美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

カテゴリ:料理( 3 )

餃子に最高なフレッシュ・ガーリック

やっと旬になりました。

以前、餃子の記事で書いた「一番餃子に合うと思う食材」が売られるようになりました。

d0108966_4211673.jpg

私が一番餃子に合うと思う食材は、このフレッシュ・ガーリックです!
(スプリング・ガーリックという呼び方もあります。)
ニンニクとして売られている球根部分がちゃんと出来る前の状態、
ちょっとニンニク部分が出来た頃の物ですね。

d0108966_4242854.jpg

ニンニクと言えば、この緑の葉が枯れて切られた球根部分だけが売られていますが、
この時期の物は、葉の部分も食べられるのです。

以前、餃子の記事で書いた台湾リークですが、日をあけてスーパーへ行ったら、
根元にニンニクが出来た物が台湾リークとして売られていました。
な~んだ、私の求めていたフレッシュガーリックのもっと早い時期の物だったのね~。

d0108966_4285769.jpg

これがニンニク部分を切った断面図。とっても水水しくて、その名の通り、フレッシュです。

d0108966_12193547.jpg

ちなみに日本で売ってるニンニクの芽、アメリカでは見かけないな~と思っていたら、
↑これが袋に詰め込まれて売られていました。

ニンニクの芽は、花茎にあたり、葉の間から茎が伸びて、花のつぼみがつくのですが、
球根部分を太らせるために切られてしまうようです。
写真手前のとがっている手前の白いふくらみが花のつぼみ。
そして切られた部分がニンニクの芽として売られているというわけ。

アメリカは、長さなどを揃えず、切りっぱなし、
日本は、きっちり長さを揃えて、売っているんですね。お国柄が表れています。
アメリカで探す時は、日本のニンニクの芽を想像せずに袋詰めを探しましょう。
GARLIC STALK(ニンニクの茎)という名前で売ってます。

d0108966_12281186.jpg

今回、餃子を作るのに買ってきたフレッシュガーリックを
葉とニンニクの部分を分けて刻みました。1束刻んだのに意外に少なくてびっくり。
緑が葉の部分で、白いのがニンニクの部分です。
ニンニク部分は皮もやわらかいので、外側の皮以外は全部刻んで入れました。

お肉は豚ひき肉と、歯ごたえを出すために豚バラの角切りを包丁で細かくして混ぜました。
味付けは、ごま油や塩コショウ、お醤油、オイスターソース、紹興酒、
そして隠し味の甘みを出すためにリンゴをすって入れてみました。

今回の皮は、水餃子用に強力粉400g分とお水で。
いつもは、焼き餃子用にオールパーパス(中力粉)と熱湯で作るのですが、
今回、強力粉だったせいか、焼き餃子よりも伸ばすのに力がいりました。
でも さすが強力粉、下手に伸ばしても破れません。
これは期待できそうな皮だわ~と、包んで茹でてみると、

d0108966_12362967.jpg


d0108966_1237432.jpg

皮がすごくモチモチしていて、焼き餃子の皮よりいいかも!
茹でたのを焼いてもいいしね。

味もさすがフレッシュガーリック、美味しかったです。
普通のニンニクより味がマイルド。
だけどやっぱりニンニク臭はあって、特に触った手には翌日も残っていました。
今回、納得いく味に作れたので、お友達にもおすそ分け。

フレッシュガーリックは、ファーマーズマーケット、コリアンスーパー、
チャイニーズスーパーに売ってます。
「今、時期じゃないよね?」と思う時にもコリアンスーパーで見かけることがあるので、
コリアンスーパーが一番手に入りやすいかもしれません。
ご興味がある方は、探してみてください。
[PR]
by kapacyan18 | 2008-05-12 04:55 | 料理

久しぶりのスコーン

d0108966_1623863.jpg


すご~く久しぶりにスコーンを作りました。

その前に作ったのは、何年前か忘れたけど、アフタヌーンティーにはまっていた時期。
あれは富士急ハイランドへ行く時だったか、
作ったスコーンときゅうりのサンドイッチを中央線の中で食べましたね。
そうだ、マニキュアについても言われたな~。覚えてる?
今となっては、懐かしい思い出。

d0108966_15402369.jpg


モサモサする食べ物はあまり得意でないので、
スコーンやマフィンを作ることも食べることも滅多にありません。
アメリカにはいっぱい売ってますけど、買ったことはないに等しい。。。

