美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

カテゴリ:イタリア( 2 )

栗のジェラート

気づけば、もう9月が終わろうとしています。
この夏は、ベストタイミングでいろんなことが起こり、大きなストレスが2つもなくなりました。
おかげで新しい世界が開けて、この4週間、久しぶりのハードスケジュールでしたが、
楽しさと充実感、新たな自分を発見出来た有意義な日々でした。
さらに9月のLAは暑いため、まだまだ夏気分だったのですが、
お友達のブログから、もう秋か~と気づいた次第。。。

そんな時に 私も秋を発見!

d0108966_14565352.jpg

何年も通っていたジェラート屋さんで、栗のジェラートを発見したんです!!!
栗好きのお友達、そう、”あなた”に伝えたくて、久しぶりにブログを書いています。

d0108966_14583015.jpg

この一番下が栗。
何度となく、このお店に通っていたのに 今まで気づかなかった。
つぶつぶ感はないので、きっとマロンペーストを使っているのでしょうけど、
まさしく栗でした!美味しい~。

ロサンゼルスに住み始めた頃は、栗を見るのは日系と韓国、中国マーケットくらいで、
モンブランや栗を使ったお菓子なんてないに等しかったんです。
最近では、その3カ国のお店で、栗を使ったケーキやパンが増えてきて、嬉しい限り。

d0108966_1583875.jpg

前はマンゴが一番でしたが、
ここ数年、私のお気に入りは、Strawberry Ice、イチゴのジェラートです。
しっかりとイチゴの味がして、美味しいのです。ちなみにいつもないのでご注意。
ただのStrawberryもありますが、それは乳製品が入っていてピンクなので、これとは別物。

d0108966_1512492.jpg

LAの中で一番好きなジェラート屋さんが、ここAL GELATO
今まで美味しいと言われるお店何軒かで食べたけど、甘すぎたり、フルーツの味がボケていたり、
LAでは、やっぱりこのお店に戻ってしまいます。
ここのジェラートは、イチゴ~!!! 栗~!!! マンゴ~!!!とちゃんと主張していて、
どれも文句なしに美味しい。

お酒を飲まないため、ディナーの後には、お茶したいな~と思うのですが、
意外にLAの夜にやってるカフェってないですよね?知らないだけかな?
なので、LAの夜にお茶というと、0時までやっているこのお店に行ってしまうのです。
ここは、冬でも夜でも結構、混んでいます。

d0108966_15215010.jpg

色とりどりのジェラートが何種類もあったり、
d0108966_15221785.jpg

ホームメイドのケーキがあったりします。

d0108966_15224055.jpg

このアイス・ティラミスも美味しいのですが、
d0108966_15231535.jpg

ケーキの中で私の一押しがこれ↑。

いつもカウンターの上にあって、これは何?!?というくらいすごく大きな大きなアップルパイ。
たぶん、直径30センチ、たて20センチ位はあるのではないかと思います。
見かけは美しくないのですが、このアップルパイ自体は甘さがなく、りんごの酸味が強いのです。
それに生クリームとキャラメルソースをかけて食べるからこそ美味しいと言う絶妙なバランス。
なかなか買う勇気がなかったのですが、買ってびっくりの美味しさでした。

他にもパスタやピザ、お食事も出来ますよ。
ミートボールなんて、野球ボールサイズなので、いっぱい頼まないように気をつけて下さいね。

d0108966_15311924.jpg

あと、ちょっとお得情報。
少しでもお得に食べたい方には、TO GOをお勧めします。
一番上の写真は、3スクープで $6.95 + TAX&TIP
でも TO GOだと、3スクープで$5.50(TAX込み) 
なので$1.45+TAX&TIPがお得となります。

前は、1スクープでもいろんな味を入れてくれましたが、今は1種類のみ。
だけど、気軽にいろんな味を試食させてくれるので、注文する前に試食させてもらうといいですよ。

d0108966_15352121.jpg

おうちでゆっくりと食べたい方には、こちらのお持ち帰りサイズがお勧めです。

って、ここのお店の回し者じゃないんですけどね。
ついつい好きなお店については、熱く語ってしまうのです。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2009-09-28 16:38 | イタリア

