美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

カテゴリ:中国・台湾( 14 )

アンビリーバボーなレモンチキン!

ひさしぶりにやられました(涙)。

夕食は疲れて作る気がしなかったので、外食となったのですが、
ここで食べたい!というお店が浮ばず、走りながら決めて入ったのが、
とあるチャイニーズレストラン。

このお店、オープン当時、初めて行った時は結構美味しかったんです。
さらにグランドオープニングで、半額セールをやっていたもので
1週間のうちに3回も行ってしまいました。
北京ダック1羽も半額で、$6(720円くらい)でしたよ!日本では信じられない値段でしょ。

でも グランドオープニングセールの最終日の3回目の時、
「美味しいんだよ~」とお友達を連れていった時から、すでにおかしかった。

北京ダックの皮や味噌がそれまでと違っていたり、味も違い、
私がお友達を連れてきたことを後悔するくらい、
「美味しいんだよ~」という言葉を見事に裏切ってくれたのです。

そんな思い出のあるレストラン。
だったら、行かなきゃいいのに旦那には初めの美味しい記憶が強いのか、
忘れた頃に行くのですが、行くたびにもう来ない!と思う私。

なのに今日もまた旦那が入ってしまったのです(涙)
でも 閉店に近い時間だったのにチャイニーズの方でお店はいっぱい。
これは、ちょっと期待できるかも!と思って、注文。

d0108966_14473228.jpg


まずは、春巻きの怖い話を聞いたばかりだったのに やっぱり春巻き食べたくて。
ここの春巻き、シナモンの味がする皮を使っているみたいです。
アメリカのスーパー、うっすらシナモンの味がする春巻きの皮が売ってるんですよ。
バナナなどのデザート春巻きならいいけど、おかず春巻きにするのは好きじゃありません。
もとから、シナモンは好きじゃないから余計に。
春巻きは、なんでこんなに油が出るの?と思ったけど、味はまあまあ、中の下。

手前は、干炒牛河 Dry Style Beef Chow Fun。
ビーフと腸粉を細切りにした麺(お米で出来た麺)、もやしなどを炒めた物。
これもちょっと油っぽかったけど、見かけを裏切らない好みの味で、美味しかったんです。

「前より美味しくなったんじゃない!期待できるね」と、このお店の好感度がグーンとアップ。

でも 麺類って、普通、あとから来ない?
他のおかずが出てくるまでに この麺だけでお腹いっぱいになっちゃうよ。
でも 美味しいから、まあいっか~。

あれ、隣のチャイニーズの団体の方々、
トレーダージョーで$1.99で売ってるワイン飲んでない?
持ち込みなんじゃないの?

と、ここまでは前向き発言も出ていたのです。


やっと次のおかずが出てきた!と思ったら、見るからに怪しげなレモンチキンが登場。

d0108966_1553850.jpg


テーブルに置かれた時、もし目隠しをされていたら、デザートが来たと思うことでしょう。
だってね、匂いがバニラのような甘い香りなんですよ。

d0108966_1591774.jpg


さらにこの色。
写真でうまく色が出せなかったのですが、日本で言うとレモン味のカキ氷シロップの色。
いかにも人工着色料の黄色なんです。

どういう料理かと説明すると、いかにもレモン色したバニラ風味の甘ったるいデザート用ソースが、鶏胸肉を簡単フライ(パン粉をちょろっと着けただけ)したものにかかっていました。

もっと簡単に言えば、チキンカツにデザートソースをかけたって感じ。
アンビリーバボーでしょ~!!!

檸檬鶏片 Pan Fried Chicken Breast with Lemon Sauceという料理名なのですが、
レモンとチキンはあってるけど、これを料理と言っていいのでしょうか?
このソース、手作りなんかじゃなくて、絶対、市販のデザート用ソースですよ。
もしや、これって私たちへのいじめ?とも思ったくらい。

アメリカのチャイニーズレストランでよくあるオレンジチキンのような料理、
衣をつけて揚げたチキンが甘辛い醤油ベースにオレンジが入ったソースで炒めてある感じで、
そのレモン版かしら?と思っていたのですが、想像を絶する料理でした。
ソースくらいちゃんと作って欲しいものです。

まだ、ソースと混ぜられてはいなかったのが、せめてもの救いで、
私はソースがかかっていない下の方のチキンにお醤油をかけて食べました。

これで一挙にお店の好感度は、ダウンもダウン。
前向き発言撤回です。

d0108966_152423100.jpg


これはポークチョップ。
ポークチョップなんて普段食べないからわからないのですが、
豚肉にしっかり下味をつけて、フリッターのように揚げてあります。
それにニンニク、ネギ、唐辛子を炒めたソースがかかっていました。
これも美味しかったです。
きっと隣の人が頼んでいたら、「あれはどの料理?」と聞いていたはず。

でも 先ほどの衝撃が強すぎて、好感度は全く上がりません。
選んだメニューが悪かったのかもしれないけど、
やっぱり、あのレモンチキンを堂々と出せるお店が信用ならない。
本当にそういう料理なのかな~?