なぜか珍しくスコーン気分になり、夕食の後、作ってしまいました。
今回は、カッテージチーズを入れるレシピ。
FPを使って、伸ばして、型抜きして、焼いて、とすごく簡単。

最近、ガスオーブンではなく、オーブントースターでケーキやいろいろを焼いていて、
今回もそれで焼いたせいか、まわりはカリカリ、中はしっとり。
改良の余地はあるけど、腹割れしてくれただけで満足。

ナツバテさんにいただいた貴重なリンゴのジャムと一緒にいただきました。
まだあるの?とお思いでしょうが、大切に大切に食べてます。

d0108966_15531620.jpg


最近のLAはちょっと暖かくなってきて、お散歩日和だったのですが、
今週は雨マーク。
インフルエンザも流行ってますので、ご注意下さい。

d0108966_15585129.jpg

[PR]
by kapacyan18 | 2008-01-22 16:03 | 料理

ゆずとんからしレシピ開発プロジェクト! その1

ゆずとんからしレシピ開発プロジェクトが幕を閉じました。
O.C. Kitchenのかんさん、お疲れ様でした~!

振り返ること、去年の12月中旬、かんさんのブログを久しぶりに読んでいたら、
ゆずとんからしのレシピ開発してくれる人にゆずとんからしを送ってくれるという、
なんとも太っ腹なプロジェクトが始まっていました。

ちょうど締め切りが、ナントその日だったのです。
この絶妙なタイミング、ダメかなと思いつつ参加希望を伝えたら、
ラッキーなことにメンバーに入れていただけました。
それも書き込みをしてすぐにかんさんからお電話をいただき、びっくり&感激。

ゆずとんからしの存在をその時初めて知ったのですが、
だいたい柚子や柚子胡椒は大好きで、特にLAでは貴重品。
日本から持ってきた柚子で、柚子胡椒を作ったこともあるほど好き。
さらに調味料好きな私としては、この新商品に興味津々。

なので4日後には、かんさんからゆずとんからしが手元に届いた時は嬉しかったです。
かんさん、送って下さってありがとうございました。
日本の物を手に入れるには、こちらで売ってない限り、
通販やこっちに遊びにくる友達に持ってきてもらうなど時間がとてもかかるのに
存在を知ってから4日後なんて、大感激です。

d0108966_1550552.jpg


つなば本舗のゆずとんからし
HPを見ると、ゆずとんからしへの情熱が伝わってきます。
またビジネス展開もこの時代に合わせた方法で、なかなか上手いなと思いました。
そして海外在住者には嬉しい、全世界へ送料1000円で発送をしてくれるのです。

普通の柚子胡椒とは、パッケージから違い、最後まで乾燥しないで使えそう。
さらにその中身はとてもなめらか、普通は入っていない昆布入りだから味に深みがあり、
とてもバランスのいいお味。
そして、上手い具合にに唐辛子の輪切りが出てくるんです。料理の飾りにいいですよ。

初めて口にした時、頭に浮かんだのが、ライムと唐辛子。
和食以外のレシピ開発ということだったので、
ペルー料理のセビーチェ(魚介のマリネ)に使える!と思いました。
と言っても生で食べられるお魚は、LAでは貴重品。
なのでトレーダージョーで気軽に買える、お刺身で食べられる冷凍ホタテを使ってみました。
レシピ ゆずとんからしでセビーチェ by kapacyan

他にも3つほど作りました。

揚げ物大好きな私のお気に入りレシピ。
レシピ ゆずとんからしで揚げワンタン by kapacyan

これまたライムと唐辛子のイメージでメキシカンのサルサ。
レシピ ゆずとんからしでサルサ by kapacyan

きんぴらは、柚子の風味と辛味が出て、ゆずとんからしの良さが最大限に生かされます。
レシピ ゆずとんからしできんぴら by kapacyan
[PR]
by kapacyan18 | 2007-02-25 16:03 | 料理