試した所、このストッパー効かないじゃない!上手く剥けないな~と思ったら、
ストッパーがかかった状態だったらしく、ストッパーをはずしたら、ちゃんと剥けました。
(写真はストッパーがかかった状態なのですが、これでも少し動くんですよ)

d0108966_16153338.jpg

が、ちょっと練習は必要みたいです。
今はまだ、こんなに栗が小さくなってしまうの?と思うくらい厚く剥けちゃうのですが、
慣れれば、もう少し薄く剥けそうです。

d0108966_1617649.jpg

使ってみて、わかったのは、左手の刃先に少しとがった部分が見えますか?
これで栗に残った筋などを取れるようについているんですね!
あと持ち手側には、殻を割ったり出来るようにもなっているので、
日本のにはついてなかったから、韓国製、2歩リードです。

なぜか栗の渋皮煮を作るための鬼皮剥きは出来るのですが、
栗の甘露煮を作るために渋皮まで剥くのは、自信がなかった私。
これでお正月に高い栗の甘露煮を買わなくてもいいし、栗ご飯も作れます。

今日は、3つだけ練習に剥いた栗で、栗のお味噌汁を作ってみましたが、
(というか、その栗をどうしようかと困ったので)意外に美味しかった。
サツマイモのお味噌汁のような感じです。

アメリカ在住の方、栗剥き器を探していらっしゃる方は、
まずは、コリアンのお店で探してみてはいかがですか?
(ちなみに日系スーパーでは見たことないです。)
[PR]
by kapacyan18 | 2008-11-25 16:33 | お勧め品・お道具

アメリカで手作り生湯葉

d0108966_1563079.jpg

日本の実家へ帰ると、必ず行くお店があります。
そこへ行かないと帰って気がしないんですよね。

d0108966_20544.jpg

そこはお豆腐や湯葉の工場に併設されたお食事処で、作りたてのお豆腐は食べ放題、
湯葉やお豆腐を使ったお料理、もちろんデザートにも使われています。

さすがにアメリカには、そんなお店がありませんから、
美味しいお豆腐、濃厚な湯葉がとても恋しくなる時があります。

数年前、ビバリーヒルズに日本にある豆腐と湯葉の店”梅の花”が出来た時は、
すごく嬉しかったのですが、1年も経たずに閉店。
お値段も雰囲気も高級レストランでしたが、いくら豆腐がメジャーになってきたアメリカと言っても きっと日本人くらいにしか、その価値やありがたみがわからなかったのかな?

アメリカに来た頃は、自分で大豆からお豆腐を作ったり、湯葉を作ったりしていました。
Cpicon 大豆から作る湯葉 by kapacyan
が、自分たちで食べる分にはいいけど、人様に胸を張って出せるような物はやっぱり難しい。
木綿豆腐はどうにか作れても絹ごしは上手に出来なかったり、湯葉も出来るけど薄いとか。

最近は、アメリカ系のスーパーにもお豆腐やパック入りの豆乳が売っています。
リトルサイゴンやチャイナタウンには、お豆腐屋さんもあって、
それなりに美味しいけど、私の求めている濃厚さはありません。

でもでも 嬉しいことにロサンゼルスには、
1軒だけ日本人のご家族で経営されているお豆腐屋さんがあるんです。
ブログでもよく紹介されていますが、ガーデナにあるMEIJI TOFU
お豆腐屋のおじさんは、夜更かしする人が寝るくらいの時間に起きて、
一生懸命、美味しいお豆腐を作られています。

ただ、ここは、1時くらいには閉まってしまうので、滅多に行けないのが難点。
マルカイやニジヤ、グラナダマーケットでもたまに売ってます。
そちらでは、お豆腐やおからのみなんですが、
この間、たまたま寄ったソーテルのグラナダマーケットで初めて豆乳を見つけました。
LAにお住まいの方には、朗報ですよ。

d0108966_253582.jpg

木綿や絹ごし、ざる豆腐や固まるぎりぎりのにがりで固めたお豆腐など。

d0108966_210726.jpg

このざる豆腐なんて、いいですよね。ざるも後で使えるし(笑)

お豆腐ももちろん美味しいのですが、ここの豆乳は、ドロドロというイメージなくらい濃厚!
日本でもここまで濃厚なのはなかなかない気がします。

ただ飲むには、勿体無い!
私はこの豆乳、飲まずに食べるんです。旦那にも飲ませません(苦笑)