あと面白いな~と思ったのが、お箸の色。

d0108966_15401618.jpg


緑なんですよ。
このお箸で、麺を取っている時に お箸が青ネギに見えてしまって、
そのまま食べてしまいそうでした(苦笑)。

もう絶対来ないからね~と心に誓いつつ、お店を出ようとしたら、
ZAGAT RATEDのシール発見!!!これまたびっくりです。

こんなレモンチキンを出すお店をZAGATは選んでいるなんて、信じられない。
何を基準に選んでいるのか、こんなレモンチキンがあることを知っているの?
実は、このジャンキーなレモンチキンが好きだったりして~?などと想像が膨らみます。

ド田舎のチャイニーズならまだしも ちょっと行けばチャイナタウンもあるし、
チャイニーズの方も多いというのに こんな料理を出せるなんて本当にびっくりでした。

やっぱりLAで美味しいチャイニーズを食べるには、チャイナタウンに限りますね。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-23 15:56 | 中国・台湾

チャイナタウンでお寿司

Lotus Festivalで昼寝をした後、どうしようか~?となって、
なぜか食いしん坊トリオの私以外の2人は、火鍋モードに!
この暑い日に?!と思いつつ、
でもスーパーもあるし、火鍋食べて、その後、カキ氷で冷えればいいか~と、
モントレーパークまで行っちゃいました。

食いしん坊トリオで会う時は、ランチに集合したら、夕食までがセットです(笑)
せっかく会ったのだから、大いに楽しまないとね!

チャイニーズスーパーで買い物をした後、火鍋へと歩いていたら、
以前も日式のレストランがあった場所に新しいお寿司屋さんがオープンしていました。

d0108966_14331284.jpg


”MANEKI”という店名、絵のまねき猫から来てるんでしょうね。
それにまねかれたというよりも
”グランド・オープニング ロール寿司50%オフ!”に3人とも釘付け。
「火鍋はいつでも食べられるけど、50%オフは今だけだよね~」と(苦笑)

チャイナタウンで日本食に入ったことはないというか、あえて入らないのですが、
3人とも50%オフが気になるところ。
ただ、心配なのは、場所柄、絶対、日本人がやってるとは思えない。

ちょっと前にもリトル東京でロール寿司50%オフにつられてあるレストランに入ったんです。
そこは場所が悪いのか、私がこちらに来てから4回もお店が変わるほど、
お客が入ってなかったのですが、今回のレストランはアメリカ人で大賑わい。
なので期待したのですが、ロールのご飯がべチャべチャだったのでガッカリ。
アメリカ人で賑わってる所に期待したのが間違いでした。
こういうお店は、たいてい日本人以外がやってます。
この部分に関して、書きたいことがあるのですが、今回はやめておきましょう。

まあ、はずしたとしても50%オフなら、許される?!ということで、
入ったけど、チャイニーズの方々が並ぶほど混んでいたので、出ようとしたら、
お店のちょっと偉い感じのおにいさんがわざわざ来て、カウンターに座らせてくれました。

万が一のことも考えて、ロールを少しだけオーダーすることに。

d0108966_15194441.jpg


サーモンロールとウナギのロール。
ウナギのたれは、アメリカによくありがちな甘ったるいテリヤキソースではなく、
さらっとしていて、結構いいお味。

d0108966_1520148.jpg


カリフォルニアロールの上にダイナマイト(貝柱のマヨネーズあえ)が乗ってました。

d0108966_15201648.jpg


はまちのロール。

d0108966_15203514.jpg


スパイシーツナと鉄火巻き、もう一つは忘れました。
でも 鉄火巻き頼んでなかったので、それを伝えたら、間違えたことに気づいたのか、
”House” お店からのサービスにしてくれました。
ここの寿司シェフ、韓国語と中国語と英語をしゃべってました。すごいな~。

d0108966_15211340.jpg


サーモンスキンロール。
アメリカで初めて知ったのですが、皮好きにはたまらない一品です。
焼いた鮭の皮が、たいてい山ごぼうの漬物と一緒に巻かれています。
美味しいんですよ。

