美味を求めて~多国籍ロサンゼルス~

美味しいBBQが食べられるMr. Cecil's California Ribs

まずお客様の彼女と行ったのが、このお店。 Mr. Cecil's California Ribs 

d0108966_1359135.jpg


前回いらした1年前の最後の夜、バッファローウイングというリクエストで2軒周ったのですが、
一つは店がなくなっており、もう一つは目の前で閉まりました(涙)
その日は結局イタリアンで、バッファローウイングは食べられなかったのです。
その後、バッファローウイングが美味しいこのお店を見つけたので、今回お連れしました。

ここは味だけでなく、お店もかわいいし、店内は豚でコーディネイトされています。
今から豚を食べるというのに豚の写真に見つめらるとちょっと辛いけど。。。

d0108966_1442834.jpg


まずは、1年越しのバッファローウイング!お勧めの1品。

d0108966_145876.jpg


ただ辛いお店が多いけど、ここのは辛さの中に旨味や甘味があるので好きなんです。
でも 甘味に誤魔化されて食べるとやはり相当辛いのか、
その後に他の物を食べても舌に辛さが残ってちゃんと味わえなくなります(苦笑)

そしてメインのBBQ。

d0108966_14244348.jpg


今回は、ビーフリブ(右奥)とベイビーポークリブ(右手前)のコンビネーションにしました。
リブは、BBQソースが2種類ついてきますが、そのままでも充分美味しいお味です。

リブは食べにくい骨の周りを食べるので、豪快に手でつかんだ方が食べやすいと思うのですが、
ここのはフォークとナイフでお行儀よく食べられる柔らかさ。
そして、とってもお肉がジューシー。
きっと先に圧力鍋使用か、長時間煮てから焼いている気がします。

ベイビーポークはちょっと豚臭かったので、ビーフリブがお勧め。
ある都市の名前がついているBBQチェーン店のビーフリブは固くて筋っぽくて、
もうビーフリブは注文しないと思ったことがあるのですが、ここのを食べてイメージが変わりました。
やっぱり作り方なのかもしれませんね。

サイドは2つ選べて、左手前がハッシュパピー、左奥のカップに入っているのが甘いニンジン。
ハッシュパピーは、外がサクサクのコーンミールフライ。
日本で例えれば沖縄のサータアンダギーがコーンミールで小ぶりに出来ていて、
飾り程度にネギが入って、ちょっぴり甘いというお味です。

ニンジンは、バターと砂糖を火にかけてちょっとこがし(プリンのカラメルを作る要領)
ニンジンを入れて、シナモンで香りづけというところかな。
シナモンはあまり好きではないのですが、これは美味しかったです。
甘いニンジンがお嫌いでなければ、お勧めのサイドです。

彼女にも気に入ってもらえて、私も美味しさを再確認したお店でした。
日本からのお客様やアメリカンなBBQが食べたい時には、お勧めなレストランです。



Mr. Cecil's California Ribs
12244 W. Pico Blvd.
Los Angeles, CA 90064
310-442-1550
[PR]
by kapacyan18 | 2007-03-07 15:45 | アメリカ
<< 267ミリオン(約320億円)... トリプルAのスペアキー >>