美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

カジノ初心者・覚書 その1

カジノ初心者・覚書なんて偉そうに書いてますが、
何を隠そうカジノは3回目の私は、超・初心者。
初心者なりに後悔、感じたことを忘れないように書いておこうと思います。
それにカジノって、日本では遠い存在だと思うので、興味があったら読んで下さい。

初めてのカジノは、去年のラスベガス。
何も下調べもせずにラスベガスへ行き、WYNNのスロットの前で、
過去に200ドル儲けたBさんに使い方を教えてもらって、
おっかなびっくりやったのが初めてでした。

d0108966_10561545.jpg


これは、人生初のカジノで初めて当たりが出た時の写真。
1,2ドル儲けただけで、すぐ換金していた私でした(笑)

2度目は、ラスベガスで楽しかったので、近場のカジノ、ペチャンガリゾートに行ったのですが、
ここは、全くと言っていいほど、全然当たらない。
ラスベガスのように1、2ドルの小当たりもないんです。
一緒に行った3人、誰も全く当たりませんでした。
ペチャンガは、とても立派な場所なのですが、まわりにカジノはなく、競争がないので、
当たりが少ないのかな~と思いました。

なので、カジノをするのなら、競争が激しいラスベガス!ということで3回目が今回。
そして思った通り、ラスベガスはチョコチョコ当たりが出るんです。
最後は負けるとしても少しづつ当りながら負けた方がまだ気分がいいというもの。
少しでも可能性があるのなら、と、その分、お金をつぎ込むことになるんでしょうけど(苦笑)

ラスベガスは、ショーやショッピング、ホテルなどいろいろ楽しみがあるので、
カジノはしないという人もいると思います。
が、初めてのカジノ・ホテルへ行ったら、何もする前にカジノのメンバーズカードを作りましょう。

d0108966_10541647.jpg


前回、BOARDING PASS BONUSカードを持ってる人は、バッフェが3ドル安いと書きましたが、
これはカジノのメンバーズカード(そのカジノによってカードの呼び名が違う)の特典です。
カジノによって、いろんな特典があるので、必ずしもすべてのバッフェが安くなる訳ではないけど、いろんなクーポンをもらえたりもするので、作っておく価値はあります。
だから、何もする前にカードを作るのです。

このカードの存在を知ったのは、去年のラスベガスから帰ってきて、いろいろ調べたおかげ。
なんで去年作らなかったんだ!とも思いましたが、そのおかげで今年は特典を楽しめました。

ちなみにGreen Valley Ranch Resortでは、バッフェが安くなるほかに
初めからFREE SLOT PLAY 3ドル分がカードに入っていて、
まず自分のお金を入れると3ドル分無料で、スロットで遊べるんです。
ここは、ラッキーは人は、3ドルではなく、200ドル分が入ってることもあるそうです。

d0108966_1111483.jpg


今回、これだけのメンバーズカードを作りました。
ラスベガスの大通りにあるカジノでは、提携している所もいくつかあります。

d0108966_11131723.jpg

HARRAH’S系(TOTAL REWARDS)とMGM系は、作りましょう。
この2枚さえ作っておけば、結構な数のカジノでポイントを貯めることが出来ます。

d0108966_1116026.jpg

これは、↑のHARRAH’S系のカードなんですが、
これだけのいろんなカジノで使うことが出来ます。

使うとポイントが貯まるので、そのポイントに合わせて特典がもらえます。
すごい人はホテルご招待、さらには、その旅費まで出してくれたりするそうですよ。
でも これはどれだけお金を賭けたかということに比例するので、
1ドルで遊んでいるような私には、程遠い話ですけどね(苦笑)
だって、5ドルで1ポイント(1セント)ですから。。。

d0108966_11245793.jpg


ちなみにHARRAH’S系のカードを作ったのは、フラミンゴ・ホテルのカジノ。
このフリースのブランケットをくれました。

d0108966_1126453.jpg


これは、MGMのカードをモンテカルロ・ホテルのカジノで作った時にくれたチェーン。
これがあるとカードを一まとめに出来て、バックやズボンなどにつけておけるので便利ですが、
他ではもらえませんでした。
あと、MGMは、5ドル分のフリースロットがついていました。