日本では鮭の皮を食べない人がいますが、
皮好きな私から見えれば、なんて勿体無いことをするんだ!と思います(笑)
こちらのお魚のアラコーナーでは、皮だけも売ってるのですが、
身が数mmから1cm程度ついているので、皮だけでも充分料理が作れるんです。


d0108966_15213167.jpg


初めに食べたロールがどれも美味しかったので、これなら大丈夫といろいろ頼んで、
最後には、オイスターショットまで(笑)
このトリオ、牡蠣好きなんです。
三杯酢に生牡蠣とイクラまで入っていて、とっても美味しかったです。


d0108966_15252277.jpg


日本人以外のお店にしては、まともだったし、美味しかったので、
ここならまた来てもいいかな~と思いつつ、お店をさりました。
店員さんも「美味しかった?今度はいつ来るの?」とフレンドリーで感じが良かったです。

でも わざわざ遠くのチャイナタウンにまで行って、チャイニーズを食べないなんて寂しい。
また行くまで、チャイニーズモードは消えないでしょう。

50%オフにつられましたが、初めからその程度の値段なのかもしれません。
だって、初めから立派なメニューの中に書かれているのです。
期間限定だったら、立派なメニューではなく、別にメニューを作るでしょうから。
でも こういう一言があると、人間弱いですね。。。

d0108966_15581857.jpg


この後、リトル東京で、こちらでは珍しいクリームソーダを飲んで解散しました。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-08-01 16:09 | 中国・台湾

スーさんのお店

我が家の外食で月に1度は行かないと落ち着かないのが、チャイニーズ。
それも店構えは小さいけど、安くて美味しいというお店が好き。
こういうお店は、やはりその国の人が集まる街へ行かないとなかなかありません。
なので、ついついモントレーパークやチャイナタウンまで行くのですが、
めずらしくトーランスにそういうお店がありました。それもね、結構アタリだったんです。

d0108966_6475930.jpg


Sue's Kitchen 通称・スーさんのお店。
23918 Crenshaw Blvd Torrance, CA 90505

その店構えから通るたびに気になっていて、勇気を出して初めて行った時、
保健所マークがBでちょっと不安を覚えましたが(その後、Aになりました)
美味しかったので嬉しくなりました。
初めてのお店がアタリだと嬉しくないですか?
何度通ったかはもう忘れましたが、メニューからずっとここは台湾料理だと思っていました。

それがつい最近、Los Angeles で暮らしてみればのpomeshibaさん情報で、
なんと四川料理だったということが判明しました。
これは、とってもびっくり~!!!


まず、気に入ってるのが、魚排麺。

d0108966_7224673.jpg


初めに白身魚のフライだけが出てきて、「これ、頼んでない!」と思いましたが、

d0108966_7441048.jpg


どうやら、こういうセットみたいです。
スープはとっても薄味なので、濃い味好きの私はどうしよう~(涙)と思いましたが、
フライを入れて食べると少しコクが出て、ちょうどよくなります。
あとフライだけを少し残して、家でソースをかけて食べるのが好きです(笑)

d0108966_8294775.jpg


これは、鶏腿麺。魚のフライの代わりに鶏のから揚げを入れて食べます。
魚も鶏も同じような薄味のスープなんですが、鶏にしっかりと味がついているため
魚のフライよりスープが濃くなり、濃い味好きの人には、こちらがお勧めです。

ここは普通に頼むと魚排麺の細い麺なのですが、太い麺に変えることもできます。
チキンの方が太麺です。しかし、これは選択ミスでした。
薄味スープだと麺の味が強くなりすぎてバランスが悪いので、太麺はお勧めしません。

このスープ、薄味だけど微妙な味がついていてどうやって作るんだろう?と常々思うのですが、
つい最近、他の台湾料理店で豚足麺を食べたら、スーさんと同じく、豚足と麺は別々に出てきて、さらにスープがスーさんの微妙なスープの味とほとんど同じだったんです。
pomeshibaさんお知り合いの中国人も「限りなく台湾料理に近い味だった」とのことですし、
私もそう思います。それか四川と台湾の両方が混ざっているのかな~?

