美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

餃子が食べたくな~る

餃子事件のニュースを聞いてから、
スーパーへ行くと中国産餃子を探す旦那。あったら買うつもり?!

独身の時は、よく餃子を作っていました。
ハードな仕事の後に帰ってきてからもよく作ってましたからね。
なのに結婚してから、なぜか滅多に作らなくなったんです。
アメリカに来てからは、たいてい、美味しい餃子が出来そうな食材が手に入った時だけ。

d0108966_14332553.jpg


作る時は、だいたい皮から作ります。
私が皮を伸ばして、旦那が包むと言うパターン。
たぶん、皮を伸ばすのが一番難しいと思う方がいると思うのですが、
ちゃんと丸く皮を伸ばさなくても包む時にどうにかなるんですよ。

ある時は、香港人のお友達と餃子パーティーをしようと、準備の段階から来てもらいました。
餃子の皮作りの本場のコツを教えてもらおうと思っていたら、「初めてだよ~」と。
それから彼の分の餃子麺棒まで用意して、2,3回、一緒に作りました。また遊びにきてね~。

d0108966_1449240.jpg


今回は、私が一番餃子に合うと思う食材は、季節物のため手に入らなかったので、
ベトナムスーパーで目をひいた”台湾リーク”で作ってみました。
普通のリークより食べられる部分が長くて、ちょっと細い感じ。

d0108966_14453627.jpg


リークは、ネギに似てるけど、葉が1枚1枚包むようになっているので(説明が難しい)、
葉と葉の間にゴミが沢山ついています。
緑の部分は固くて、ゴミもついているから食べないで捨ててしまうことが多いのですが、
台湾リークは緑の部分も柔らかかったので、みじん切りにしてからよく洗って使いました。

d0108966_14524011.jpg


お肉は、これまたアメリカに来てから買うようになった豚肉の挽肉。
それと台湾リークと調味料のみ。
台湾リークを楽しみたいので、キャベツなどは入れません。
日本ではキャベツや白菜を入れてたのに これもアメリカに来てからなんですよね。

d0108966_14544184.jpg


今回は、久しぶりに市販の皮を使ってみました。
伸ばさなくていいから、やっぱり簡単ですね。

d0108966_1456026.jpg


作る時は、沢山作って、金属トレイに並べて、冷凍します。
凍った所で、トレイを外に少し置いておくとトレイからきれいに餃子がはがれるので、
それを袋に入れて、冷凍しておきます。あると何かと便利。
問題のある市販の冷凍餃子より全然安心ですからね。

我が家は、焼き餃子がメインです。
餃子のために欲しかったと言っても過言ではないPro-Logic skilletで焼きます。

料理サイトのお友達にいろいろアドバイスをいただいて、
Lodgeの中のスキレットでもPro-Logic を選んだのは、
フライパンのカーブがゆるやかなのでフライ返しが使いやすいというのがポイント。

でも 凶器になりそうなくらい重くて、蓋とあわせたら、3キロ近くあります。
これでチャーハンなどを作ったら、片手では持ち上げられないくらい重くて困るのですが、
これを使ったら他のフライパンは使えません。
パリパリ、カリカリの焼き餃子が出来るんですよ。

ベーコンをカリカリにするにしても目玉焼きを作るにしてもとても上手に焼けるんです。
ステーキなんか、最高!
私の一押し、お勧めフライパンです。

d0108966_15275189.jpg


どうして、そんなに勧めたフライパンの焼き加減を見せる餃子の写真がないかって?
最近、滅多に作らないせいか、1回目の焼きは、焦がしてしまうことがしばしば。
2回目からは、コツや火加減を思い出して、いい感じになるのですが、
今回は1回しか作らなかったので、お見せできるような出来ではありませんでした。トホホ。。。
これはあくまで私の腕のせいですので(苦笑)
[PR]
by kapacyan18 | 2008-02-08 10:18 | 中国・台湾
<< ベトナムのお祭り! その1 オトシマエトウフ店って。。。 >>