美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

アメリカで手作り生湯葉

d0108966_1563079.jpg

日本の実家へ帰ると、必ず行くお店があります。
そこへ行かないと帰って気がしないんですよね。

d0108966_20544.jpg

そこはお豆腐や湯葉の工場に併設されたお食事処で、作りたてのお豆腐は食べ放題、
湯葉やお豆腐を使ったお料理、もちろんデザートにも使われています。

さすがにアメリカには、そんなお店がありませんから、
美味しいお豆腐、濃厚な湯葉がとても恋しくなる時があります。

数年前、ビバリーヒルズに日本にある豆腐と湯葉の店”梅の花”が出来た時は、
すごく嬉しかったのですが、1年も経たずに閉店。
お値段も雰囲気も高級レストランでしたが、いくら豆腐がメジャーになってきたアメリカと言っても きっと日本人くらいにしか、その価値やありがたみがわからなかったのかな?

アメリカに来た頃は、自分で大豆からお豆腐を作ったり、湯葉を作ったりしていました。
Cpicon 大豆から作る湯葉 by kapacyan
が、自分たちで食べる分にはいいけど、人様に胸を張って出せるような物はやっぱり難しい。
木綿豆腐はどうにか作れても絹ごしは上手に出来なかったり、湯葉も出来るけど薄いとか。

最近は、アメリカ系のスーパーにもお豆腐やパック入りの豆乳が売っています。
リトルサイゴンやチャイナタウンには、お豆腐屋さんもあって、
それなりに美味しいけど、私の求めている濃厚さはありません。

でもでも 嬉しいことにロサンゼルスには、
1軒だけ日本人のご家族で経営されているお豆腐屋さんがあるんです。
ブログでもよく紹介されていますが、ガーデナにあるMEIJI TOFU
お豆腐屋のおじさんは、夜更かしする人が寝るくらいの時間に起きて、
一生懸命、美味しいお豆腐を作られています。

ただ、ここは、1時くらいには閉まってしまうので、滅多に行けないのが難点。
マルカイやニジヤ、グラナダマーケットでもたまに売ってます。
そちらでは、お豆腐やおからのみなんですが、
この間、たまたま寄ったソーテルのグラナダマーケットで初めて豆乳を見つけました。
LAにお住まいの方には、朗報ですよ。

d0108966_253582.jpg

木綿や絹ごし、ざる豆腐や固まるぎりぎりのにがりで固めたお豆腐など。

d0108966_210726.jpg

このざる豆腐なんて、いいですよね。ざるも後で使えるし(笑)

お豆腐ももちろん美味しいのですが、ここの豆乳は、ドロドロというイメージなくらい濃厚!
日本でもここまで濃厚なのはなかなかない気がします。

ただ飲むには、勿体無い!
私はこの豆乳、飲まずに食べるんです。旦那にも飲ませません(苦笑)

一つは、耐熱容器に豆乳を注ぎ、そこへにがりを少し入れてそっとかき混ぜます。
それを30秒から1分の短い時間で固まり具合を見ながら、固まるまで電子レンジをかけます。
すると、手作りでは作れなかったきれいな絹ごし豆腐が出来るんです。
これを作るようになってからは、お豆腐は買わなくなってしまいました。

そしてもう一つは、生湯葉!

d0108966_2191913.jpg

これは湯葉作り器?
正式名は知りませんが、湯煎状態で湯葉が作れるお道具です。
実はこれ、梅の花の閉店セール、お店で使われていた物が売られた時があって、
お店で湯葉を食べた時にいいな~と思っていた物。
以前は、土鍋で作っていたのですが、
使ってみると、四角という形、直火ではない火加減、テフロン加工ということで、
最後の豆乳の一滴まで湯葉としていただくことが出来る優れものでした!
キッチンのガスレンジで作るのもいいですが、私はカセットコンロを使って、
卓上・生湯葉を楽しみます。

d0108966_224859.jpg

これにMEIJI TOFUの濃厚な豆乳を入れて、フーフーしながら、膜が張るのを待ちます。

d0108966_226650.jpg

膜をちょっと持ち上げると、こんな感じ。

d0108966_2294973.jpg

これをお好みのわさび醤油やだし醤油でいただきます。
濃厚な豆乳だけあって、湯葉も肉厚です。
これで日本への恋しさが少し緩和されている私(苦笑)

初めのうちは、ちょっと薄めの生湯葉が出来ますが、後半になってくると豆乳も煮詰まり、
肉厚、濃厚、甘みのある美味しい生湯葉が出来るんです。
そして最後の最後には、鍋にこびりついた豆乳がパリパリになり、それもまた美味。

でもね、これ、もちろん1回に1枚しか出来ませんから、それも1枚出来るのに数分かかるし、
卓上で楽しむには、順番を待たなくてはならないのがちょっと辛いところ(笑)

さあ今日は、これからお道具持参で、豆乳を仕入れて、出張湯葉をしてきます!
人気の豆乳がまだ売っていますように。。。
[PR]
by kapacyan18 | 2008-08-16 03:03 | お勧め品・お道具
<< 甘~いスイカ 2008年 FUKUSHIMA... >>