d0108966_741122.jpg


紅燒牛肉細粉、看板メニューなのか、いつも半分くらいのお客さんたちが食べています。
太麺が食べたいなら、こちらのスープがお勧めです。
昔、これがすごく美味しいお店がリトル東京にあったのですが閉店してしまい、
先々でこの麺に出会うたびに食べるのですが、なかなかこれだ!というのに出会えません。
スーさんは、美味しい方だと思います。

d0108966_9212420.jpg


お店のショーケースには、いろんなおかずが入っていて、選ぶことができます。
昆布の冷製と豚の耳、きゅうりの和え物。
手元にメニューがないので正確な名前と値段がわかりませんが、
こんなてんこ盛りなのにとっても安かったです。

d0108966_843978.jpg


この麻婆豆腐、LAで一番美味しい!というか好きな味だったんです。
ここが四川料理と聞いて、これは納得できました。

以前、ミスター○界さんお勧めのハシエンダハイツ方面にあるお店まで麻婆豆腐を求めて
行ったのですが、それが本場の味かもしれないけど、スパイスや辛味が強すぎて、
どうしても美味しいと思えなかったんです。
もちろん人それぞれの味の好みがありますからね。
でも ここはバランスの良いコクのある味で、日本人には合うと思います。

d0108966_8145265.jpg


ランチでTo Goしてみました。
これは、鶏腿麺のご飯バージョン。
山のようなご飯に麺と同じチキンのから揚げ、青菜炒め物、
肉味噌(ジャージャー麺と同じかな?)&煮卵がついてきます。

これのすごく美味しいお店がモントレーパークにあって、近場にないか探しているのですが、
これもなかなかないんですよね~。
スーさんは私が求めている鶏のから揚げではなく、又、好みの肉味噌の味ではなかったので、
惜しかったです。

ここは、昼時ともなると結構混んでいます。
英語がほとんど通じませんので、入ったらメニューを片手に食べたいメニューを差す、
あと紙とペン持参で、漢字を書くと少し通じると思います。

pomeshibaさんのブログには、もっといろんなメニューが載ってますので、
ご興味のある方はそちらも見て下さいね。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-04-22 09:11 | 中国・台湾

チャイニーズのピリカラメンマ&レタスラップ

今晩の夕食。
タイ料理のパット・ガプラオ・ムー(豚挽き肉のバジル唐辛子炒め)を作ろうと始めたんだけど、
筍がないことに気づきました。
食料庫を覗いてみたら、こんな物が!

d0108966_17162423.jpg



ピリカラオイルに漬かったメンマ。
チャイニーズ
スーパーで
売ってます。
これだけに限らず、いろんなメーカーが出してます。
どこが美味しいか極めてはないですけど。
そのまま食べてもいいし、ラーメンなどにトッピングしても良さそう。

でも 柔らかい筍の穂先?って感じで、日本のメンマのような歯ごたえは
全然ナシ。
メンマが大好きで、
数軒のチャイニーズスーパーで探すのですが、
まだ日本のようなメンマに出会ったことがありません。
日本のメンマは台湾製が多いと聞きますが、どうしてそういうスーパーにないのでしょう。
どなたか、知っていたら教えて下さい。

そして、これにしても塩漬けにしても独特な匂いがあります。
食料庫が全部この匂いになるくらい。
なので気になる方は、調理する時に匂い消しを考えた方がいいかも。

フライパンで豚挽肉をよく炒めて、油が出てきたら、タオルペーパーで取ります。
そこへみじん切りのニンニクやショウガ、ネギを炒め、みじん切りのしいたけ、
食感のためにレンコンがあったのでそれもみじん切りにして入れて、最後にそのピリカラメンマを。
そこへ匂い消しも兼ねて、紹興酒を多めに入れて炒めて飛ばし、
味付けは、ピリカラメンマで辛味を出して、後はオイスターソース、お醤油で整えました。
タイ料理ならナンプラーも入るのでしょうが、それはやめて、でもやっぱりカプラオが忘れられず、
バジルだけは入れてみました。

それをパリパリレタスに包んで食べる、よくレストランにあるメニューです。(中身は別として)
タイ料理なのか、チャイニーズなのかわからない物が出来てしまいましたが、
家庭料理ということで、いろいろ応用して作っております。

d0108966_17371911.jpg


奥に映っているのは、最近はまっているフードプロセッサーで作るパン。
ネギを入れて巻いて、それをフライパンで焼いてみました。
オーブンを使わないというのは、とっても楽でお勧めです。。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-02-21 17:55 | 中国・台湾