一つは、耐熱容器に豆乳を注ぎ、そこへにがりを少し入れてそっとかき混ぜます。
それを30秒から1分の短い時間で固まり具合を見ながら、固まるまで電子レンジをかけます。
すると、手作りでは作れなかったきれいな絹ごし豆腐が出来るんです。
これを作るようになってからは、お豆腐は買わなくなってしまいました。

そしてもう一つは、生湯葉!

d0108966_2191913.jpg

これは湯葉作り器?
正式名は知りませんが、湯煎状態で湯葉が作れるお道具です。
実はこれ、梅の花の閉店セール、お店で使われていた物が売られた時があって、
お店で湯葉を食べた時にいいな~と思っていた物。
以前は、土鍋で作っていたのですが、
使ってみると、四角という形、直火ではない火加減、テフロン加工ということで、
最後の豆乳の一滴まで湯葉としていただくことが出来る優れものでした!
キッチンのガスレンジで作るのもいいですが、私はカセットコンロを使って、
卓上・生湯葉を楽しみます。

d0108966_224859.jpg

これにMEIJI TOFUの濃厚な豆乳を入れて、フーフーしながら、膜が張るのを待ちます。

d0108966_226650.jpg

膜をちょっと持ち上げると、こんな感じ。

d0108966_2294973.jpg

これをお好みのわさび醤油やだし醤油でいただきます。
濃厚な豆乳だけあって、湯葉も肉厚です。
これで日本への恋しさが少し緩和されている私(苦笑)

初めのうちは、ちょっと薄めの生湯葉が出来ますが、後半になってくると豆乳も煮詰まり、
肉厚、濃厚、甘みのある美味しい生湯葉が出来るんです。
そして最後の最後には、鍋にこびりついた豆乳がパリパリになり、それもまた美味。

でもね、これ、もちろん1回に1枚しか出来ませんから、それも1枚出来るのに数分かかるし、
卓上で楽しむには、順番を待たなくてはならないのがちょっと辛いところ(笑)

さあ今日は、これからお道具持参で、豆乳を仕入れて、出張湯葉をしてきます!
人気の豆乳がまだ売っていますように。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2008-08-16 03:03 | お勧め品・お道具

じゅるじゅる~な桃

去年の帰国は、訳あって”梅雨から夏にかけて”でした。
カリフォルニア体質になってしまった私は、あまりの湿度に参ってしまい、
その時期に帰るのは、もうやめよう!と心に誓ったくらいです。

でも この時期に帰って、良かった~!と思った物がありました。



                     それは、


d0108966_13414894.jpg


                       桃!

今まで秋に帰ることが多かったので、久しぶりのじゅるじゅるな桃が美味しかったのなんの!
何年ぶりに食べたことか!

皮を剥くだけでもじゅるじゅると汁が滴るような、一口噛むとトロけるように柔らかく、
ジューシーな果汁と魅惑な甘さがお口いっぱいに広がる桃。
アメリカに来るまで、こういうのが桃だと思っていました。

もちろん、アメリカにも桃はあります。
ホワイトピーチ、イエローピーチ、ドーナッツピーチなど、
山のように積まれていて、美味しそうに売られています。

こちらに来た頃、桃だ~!と喜んで買い、
紙袋に入れて柔らかくなるのを数日待ったのですが、全然、柔らかくならない。
いろんなお店で買ってみたのですが、どれも全然、柔らかくならないのです。
美味しいのに当たれば、甘いのですが、でも 固いんです。

固い桃って、想像できますか?
初めて食べた時は、本当に衝撃的でした。
全然、じゅるじゅるしないんですよ(涙)

また、こちらには、固い桃の皮を剥かずに食べる人がいるのです。
桃のガサガサな皮を剥かずに食べるなんて!と、これもびっくりしました。

d0108966_14482197.jpg


これがUFO。
ドーナッツピーチですが、アメリカのスーパーで売られている中では
日本の桃に近い柔らかさがあり、見つけた時は、はまりました。
でも 小さくて、その形から皮が剥きにくいのが難点。
これこそ、皮を剥かずに食べたらいいのかもしれませんね。

あきらめずに探していた私は、4年前くらいにコリアンスーパーで”水蜜桃”に出会いました。
それも見切り品だったため、3つで$1のパック売り。
なんたって見切り品、売れなくなる寸前でしょうから、
柔らかくて、甘くて、日本の桃だ~と感激したことがありました。

