美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

牡蠣のビビンパ

あるお昼過ぎ、食いしん坊トリオでお祭りへ行こうと出発したのですが、
「暑いね~」そして「ちょっとお腹すいたね~」
「お祭りであんまり美味しい物ないかもよ」ということで、
まずは、冷麺を求めてコリアンタウンへ行きました。

冷麺には、冷たいスープのムルレンミョンとスープなしのビビンネンミョンがあります。
韓国に行った時、はまってしまったのが、ビビンネンミョン。
スープの代わりに赤の辛いソースがかかっていて、よく混ぜて食べるのです。
韓国の裏路地の小さいお店で食べたのが一番美味しかったな~。

でも 暑い時は、ムルレンミョン。
スープに氷が入っているので、夏じゃないと寒くて。

この日は、冷麺が美味しいというお店に行ったのですが、
メニューで釘付けになったのが、冷麺じゃなくて、なんと牡蠣のビビンパ!
初めて出会いました。

牡蠣は、あまり好きではなかったのですが、
六本木の全日空ホテルに泊まった時に近くのAUX BACCHANALESで、
北海道産の1つ800円の立派な生牡蠣を食べたんです。
あまりの美味しさにもう一つおかわり!と食べたくらい美味しくて。
それから、アメリカに来ても機会があると生牡蠣を食べています。

まあ、ビビンパは火が通ってしまうから、生牡蠣じゃないですが、牡蠣ですから。
メニューの写真は、立派な牡蠣がいくつも入っていました。
私は、牡蠣のビビンパを。他の人たちは冷麺にしました。

d0108966_13482910.jpg


韓国料理店は、初めに小鉢でいろいろ出てきます。おかわり自由。
そうそう、ここはチヂミが小鉢で出てきて嬉しかったです。

d0108966_13494474.jpg


冷麺。この日は、氷が少なかった。。。

d0108966_13502130.jpg


そしてこれが牡蠣のビビンパ。
沢山のニラの下に牡蠣がありました。
でも 写真より牡蠣が小ぶり。きっと冷凍の牡蠣だろうな~。

さあ、混ぜ混ぜと思ったら、ご飯の下に何かある!
そこには、なんとダシで煮た大根が沢山入っていました。

これでは大好きなおこげが出来ないじゃないですか!!!
そして混ぜると、この大根のおかげで水っぽいビビンパが出来上がり。

大根いらな~い!

我が家には、石焼ビビンバの鍋があるので、今度は自分で作ってみましょう。
もちろん、大根なしで!
[PR]
by kapacyan18 | 2007-07-29 14:00 | 韓国
<< Lotus Festival かんさんに捧ぐ大きな木 >>