125ドルのパスタ

d0108966_1528766.jpg

やっと行きたかったイタリアンレストランAngelini Osteriaで、お友達とランチ。

ローマ法王の食事を作ったこともあるというシェフがいるこのレストラン。
白いテーブルクロスにドレスコードがあるのだろうと思っていたのですが、
あら?! 意外にカジュアル。
テーブルクロスはなく、ジーパンで来てる人がいたり、子連れで来てる人がいたり、
常連のおじいさまたちがワイン片手に楽しんでいたり、そして、すいてる!たまたまかな?
お友達と「のんびり出来ていいね~」と話すくらいでした。

d0108966_1520579.jpg

いきなり、これと上のパンのバスケットが出てきました。両方ともサービスです。
この名前は聞かなかったのですが、
まさしく”すいとん”の味というツブツブ・パスタとお野菜や豆などで作られたサラダ。

バスケットの中には、パリパリのフラットブレッド、グリッシーニ、
プレーンとオリーブのパンが入っていました。
美味しいからとこれを先に食べてしまうと、お腹がいっぱいになるので、
初めに飛ばして食べないように(笑)

d0108966_15443635.jpg

メニューは、本日のスペシャルと通常のメニューがあります。
どれにしようかな~と見ていたら、えっ、110ドルのピザ?!
Pizza Bianca with White Truffles、
トマトソースを使わないホワイトピザに白トリュフですって。

下には、白トリュフのスクランブルエッグ100ドルというのもありますね。
トリュフと卵のコンビで思い出しましたが、
日本にいた頃、代官山のレストランで
黒トリュフたっぷりのオムレツをサービスでいただいたことがあります。
作る前にヨーロッパから今日届いたばかりと言う黒トリュフの匂いをかがせてくれたのですが、
どうしても”のりの佃煮”のような匂いに思えて。
でも さすがにその感想は、失礼だと思い、お店の人には言いませんでした(苦笑)
食べても食感は面白かったけど、正直、トリュフの良さがよくわかりませんでした。
所詮、庶民ですからね、アハハ。。。

d0108966_1551829.jpg

そしたら、もっと上があって、125ドルのパスタ!
Tagliarini with White Truffles、タリオリーニというパスタに白トリュフ。

でも この値段ですからね、
お友達に「食べようよ」と言われたら、どうしようと内心ハラハラ(苦笑)

d0108966_1671816.jpg

Vegetables Minestrone soup $9
野菜やお豆が沢山入って、野菜の味がとってもするミネストローネ。

d0108966_168886.jpg

Fornarina Prosciutto, Arugula and Mozzarella $16
ピザを取り分けてから、お皿をテーブルに置いてくれるので、全景写真はないですが、
モッツァレラチーズが溶けた薄いパリパリのピザ生地にルッコラとプロシュートがのってます。
チーズと生地がバランスがよく、美味しい。
薄いピザが少ないLAで、私が今まで食べた中では、一番薄いピザでした。

d0108966_16175292.jpg

Penne all'Arrabbiata with Garlic, Parsley and Spciy Tomato Sauce $12
パスタはアルデンテ!というか私には硬いくらい。
ここは、さすが評判の良いイタリアンです。

アメリカのパスタは、アルデンテのお店の方が少ないんです。
ちゃんとしたイタリアンで食べる分にはまだいいですが、
まるで給食の”ソフト麺”のようなパスタを出すお店が多いんですよ。
特にアメリカ系のファミレスやレストラン、
そこまで柔らかいパスタが好きなの?と思うほどで、アルデンテは皆無に等しい。

以前もファミレスで、日本人観光客が
スープにサラダ、ミートソースパスタを各自が頼んでいて、
「のびのびパスタだから、やめなさい」と教えてあげたかった(苦笑)
それにスープはまだいいけど、まともに頼むサラダの量は1食分に匹敵するし、
パスタの量だって多いし、あんなのびのびパスタを各自が食べきれるはずはなく、
案の定、てんこ盛りのほとんど手をつけてないパスタがテーブルに残されていました。
アメリカでパスタを食べる時は要注意、
イタリア人がやってるとわかるようなイタリアンレストランで食べることをお勧めします。

d0108966_1791455.jpg

Angelini Osteriaは、どれも満足、美味しかったです。
ただ、全体的にちょっと量が少ない気もしますが、パンを食べれば、ちょうどいい感じかな。
飲み物、チップなど込みで、ランチとしてはお高めな一人$25のランチになりましたが、
美味しくて満足だったし、たまにはいいよね~ってことで。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2008-11-10 17:13 | イタリア