この2枚のカードは、提携のカジノによってプレゼントが違うみたいなので、
興味がある人は、それぞれのカジノのプレゼントを調べてから、
欲しい所で作るなんていうのもいいかもしれません。
私たちは、そんなことは知らずにとりあえず作ったので、
後で、ブランケットよりこっちのカジノのトレーナーの方が良かったな~と後悔しました(苦笑)

あと、泊まったホテルで”25ポイント溜まったら、Tシャツあげます”と書いた
ハラス系の3つのホテルのクーポンをもらったんです。
最終日に3人ともトータル120ポイント以上貯まっていたので、
これで3つのホテル分のTシャツもらえるね~と楽しみに行ったら、全然ダメ。
どうやら、クーポンをよく見ると、25ベースポイントとあって、
一つのカジノで25ポイント貯めないともらえないことが判明。
こういうことも知らずにいろんなカジノで遊んでた私たち。
なので、帰りには何の特典ももらえませんでした。

d0108966_11421293.jpg


ちなみに太っ腹な特典をくれたのが、HOOTERS。

ここはHOOTERSというレストランがやってるカジノホテル。
以前は日系のホテルだったそうですよ。
このレストラン、LAにもあるのですが、きれいなお姉さん(ウエイトレス)が
胸の谷間が見えるようなタンクトップ&短パンのユニフォームを着てるのが有名だそうで。
ここのマスコットはふくろうなんですが、どうしてかな~?と思って調べたら、男性客が店内で
フクロウのように目をキョロキョロさせるから、この名前がついていたんですって(笑)
ここのカジノのお姉さんもそういう格好をしています。

d0108966_12354835.jpg


いい写真がなかったのですが、ここのカジノ、このような木の内装なんです。
大通りから少し離れていて、こじんまりしていて、全然ギラギラしてません。
木の温かい雰囲気が好きだな~と思いました。


何が太っ腹だったかというと、100ドルのフリースロット券をくれたんです!
小さいカジノは、大きなHARRAH’S系やMGM系などに負けないように
お客さんを呼びたいから、結構、特典が良い気がします。

d0108966_11565417.jpg


1ドルで遊ぶ私に100ドルもあったら、どれだけ遊べるんだ!と喜んだのですが、
この決まったスロットマシンでしか使えないんです(涙)

d0108966_11581455.jpg


でもね、係りの人が、この決まったスロットマシンに本当に100ドル入れてくれるんですよ!
それには、みんな感激していました。
いくら100ドルを使いまわししていようと目に見えると嬉しいかも。

d0108966_120837.jpg


100ドル分遊べば、当たるかも!と思いますが、
このスロットマシンは、最低1ドル賭けで、MAX2ドル賭け。
この写真を見ると、1ドル賭け(1credit)だと大当たりで500ドル。
2ドル賭けだと、1000ドルになるんです。
だから、同じ当たるなら、1000ドルの方がいいということで、
2ドル賭けでスロットを回していくので、50回分回せるのです。
その間に小当たりすれば、その分も。
でも このマシンは、金額が書いてある当たりを出さないとお金はもらえないみたいで、
当たらない人は全部使い切るしかない。
ほとんど当たらないに等しいので、私はただボタンを機械的に押してました。

でも 無料で100ドル分遊べて、ラッキーなら当たるわけだし、
HOOTERSでカードを作ることを是非ともお勧めします。
ちなみにカードを作るのは、もちろん未成年はダメだけど、
身分証明書(アメリカ国内の運転免許書、パスポートなど)があれば簡単に作れます。

d0108966_12472967.jpg


これと似たようなので、”$40 of Slot Play for $20”というカジノがあって、
20ドル払えば、40ドル分のスロットをさせてくれるというもの。

「20ドル払えば、40ドル分スロットで遊べるんだ~」と何も知らず、喜んでいきましたが、
ここも決まったマシンでしか遊べず、さらに全然当たらない。
最後にバックやトレーナー、ジャンパー、その他、好きなギフトを1つくれました。
景品にしては、意外に質が良かったですが、
20ドル払ったと思えば、もっといい物が買えたかも~と後悔しました。

HOOTERSのように無料で100ドル分ならいいけど、20ドルも自腹を払う価値は全然なし。
20ドルもあったら、普通のスロットでどれだけの時間遊べることか。。。
これは、お勧めしません。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-12-03 12:55
<< カジノ初心者・覚書 その2 お勧めのバッフェ >>