水蜜桃は、日系スーパーやコリアン、チャイニーズでしか見たことがないですが、
柔らかくて、日本の桃に一番近いです。
と思いつつ、先ほど水蜜桃について調べてみたら、日本にもある桃の種類だったのですね。
私はてっきりこちらで日本のような桃のことを漢字でこう書くのかと勝手に思ってました。
一つお勉強になりました。


そして、去年から気になっていた桃がこれ。

d0108966_1444328.jpg


木箱に入って売られています。
Grown and packed by M. FUKUSHIMAですから、
フクシマさんが作ったのでしょう。
そういえば、福島県も美味しい桃の産地ですよね。
もしや福島産?!とも思いましたが、USA産でした。

日本人の名前と、他の桃より少し柔らかかったので買ってみたかったのですが、
バラ売りをしていなかったため 箱買いがなかなか出来ませんでした。
いざ買おうと思った時には、すでに売り切れで、去年は買えずに終わりました。

そしてコリアンスーパーで、今年も出始めたな~と思い、触るんだけど、固い。
もうちょっと後で買おうと思ってたのですが、
今日、出会ったフクシマさんは、いつもより値段が安く (18個入りで$11.99)
触ってみたら、すごく柔らかい。
でも シワシワなのもあるし、古いのかな?とも思ったのですが、
どれも柔らかいので、買ってみました。

一つ、冷やして、剥いてみたら、剥くだけでもじゅるじゅる~! 
お口の中でもじゅるじゅる~で、日本を思い出させます。
甘さが一つ足りない気もしましたが、この食感を久しぶりに体験出来ただけでも満足です。
まだまだあるので、もっと甘い桃があることを期待しましょう。

d0108966_14144723.jpg


左上に SUGAR GIANI PEACHESと書いてあります。
GIANIの意味を調べてもわかりませんでした。
もしかしたら、GIANTのTの上の棒が消えてるのかしら?

今まで箱を見ても気づかなかったし、ここまで柔らかい桃はなかったので、
もしかしたら、柔らかい桃を差すのかな~と、また勝手に思ってみたりしています(苦笑)
またスーパーで箱を見たら、チェックしてみましょう。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-09 15:03 | お勧め品・お道具

ゆずとんからしレシピ開発プロジェクト! その2

さてこのプロジェクト、お料理好き&お料理上手な参加者17名でレシピを開発するだけでなく、
読者人気投票で、ゆずとんレシピ大賞と他にも4つの賞が先日決まりました。

私が応募した料理は、
ゆずとんからしでセビーチェ
参加する事に意義ありという事で入賞はしなかったけど、
すごく楽しませていただきました。
かんさん、ありがとうございました!


d0108966_16352417.jpg


その大賞発表前に読者投票して下さった方々からのコメントをかんさんが公表していたのです。
私に投票してくれる人なんて誰もいないだろうな~と読んでいたら、びっくり。
なんとなんと投票してくれた方々がいたんです!!!

”ペルーと日本のコラボ、ライムで食べるセビーチェにゆずとんがあわないはずがないと思います。トレジョの冷凍ホタテを愛用している私にはたまらないレシピです。(CHERRYさん)”

そうでしょ、そうでしょ、ライムとゆずとん、合うんですよね~。
この使えるトレーダージョーの冷凍ホタテ、愛用者仲間がいて嬉しいです。
アメリカで生食が出来る冷凍の海産物ってあまりないですから、この商品は貴重なんです。

d0108966_16592441.jpg


”ゆずの風味をのがさず唐辛子の味を引き出すのは、これしかないだろう!あえて、セビーチェにスキャロップを使ったあたりが、座布団一枚追加です。(さんしょさん)”

ゆず風味と唐辛子の味を引き出すにはこれしかない、なんて嬉しいお言葉。
ご期待にそえず、申し訳なかったけど。
あえてスキャロップ・・・そう、セビーチェは、たいてい白身魚が多いみたい。
あえて、というより身近にホタテしかなかっただけなんですけど、座布団ありがとうございます。

こんなコメントをいただき、もうこれだけで充分幸せです。
お二人とも私がこだわった部分をわかってくれていて、本当に嬉しかった。
CHERRYさん、さんしょさん、ありがとうございました!

それにしてもO.C. Kitchenのかんさんの企画力、行動力はすごいものがありました。尊敬~!
本当にお疲れ様でした。
私はラストスパートばかりで申し訳ないって感じでしたが、参加させていただき、大変感謝でした。
いつか、かんさんとデートできることを夢見てます。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-02-25 17:17 | お勧め品・お道具