美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

スーさんのお店

我が家の外食で月に1度は行かないと落ち着かないのが、チャイニーズ。
それも店構えは小さいけど、安くて美味しいというお店が好き。
こういうお店は、やはりその国の人が集まる街へ行かないとなかなかありません。
なので、ついついモントレーパークやチャイナタウンまで行くのですが、
めずらしくトーランスにそういうお店がありました。それもね、結構アタリだったんです。

d0108966_6475930.jpg


Sue's Kitchen 通称・スーさんのお店。
23918 Crenshaw Blvd Torrance, CA 90505

その店構えから通るたびに気になっていて、勇気を出して初めて行った時、
保健所マークがBでちょっと不安を覚えましたが(その後、Aになりました)
美味しかったので嬉しくなりました。
初めてのお店がアタリだと嬉しくないですか?
何度通ったかはもう忘れましたが、メニューからずっとここは台湾料理だと思っていました。

それがつい最近、Los Angeles で暮らしてみればのpomeshibaさん情報で、
なんと四川料理だったということが判明しました。
これは、とってもびっくり~!!!


まず、気に入ってるのが、魚排麺。

d0108966_7224673.jpg


初めに白身魚のフライだけが出てきて、「これ、頼んでない!」と思いましたが、

d0108966_7441048.jpg


どうやら、こういうセットみたいです。
スープはとっても薄味なので、濃い味好きの私はどうしよう~(涙)と思いましたが、
フライを入れて食べると少しコクが出て、ちょうどよくなります。
あとフライだけを少し残して、家でソースをかけて食べるのが好きです(笑)

d0108966_8294775.jpg


これは、鶏腿麺。魚のフライの代わりに鶏のから揚げを入れて食べます。
魚も鶏も同じような薄味のスープなんですが、鶏にしっかりと味がついているため
魚のフライよりスープが濃くなり、濃い味好きの人には、こちらがお勧めです。

ここは普通に頼むと魚排麺の細い麺なのですが、太い麺に変えることもできます。
チキンの方が太麺です。しかし、これは選択ミスでした。
薄味スープだと麺の味が強くなりすぎてバランスが悪いので、太麺はお勧めしません。

このスープ、薄味だけど微妙な味がついていてどうやって作るんだろう?と常々思うのですが、
つい最近、他の台湾料理店で豚足麺を食べたら、スーさんと同じく、豚足と麺は別々に出てきて、さらにスープがスーさんの微妙なスープの味とほとんど同じだったんです。
pomeshibaさんお知り合いの中国人も「限りなく台湾料理に近い味だった」とのことですし、
私もそう思います。それか四川と台湾の両方が混ざっているのかな~?

d0108966_741122.jpg


紅燒牛肉細粉、看板メニューなのか、いつも半分くらいのお客さんたちが食べています。
太麺が食べたいなら、こちらのスープがお勧めです。
昔、これがすごく美味しいお店がリトル東京にあったのですが閉店してしまい、
先々でこの麺に出会うたびに食べるのですが、なかなかこれだ!というのに出会えません。
スーさんは、美味しい方だと思います。

d0108966_9212420.jpg


お店のショーケースには、いろんなおかずが入っていて、選ぶことができます。
昆布の冷製と豚の耳、きゅうりの和え物。
手元にメニューがないので正確な名前と値段がわかりませんが、
こんなてんこ盛りなのにとっても安かったです。

d0108966_843978.jpg


この麻婆豆腐、LAで一番美味しい!というか好きな味だったんです。
ここが四川料理と聞いて、これは納得できました。

以前、ミスター○界さんお勧めのハシエンダハイツ方面にあるお店まで麻婆豆腐を求めて
行ったのですが、それが本場の味かもしれないけど、スパイスや辛味が強すぎて、
どうしても美味しいと思えなかったんです。
もちろん人それぞれの味の好みがありますからね。
でも ここはバランスの良いコクのある味で、日本人には合うと思います。

d0108966_8145265.jpg


ランチでTo Goしてみました。
これは、鶏腿麺のご飯バージョン。
山のようなご飯に麺と同じチキンのから揚げ、青菜炒め物、
肉味噌(ジャージャー麺と同じかな?)&煮卵がついてきます。

これのすごく美味しいお店がモントレーパークにあって、近場にないか探しているのですが、
これもなかなかないんですよね~。
スーさんは私が求めている鶏のから揚げではなく、又、好みの肉味噌の味ではなかったので、
惜しかったです。

ここは、昼時ともなると結構混んでいます。
英語がほとんど通じませんので、入ったらメニューを片手に食べたいメニューを差す、
あと紙とペン持参で、漢字を書くと少し通じると思います。

pomeshibaさんのブログには、もっといろんなメニューが載ってますので、
ご興味のある方はそちらも見て下さいね。
[PR]
by kapacyan18 | 2007-04-22 09:11 | 中国・台湾
<< 誘惑のドライマンゴ! お勧めのコンデンスミルク >>